6泊7日の一時帰国。「ダメかな」と思えた大きなハードルを乗り越えた!

シェアしていただけると嬉しいです!

今回は、備忘録を兼ねた「日記」としてのブログです。

明日、10/17朝にまた羽田を出発して、インドネシアに戻ります。10/10夜にジャカルタを出てから、10/11朝に東京に到着。わずか「6泊7日」の一時滞在でした。

【写真:羽根だからインドネシアへのガルーダ。Skyteam仕様でした】

しかも今回は特別な目的だったので、お世話になっている方へのご挨拶訪問もせず、「お会いしましょう」の案件にもお応えできず、両親、義理両親の家にも訪問できず・・・。お受けしているクライアントさんへの訪問もできず、また「武者修行プログラム」の卒業生向けに行われる「事後研修」にも参加できず・・・。

この「6泊7日」の期間、毎日の睡眠時間は3時間台で(もちろん間で仮眠を取りながら)、6泊すべてカプセルホテル。ものすごく集中して暮らしていたので、6泊もしたということ、それ自体が信じられません・・・。

でも「厳しいかな・・・」と感じて、時には「あぁ、もう無理だろうな」とも思えたハードル。なんとか乗り越えましたよ。かなり高い可能性で、きっと。

妻から、ものすごく応援され、子どもたちからも「パパ頑張って」と応援され、そして、身近な支援者の皆様(本当に近い皆さんにしかお伝えしていませんでした)からも応援されてきた、この1年。

「いや、もうダメだろう・・・」なんて思ったりも、また直前になっても「なにがなんでもやってやる!」「不可能を可能にしてみせる!」って、意気込んで、もう本当に自分を追い込んで。コーヒー飲み過ぎて体調をおかしくしたり。子どもたちの長期休みがあって「パパ、プール行こうよ!」って言われても「ごめんねぇ・・・」って言わざるを得なかったり。「いいよ、パパのお仕事だから」って(泣)。

だから、この「6泊7日」が「6泊7日」には思えなくて・・・。明日の朝には新宿を出て羽田にむかいます。夕方にはジャカルタへ。

ご挨拶におうかがいすべき皆様がありつつも、おうかがいできずにいたことは、申し訳ない気持ちでいっぱいでした。「急にブログの更新が止まりましたけど、どうしましたか?」って連絡があったりも。

でも、自分なりの大きな区切りを迎え、大きな達成感を得ています。明日ジャカルタに戻り、明後日には自宅のあるマランに戻ります。期待をしてくれた家族に再会できることが楽しみ。そして「美味まっさかり!」のインドネシア料理を味わえることもワクワク・・・。

ここしばらく、ずっと自分を縛りつけて集中してきただけに、この解放感は格別です。次のステージに向けて、さらにさらに頑張ります!

サムスル
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
時の運と人の縁を極める日々の記録 】  渡邉 裕晃
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ブログの更新情報のチェックは、こちらからどうぞ!

時の運と人の縁を極める日々の記録 Twitter: @_samsul
時の運と人の縁を極める日々の記録 Facebook: /samsulcom
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事




スポンサーリンク







シェアしていただけると嬉しいです!

フォローする

スポンサーリンク