【就職活動中の学生さんへ】会社の理念を「商標登録」した理由

シェアしていただけると嬉しいです!

私たちサムスルでは、
会社の方向性を示すものとして、「会社理念」を重視しています。

サムスルのキャッチコピーは、

1×1×1=100を創る「 成長縁(R) 」創出カンパニー

というもの。

ひょっとしたら、上記の「(R)」という部分が気になるかもしれません。
そうです、私たちはこの理念を、わざわざ「商標登録」しているのです。
では、なぜ商標登録までしたのか?


仕事にかかわる様々な存在同士で、ともに成長しあうこと。
これを「成長の縁」、つまり「成長縁」と定義。
この「成長縁」をどれだけたくさん創出できるか。
どれだけ大きく極大化していけるのか。
これを、わが社のミッションと位置付けています。

そうして打ち出すことになったのが、

1×1×1=100を創る「成長縁(R)」創出カンパニー

というコピー。これは社内公募で決めました。
 
 
     □     □     □
 
 
私たちサムスルは、
主にインターネット広告を取り扱う広告代理店」として知られていますが、
(まだまだ認知度低いかもしれませんが・・・)
創業当時は、
企業が抱えるインターネット上の課題を解決する会社
という位置づけをしていました。
 
 
     □     □     □
 
 
もちろん、
「ネット広告を使って課題を解決する」というのが主流でしたが、
その後、ネット広告の仕事がどんどん増えていったこともあって、
「課題解決の会社」としてよりも、
「主にインターネット広告を取り扱う広告代理店」という認知が
進んでいきました。
しかし創業の理念は、あくまでも、
「企業が抱えるインターネット上の課題を解決する会社」
ということです。
 
 
     □     □     □
 
 
インターネットを活用することによって、企業(お客様)の成長を支援する。
仕事にかかわる様々な存在同士で、ともに成長しあう。
その縁をどこまで極大化できるか。

それが、私たちの追いかけているもの。
だからこそ、
私たちは、「成長縁」という会社理念にこだわって、
仕事をしていきたいと考えています。
商標登録したのは、そのこだわりの強さの表れです。
 
 
     □     □     □
 
 
そしてそれを実現に近づけるためにも、
社員一人ひとりの、きわめて早い成長が不可欠だと考えています。
なぜなら、全員が、その成長縁の一翼を担うことになるからです。
お客様に対しても、社内でも、成長しあう循環を、
より早く、より強く、どんどんと回していきたいというのが、
私の願いです。
これに賛同して、「行動」として継続的な努力と実行ができる方、
思いっきり走り続けられる方、
ぜひ一緒に仕事をしていきましょう。
堅苦しいと思いますか?
でも、仕事を通じて成長することができれば、
プライベートでも成長することができる。
私はそう信じていますよ。
 
 
 
 
■追伸:
最後に、関連するブログ記事を紹介しておきます。
(参考:過去ブログ記事)
 
■2001年06月30日
「あるお客様との思い出 (オプトインメール物語」
あるお客様との思い出(オプトインメール物語)
私がメールマガジンを発行し始めた頃、私はまだ学生でした。その後、会社(株式会社サムスル)をたちあげてから、はやいことに2年が経過しました。 ...
 
■2007年02月12日
サムスルが「成長縁」にこだわる理由(お客様は神様か?)
サムスルが「成長縁」にこだわる理由(お客様は神様か?)
サムスルの企業理念として掲げているものに、 「成長縁」というワードがあります。 会社を創業した頃は、 自分の生活費を稼ぐことに必死だったので...
 
■2007年03月09日
「こんな広告代理店さんは初めてです!!」
「こんな広告代理店さんは初めてです!!」
「こんな広告代理店さんは初めてです!!」 先日、そういう内容のお言葉をいただきました。 しかし、こうして文字だけを見てみると、 ちょっと怖い...
 
■2007年09月08日
家族や夫婦で「理念」を打ち立て「商標」を取る
「『●●』は、■■社の登録商標です」 よくそんな表現を見ることがあります。 「商標」は、会社名や商品名、サービ…

 
 
 
 
 2008年1月29日            渡邉 裕晃
 
 
サムスル
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
社長ブログ時の運と人の縁をきわめる日々の記録
───────────────────────
会社HP 】株式会社サムスルネット広告代理店
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事




スポンサーリンク







シェアしていただけると嬉しいです!

フォローする

スポンサーリンク