早朝のミーティングは、絶対に取り入れてみるべき!

シェアしていただけると嬉しいです!

私の知る会社さんの中には、
朝8時から朝礼をやっているところもあれば、
朝7時からミーティングをやっているところもあって、
「本当にいろいろな会社があるものだ」と、いつも思います。

サムスルの始業時刻は午前9時ですが、
今日は、珍しく朝8時からのミーティングがありました。

とても新鮮な気分でしたよ・・・。
「早朝のミーティング」は、昼や夕方、夜のミーティングとは違う、独特の魅力があります。




朝の1時間は昼間の数時間に匹敵する

私は昔からの「朝型人間」で、
朝は本当に素晴らしいと、つくづく感じます。

朝は、いろいろな点で効率も能率も良く、
「朝の1時間は昼間の数時間に匹敵する」とは、よく言ったものです。

あくまでも私の経験からすれば、
もし朝の時間を活用しないスタイルを継続していたら、
たぶん私は、もっと怠惰で、もっと狭い世界で生きていたに違いありません。
それほど朝のパワーには感謝しています。

そういえば、昔、早朝活用の本で、
私のことが、一つの事例として取り上げられたこともありました。

モーニングミーティングとパワーブレックファースト

欧米では、モーニングミーティングの習慣は良く知られたところ。
日本でも、パワーブレックファーストを実践する人たちもいて、
例えば早朝の喫茶店をのぞくと、いろいろな人たちが、
思い思いに、朝の時間を活用していることがうかがえます。

営業で頑張っている人の中にも、早朝から営業活動をしている人、
意外といらっしゃいますね。

今までにも、午前7時代、8時代に営業電話をいただいた経験は何度もありますし、
(逆に、お客様からお電話をいただくこともあります)
ある時は、朝7時に「飛び込み営業」の人がいらしたこともありました。
(会社の前に待ち受けていたのです)

いわく・・・、

「失礼します!(前述の)書籍『早朝起業』を読んで、お邪魔しました! 渡邉社長、本に書いてある通り、本当に早朝から会社にいらっしゃるんですね・・・」と。

「何じゃ、そりゃ」という感じですが・・・。

「朝食をご一緒しませんか?」と誘われた経験

昔、私の学生時代、
いくつかのベンチャー企業でアルバイトをしていた頃のこと。

ある社長さんから連絡をいただいたことがありました。
「今度ぜひ、食事をしながらお話をしましょう」と。

「ぜひ」となって、
先方の社長さんから指定された時間は、
朝の7時半でした。

「あぁ、ベンチャーでバリバリやっている人は、
 朝の活用もすごいんだな!」と、
ベンチャーの世界の躍動感に惹かれ、
この世界に、ますます引き込まれる契機ともなりました。

ちなみにその一人は、「ビットバレー」の立役者としても知られる、松山大河さんです。

朝の活用は、ぜひ考えてみるべき

朝は本当に良いものです。
「朝は苦手」と言う方も多いですが、
食わず嫌いにならず、ぜひ活用のチャレンジをしてみることをおすすめします。

人によって、向き不向きがあるのかもしれませんが、
私にとっては、これほどのゴールデンタイムはありません。

人生は一度きりですから、
公私共に、充実した楽しい人生にしたいですよね。

この本、ちょっと古いですが、おすすめです。
 

 
 
■追伸:
来週も早朝ミーティングが入っています。今から楽しみです。
 
 2008年11月6日             渡邉 裕晃
 
 
サムスル
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
社長ブログ時の運と人の縁をきわめる日々の記録
────────────────────────────
会社HP 】株式会社サムスルネット広告代理店
【 1×1×1=100を創る「成長縁(R)」創出カンパニー 】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事










シェアしていただけると嬉しいです!

フォローする