ETIC「東京ベンチャー留学」パネルディスカッションにゲスト出演

シェアしていただけると嬉しいです!

先日の土曜日、
NPO法人ETIC.(エティック)さんが主催されるイベント、
「東京ベンチャー留学」のパネルディスカッションに、
ゲスト出演をさせていただきました。

■ETIC「東京ベンチャー留学」

同社サイトの説明文を抜粋すると、こちら。

東京ベンチャー留学は、インターンシップにチャレンジしてみたい!
経営者と話をしてビジネスとは何かを体感してみたい!学生で起業することってどんなこと?など、普段、心には思っているけどなかなか知るチャンスのない、地方在住学生を対象としたプログラムです。

 
学生からの質問を聞くパネラーたち(女性社長たちはこの写真には写っていません:笑)
【写真:学生からの質問を聞くパネラーたち(女性社長たちはこの写真には写っていません:笑)】


地方の大学生を対象に、
東京のベンチャー企業にふれてもらおうという、このイベント。
なんと、泊り込みです!

今回参加させていただいたのは、その中のひとこま。
ガイアックスさんが担当される時間帯でした。
 
 
     □     □     □
 
 
先日、ガイアックスの上田部長とお話をしていたら、
「学生とのイベントをやるので、
 週末ですが、もし興味があれば、ぜひ見に来てください」と。

地方の大学生が泊り込みでベンチャーを学びにやってくると聞き、
「それは面白そうだ!」と思って、聞きに行くことにしたのです。

うちの人事担当者も連れて。

行ってみたらびっくり。
「パネラーとして、前に出てください」と。
「えっ、聞いていないんですけど・・・(笑)」ということで、
急遽、パネラーとして参加させていただくことになりました。

私以外にも、4人ほどのパネラー社長がいたのですが、
皆さん、同じだったそうです(笑)。
 
ガイアックス上田さんから、急に質問への回答を迫られて
【写真:ガイアックス上田さんから、急に質問への回答を迫られて】
 
 
     □     □     □
 
 
参加された学生さんの数は、約30名。

3時間超のパネルディスカッションは、
参加された学生さんの質問を順番に受けていく方式で、
時間延長しつつ、あっという間に終了しました。

「起業の背景は?」
「良い人脈と出会うためには?」
「苦手な人と、うまくやっていくためには?」
「オンとオフの切り分けは?」
「どんな失敗を経験し、どうやって乗り越えた?」
「モチベーションを上げるには?」

などなど・・・。
本当にいろいろな質問が寄せられました。
 
 
     □     □     □
 
 
さすがに、自腹で泊まり込みで東京に出てきている方々だけあって、
意欲も元気も旺盛ですね。

たしかに、
「なんで、そんな小さなことに悩んでいるんだろう?」という質問も
ありました。
 
 
     □     □     □
 
 
私は、やる気があって、前向きに走りたい人には、
厳しいことを言います。

極論を言えば、
「オンとオフのバランスは?」の質問であれば、
私の本音は、
「そんなこといちいち考えないで、両方とも全力でやれよ!
 両方頑張ったら、相乗効果が出るんだよ。
 片方だけちびちびやっていて、なんのための人生なんだよ」
ですし・・・(極端ですかね?:笑)
 
 
     □     □     □
 
 
「私の欠点はモチベーションがすぐに低くなるのですが・・・」の質問であれば、
私の本音は、
「そんなこといちいち考えないで、全力でやれよ。
 やる気が出ないとか出るとか、そんなのは関係なくて、
 大事なのは、やるか、やらないかだけなんだよ。
 モチベーションがなんらなかんたらって、自分に対する言い訳ワードなんだから」
ですし・・・(これも極端ですかね?:笑)
 
休憩時間中のひとこま
【写真:休憩時間中のひとこま】
 
 
     □     □     □
 
 
でも、そんな風に言わないまでも、
同じパネラーの社長さんが、似たようなコメントをしていたので、
やはり本音は一緒なんだなぁと共感してみたり。

(でも、あえてそこまで本音を伝えているのは、
 社長の皆さん、きっと学生さんの熱意に何か感じるものがあったのでしょう)
 
ちなみに、
こういう厳しいやり方ではなく、もっと丁寧に学びたい!という方は、
こちらをどうぞ。そして、基本的なところは、早いうちに卒業しましょう。

■見る前に跳ぶ技術?一歩前に進む力と心の若さを失くした人へ
アタマではわかっているけれど... カラダがついていかない...ココロがとまどってしまう... そんな、かつての自分のような若き人たちに リスクと隣り合わせで波瀾万丈の人生を楽しむ 中小企業経営者 兼 明治大学起業論講師が ココロをこめて「喝」を入れるメッセージ集 (近日出版予定)

 
 
     □     □     □
 
 
その後、居酒屋さんで行われた交流会でも、
学生さんからは、次から次へと矢継ぎ早の質問が。

自分からアプローチしていこうという前向きな姿勢、
聞いたことを学び取って活かしていこうという素直な吸収力、
それらは、本当に群を抜いていました。

進路に悩んでいる学生がいたので、
自分なりにヒントと具体例を教えると、
急に眼の色をかえて、
「うわっー! それ、考えもしませんでした。
 いや、やっばいですね・・・。うわあ面白そう。
 もうさっそく明日から行動しますよ・・・」
なんて言いだすところ、本当に若いって良いですね。素晴らしい。
 
 
     □     □     □
 
 
「わたしは、アウトプットが苦手で、練習量も足りないし、
 なかなかコメントとかもできないんですよ」
という学生さん。

「アウトプットを鍛えたければ、例えばブログやってみては?」と言うと、
「はい、もう、やっているんです」。
「なら、更新頻度を毎日にしてみては?」
「はい、もうすでに日々更新でやっているんです・・・」。

なんだ、あなた、十分にアクションしてるじゃないですか。
しかも継続できている・・・。
いろいろ聞いたら、あれもやってる、これもやってる。
学生のプロジェクトだったり、地元商店街の活性化プロジェクトだったり・・・。

なんだ、あなた、それでいいよ。努力を継続するだけで十分だよ。
この社会は、努力の継続ができない人だらけなんだから。

「なんか、もっともっとやらなきゃあかんって思うんです・・・」

良いよねぇ、この行動力とエネルギー。大事、大事。
こういう人たちが、はやく、ぐうたら社会人たちを、
どんどん追い越していってほしいもの。
 
 
     □     □     □
 
 
さてさて、あっという間に終電時刻になりました。
みんなと解散するも・・・、
 
パネラーをつとめた社長さんたちと
【写真:パネラーをつとめた社長さんたちと】

パネラーをつとめた社長さんのうち、
男性陣だけで集まって、近くの隠れ居酒屋で2次会へ。
お客様に、普通に芸能関係者?がいて、いやぁ、東京ですねぇ(笑)。

終了したのは、午前3時近くでした。
学生の皆さんも、社長の皆さんも、
すごい熱気で、とても楽しかったです。

努力家、行動家の方々とのふれあいは、本当に楽しいです。
皆様、ありがとうございました!
(学生の人たちは、宿泊施設で朝までぶっ通しだったとか・・・)
 
 
 
 
 2008年6月24日             渡邉 裕晃
 
 
サムスル
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
社長ブログ時の運と人の縁をきわめる日々の記録
────────────────────────────
会社HP 】株式会社サムスルネット広告代理店
【 1×1×1=100を創る「成長縁(R)」創出カンパニー 】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事










シェアしていただけると嬉しいです!

フォローする