海外移住|自ら生まれた国を出て、自力で未来を切り開くということ

シェアしていただけると嬉しいです!

自ら生まれた国を出てまでして、あえて自力で未来を切り開くということ。皆さんは、どうお考えになりますか?

先日、韓国人のウェブデザイナーさんとお話をする機会がありました。

日本に来て、ウェブデザインの仕事をされている女性。「まだ9ヶ月しか勉強していない」という日本語はとても流暢なもの。あえて簡便な日本語を意識せずに話しかけても、まったく問題なく会話ができました。


 
 
     □     □     □
 
 
勉強熱心な方は、本当にすごいものですね。

彼女を雇っている会社の社長にうかがってみても、お仕事のスピードも相当速いそうで、つくづく思いました。

頑張り屋は、着実に力をつけていくものなのだなぁ」と。
 
 
     □     □     □
 
 
国を出て、一生懸命に勉強し、食い扶持を確保しながら、自分を高めようとする姿勢・・・。
頭の下がる思いです。

国を出て、自力で生活をしていくということは、それこそまさに、退路を断って歩むということ。

依存や甘えの許されない世界に身をおいて、自ら戦うということ。

こういう姿勢をもった人は、余計に応援したくなりますね。
 
 
     □     □     □
 
 
韓国といえば、
昔、ダウムコミュニケーションズの役員の方とお目にかかり、
お話をさせていただいたことがあります。
ダウムさんは、韓国のポータルサイト運営会社。
2008年時点で、ユニークユーザー数で、ポータル第2位の存在です。
だいぶ前の出来事ではあるのですが、
今回、韓国のウェブデザイナーの方とお話をしていて、
「そういえば、そんなこともあったなぁ」と、
急に思い出しました。
 
 
     □     □     □
 
当時、私は、ダウムの役員さんと面談するなり、 
「これは良い機会だ!」と思って、
日本の某ポータルサイトと連携できないかと思い立ち、
私なりに画策してみたのです。
はい、わたくし、チャレンジャーでございますので(笑)。
両社の役員にアプローチして・・・。
ただ、進展はしませんでしたが。
 
 
     □     □     □
 
 
一方で、これまた、いま思い出したのですが、
昔、平壌で、朝鮮労働党の党員さんにお会いした際に、
インターネット活用をめぐって、
上に進言してほしいと伝えたことがあります。

金日成総合大学 図書館 コンピュータールーム
【写真:当時、金日成総合大学の図書館にあるコンピュータールームを見せてもらって】
 
当時、北朝鮮のインターネット政策の責任者が、
金正日さんの長男である金正男さんだと聞いていたので、
ダメ元で言ってみたのです。

「金正男さんに、しっかり伝えてくれ」と。

はい、わたくし、チャレンジャーでございますので(笑)。
(ちなみに相手の方は、かつて金日成さんから時計をもらったことがあるということで、
 私にその実物を見せてくれました)

ただ、十年以上も前のことなので、
何を伝えてくれと言ったのか、忘れてしまいました・・・。
まぁ、伝わっていないでしょうけどね(笑)。
 
 
     □     □     □
 
 
さて、だいぶ話がそれてきました(笑)。

繰り返しになりますが、国を出てまでして、あえて自力で未来を切り開く
これは、とてもすごいことだと思います。

今回、ウェブデザイナーの方とお話をしていて、本当に痛感させられたのは、そのことです。

親に頼ったり、誰かに頼ったりすることは楽でもあり、また必要な段階もあるかもしれませんが、「自ら切り開く気概」というのは、決して忘れてはいけない大事なポイントだと思うのです。
 
 
     □     □     □
 
 
今回、お話をさせていただいて、その姿勢に感銘を受けました。

・大変だけど、大事なこと。
・辛いことがあっても、未来の幸せを約束する近道。
・戦うことは素敵なこと。
・日々を真剣に生きるということは、それだけで素晴らしいことだ。

つくづく、そう思います。
そういう人に応援者が集まるのも、むべなるかな、という気がします。
 
 
 
 
 2009年2月19日             渡邉 裕晃
 
 
サムスル
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
社長ブログ時の運と人の縁をきわめる日々の記録
────────────────────────────
会社HP 】株式会社サムスルネット広告代理店
【 1×1×1=100を創る「成長縁(R)」創出カンパニー 】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事










シェアしていただけると嬉しいです!

フォローする