ガルーダ・インドネシア航空1949年から現在までの客室乗務員の「制服」の歴史!

シェアしていただけると嬉しいです!

インドネシアの首都、ジャカルタにある「スカルノ・ハッタ国際航空」第3ターミナル。

いまちょうど「ガルーダ・インドネシア航空」のラウンジで飛行機を待っているところです。空港の国際線ラウンジを利用される方には、ぜひチェックしてほしいのが、こちら。

ずばり、ガルーダの客室乗務員の「制服」の歴史!

ラウンジの入口の手前のところに専用コーナーが設置されています。ラウンジに用事がある人しか通らない通路にあるので、意外と知られていないのではないかな・・・と思い、ブログで紹介することにしました。

1949年から現在までの歴史が、ほぼ原寸大のようなサイズで壁に貼られています。横幅サイズにして、20メートルくらいあるのではないでしょうか? これ、なかなか圧巻ですよ。

こんな感じです。

昔の「会社ロゴ」も含めて掲示されています。

1985年まではオレンジ色のロゴだったこと、ご存知ですか? これ、意外と知られていないんですよね。ジャカルタ駐在歴が数年間という人に話すと「へぇ!!」って驚かれることが何回かありました。

では、現在から過去に向かって、どうぞご覧ください。

2009年7月21日から現在まで

2009年といえば、第6代目のスシロ・バンバン・ユドヨノ大統領の2期目が始まる年。この制服の変更には、何があったのでしょうか・・・。気になる。

1985年3月30日から2009年7月22日まで

1970年から1985年3月29日まで

ちなみに、初代大統領スカルノは1965年の「9月30日事件」で失脚し、第2代目のスハルトが大統領に就任したのが、1967年。1970年からの制服刷新と、会社ロゴの変更には、このあたりの歴史も影響していそうですね。

1949年から1969年まで

というわけで、いかがでしょう? 今のガルーダの印象からすれば、昔のガルーダの印象、全然違いますよね?

写真なので、うまく伝わらないかもしれません。でも興味のある人はぜひ実際に見てほしいなと。
きっと「へぇ・・・」って想いにとらわれるはず。

客室乗務員の「制服」は、その国の文化や伝統が反映されているもの。見るだけでも「どうしてそうなったのか?」と興味をそそられるものですが、同じ国の制服でも、時代をふりかえってみると意外な変遷があって、「どうしてこう変えたんだろう?」って気になってしまいます。

もしかして私だけですかね?

こういう歴史って見れば見るほど「奥深いな・・・」と思うんですが、皆さんどうでしょう?

ちなみにラウンジの場所はこちらです。わかりにくいかな・・・。

【参考】
ジャカルタの「スカルノハッタ空港」第3ターミナル関連のブログ記事をまとめました。

(参考:samsul.comブログから)
 
■2018年4月24日up
 ジャカルタの空港第3ターミナル、飛行機待ちで寿司を食べてみたよ!

■2018年4月6日up
 ジャカルタの空港第3ターミナルでビールを飲みながら飛行機を待つなら「Djournal Coffee Bar」がオススメ!

■2017年10月31日up
 ジャカルタ・スカルノハッタ国際空港で無人運転車両「スカイトレイン」が運行開始

■2017年10月25日up
 ジャカルタの空港第3ターミナル、国内線の荷物受取場所の先進システムにびっくり!

■2018年2月9日up
 ジャカルタの空港第3ターミナルのラウンジは、実に心地よい!

■2017年1月21日up
 ジャカルタの空港「第3ターミナル」のタクシー乗り場はチケット制で便利!

サムスル
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
時の運と人の縁を極める日々の記録 】  渡邉 裕晃
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ブログの更新情報のチェックは、こちらからどうぞ!

時の運と人の縁を極める日々の記録 Twitter: @_samsul
時の運と人の縁を極める日々の記録 Facebook: /samsulcom
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事










シェアしていただけると嬉しいです!

フォローする