昼食抜きの1日2食|約5ヶ月ほど続けてみた結果

シェアしていただけると嬉しいです!

昨年の9月中旬から始めた「1日2食」生活。

食べるのは、朝と夜だけ。厳密には、「平日のみ」「原則として」という条件が付くものの、もうすぐで5ヶ月が経ちます。

昼食抜きの1日2食|スタートしてすぐに感じた3つのメリット
先日から、「1日2食」にすることにしました。 ただし、「平日は」、「原則として」、です。 と言っても、9/25週は、社外の方とのラン...

始めた当初は、いったいどれくらい続くのだろうか・・・という思いがありつつも、意外と長く続けられるのではないかという確信もありました。

なぜなら、スタート早々から大きなメリットが感じられていたからです。


 
 
     □     □     □
 
 
「1日2食」のメリットは上記の過去ブログに記した通り。
時間、お金、体調の3点において恩恵を受けています。

最近になって「出社前の運動」を始めたため、起床時刻を午前5時代に早めました。

出勤前の早朝ジムで、筋トレ、水泳、ジョギング!大いにオススメ!
出社前の朝の時間を利用して、ジムで運動。シャワーを浴びてから会社へ行く! 先日から「出勤前のジム通い」を始めたのですが、効果を実感して...

午前の活動時間が長くなるわけですが、それでも、「1日2食」で平気ですね。かえって1日全体が快適になりました。仕事が心地よくこなせるのです。

そして、これを「平日のみ」としているため、平日と休日との差別化が際立ち、平日だけでなく、休日にとっても、とても良い一日になっています。休日のランチが余計に楽しみで!!
 
 
     □     □     □
 
 
この「1日2食」。
向き、不向きもあるでしょうから、私は人におすすめするつもりはありません。

例えば、「1日1食」の習慣。
経営コンサルタントで有名な船井幸雄さんや、獣医で知られ、フェレットブームの火付け役としても知られる野村潤一郎さんは一日一食ですね。でも、今の私には、さすがに「1日1食」というのは無理だろうなと思っています。

前回ブログで「1日2食」についての本をご紹介しましたが、探してみたところ、「1日1食」についても、本が出ているようです。興味のある方は、どうぞ。

 
 
     □     □     □
 
 
自分にとってベストなものを選択するのが良いのでしょう。

新たに生まれたお昼の時間を使って、「仕事の作業」ではなく、「考える」「ふりかえる」という時間に充てることができるというのもメリットです。

というわけで、この「1日2食」という生活。私にとっては非常に快適な流れになっているため、まだしばらくは続けていきたいと思っています。 

■参考:このテーマに関連するブログ記事です。

昼食抜きの1日2食|続けるコツは、空腹なら無理せずエネルギー補充!
私は「平日1日2食主義」。 土日は3食とりますが、平日はランチをとりません。 以前のブログにも書いた通り・・・、 誰かと一緒に食べ...

 
 2007年2月19日            渡邉 裕晃
 
 
サムスル
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
社長ブログ時の運と人の縁をきわめる日々の記録
───────────────────────
メルマガ登録Samsul’s Choice(1997年創刊)
───────────────────────
会社HP 】株式会社サムスルネット広告代理店
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事










シェアしていただけると嬉しいです!

フォローする