大学院で同期だった知人が大学の先生になっていた!

シェアしていただけると嬉しいです!

先日、私が通っていた大学院から、
久しぶりに、大きな封書が届けられました。
「なんだろう?」と思って、あけてみると、
一冊の冊子が。

自分が属していたのは、国際関係論専攻だったのですが、
そこだけで研究紀要を出版することになったのだそうです。
自分が通っていた頃にはありませんでした。
 
紀要「コスモポリス」の表紙
【写真:紀要「コスモポリス」の表紙】


 
 
     □     □     □
 
 
「第2号が完成したので、OB生にも見てもらいたく・・・」
そんなわけで送られてきました。

学問の世界から離れて久しい自分としては、
「いやぁ、なつかしい!」と思って、
パラパラと眺めていました。

ちなみに、目次はこんな感じ。
 
目次です!
【写真:目次です!】
 
 
     □     □     □
 
 
大学院に入ったものの、
ベンチャーの世界に引きずりこまれた私は、
もはや大学院に戻れない状態になっていました。

休学し、そして退学してから、すでに10年前後。

目次を見ても、もうチンプンカンプンです・・・(笑)。
 
 
     □     □     □
 
 
そんな中で、
目次を見ていて「おおっ!」と思ったことがあります。

それは、同期のうちの2名が論文を出していたこと。
その2名が、すでに大学の先生になっていたこと!

とても嬉しい気持ちになりました。
 
 
     □     □     □
 
 
私自身、大学の先生になりたくて大学院に入りました。
同期は、私の記憶が正しければ、私を含めて15人前後。

そのうち、少なくとも2名が、すでに大学の先生になっているとは!

当時一緒に活動していた仲間が、
着実にステップアップしている事実を知って、
とても頼もしく思いました。
 
 
     □     □     □
 
 
夢を追うのも格好いいですが、
夢の一部を実現してしまうということは、もっと格好良いことです。

私は学問の世界からは逸脱してしまい、
実業の世界に入り込んでしまいました。

でも、進んだ世界は違えども、
私もまた、彼らの活躍に負けないように邁進せねばと、
改めて思った瞬間でした。
 
 
 
 
 2008年10月5日             渡邉 裕晃
 
 
サムスル
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
社長ブログ時の運と人の縁をきわめる日々の記録
────────────────────────────
会社HP 】株式会社サムスルネット広告代理店
【 1×1×1=100を創る「成長縁(R)」創出カンパニー 】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事




スポンサーリンク







シェアしていただけると嬉しいです!

フォローする

スポンサーリンク