日本語パートナーズ|インドネシアのマランで生活するメンバーに迫る

シェアしていただけると嬉しいです!

「日本語パートナーズ」というプログラム。これは日本政府が行っているプロジェクトですが、アジアの中学・高校などの日本語教師や生徒のパートナーとして、授業のアシスタントや、日本文化の紹介を行うというもの。9ヶ月くらいのプログラムで、日本から意欲あふれる皆さんが派遣されてきます。

私が住むインドネシアのマラン市(Malang)にも定期的に派遣されていて。私は、マラン代表を勝手に名乗って、毎回、交流会を開催させてもらっています。

今回、新たに「日本語パートナーズ」として新しい期が始まり、日本からインドネシアのマランに派遣されてきた皆さんを招いて、食事会を開催しました。

日本語パートナーズ インドネシア マラン

マランの場所はこちら。




「日本語パートナーズ」とは?

「日本語パートナーズ」は2014年からスタートした日本政府によるプログラム。「現地の日本語の先生をサポートしながら,“生きた日本語”を教えられる人材を派遣する」というのが趣旨で、国際交流基金アジアセンターを通じて行われているものです。

2014年度は,インドネシア,タイ,マレーシア,ベトナム,フィリピンの5か国に100名が派遣されていますが、その後は以下の通り。

・2015年度:8か国に170人
・2016年度:11ヶ国に285人
・2017年度:11ヶ国に307人
・2018年度(2018年10月1日現在):4ヶ国に99人

アジアの中学・高校などに派遣され、現地の日本語教師や生徒のパートナーとして、授業のアシスタントや日本文化の紹介を行うというのが主な内容です。

日本語学習者の急増|インドネシアの学会と日本語パートナーズの試み
インドネシアで急増する日本語学習者の数。 国際交流基金が3年ごとに調査をしている統計値によると、インドネシアの日本語学習者の数は、中国...

日本語ネットワーク、世界は狭い!!

私自身、夫婦そろって日本語教師の免許をもっていることや、スラバヤで日本語学校の運営をさせていただいていること。日本の方々を対象とする「日本語ボランティアプログラム」をインドネシアで展開していること。また、東ジャワ日本語教育学会とのつながりもあり、日本各地の日本語学校とのネットワークもあることなどから・・・

日本語教師の資格の魅力|最短6ヶ月で夫婦で取得したコツまとめ
日本語教師の資格に関心はありますか? インドネシアに家族そろって海外移住する前、私たち夫婦は「移住の準備」の一環で、「日本語教師」の資格を取...

というか、純粋に好きなんですよ、こういうプロジェクトに参画してくるような意欲的な皆さんのことが。

皆さんとお食事をさせていただく中で、それぞれの志望動機を教えてもらったり、課題を聞かせてもらったり。じっくり聞かせていただくと・・・、私の職業病(武者修行ビジネスファシリテーター)なのか、それぞれの皆さんがかかえている課題の背景が見えてしまったり、変わりたいポイントやチャレンジすべきポイントが見えてきてしまったり(笑)

今回の主眼ではないので、あえて言いませんでしたが(間違っているかもしれないし)、でも「世界は狭いなー」と思いました。何人も共通の友人がいたりして。

親日国インドネシアには、日本好きが多い!

「日本語パートナーズ」の皆さんは、いつも見ていて本当に頑張っているし、現地でも大いに受け入れられているし、苦労も多いだろうに、見ていて関心させられます。

日本ではあまり知られていないかもしれませんが、インドネシアには「日本大好き!」という人が本当に多いです。

週刊アスキー:インドネシアの日本好き事情のインタビューで紹介されました。
この度、週刊アスキーのウェブ媒体で、 インドネシアにおける「日本好き」事情について、 インタビューを受ける機会がありました。 題し...
親日国インドネシア|大学の日本祭「Daisuki Japan」に行ってみた!
インドネシアは世界でも有数の「親日国」であると言われています。いわゆる「日本好き」が多く、特に若者層ともなれば、アニメやマンガに夢中な人も多...
アジアのアニメブームは「痛車」にも!スラバヤのモールに大集結した改造車たち
アジアにおける日本のアニメ人気とアニメブーム。 とりわけ「日本好き」が多いインドネシアでは、若者を中心に、熱狂的なアニメファン、アイド...

インドネシアの日本語学習者の数は世界第2位!!

そして、日本語学習者の数も非常に多く、インドネシアにおける日本語学習者の数は世界で第二位。「日本語を勉強したい!!」という人たちが本当に多いのです。

詳しくはこちらをどうぞ。

急増するインドネシアの日本語学習者|教員の「数」と「質」が課題に
日本語教師になるために推奨されている研修プログラム。それが「日本語教師養成講座420時間コース」で、私は2013年6月に修了しました。そして...
インドネシアの日本語教育|現地校を訪問、学習動機は日本のアニメ!
インドネシアの東ジャワ州マラン(Malang)。秀才が集まることで知られる地元のキリスト教系の進学校(中学・高校)を訪問し、その「日本語クラ...
書道を学ぶ外国人|インドネシア、スラバヤの高校生の作品がすごい!
海外の人が日本の書道をやっている姿、見たことはありますか? 「外国でも書道の愛好家がいる」ということ。それ自体は不思議でも何でもないで...
インドネシアの若者が書いた日本語のメッセージ、素朴で純粋で感動するよ!
日本語を学習している人は世界中にいますが、そもそも日本語学習者が多い国がどこか、ご存知ですか? 1位は中国。もともと人口が多いので、たしかに...

そんな親日国であるからこそ、私はこういうプログラムにも、大いにお役に立てたらなと思っています。本当に良いプログラムです。

インドネシアでの日本語ボランティアには、短期のプログラムも!!

この「日本語パートナーズ」は、半年を超える長期のプログラム。興味があっても、なかなか休みが取れなくて・・・という人も多いと思います。

でも、「もし、もっと短期間でできるプログラムがあれば・・・」とか、1週間とか2週間という短期間であっても「インドネシアで日本語を教えるボランティア体験をやってみたい!」という方は、ぜひご連絡ください。

「日本語パートナーズ」とは異なりますが、現在インドネシア第2の都市スラバヤで現地の学校と組んで、「日本語ボランティアプログラム」を運営しています。いずれまたブログでご紹介させていただきます!!

なおスラバヤの場所はこちらです。

サムスル
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
時の運と人の縁を極める日々の記録 】  渡邉 裕晃
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ブログの更新情報のチェックは、こちらからどうぞ!
時の運と人の縁を極める日々の記録 Twitter: @_samsul
時の運と人の縁を極める日々の記録 Facebook: /samsulcom
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事










シェアしていただけると嬉しいです!

フォローする