インドネシアでも人気のKiroro「未来へ」。ジャワ語バージョンまであるよ!

シェアしていただけると嬉しいです!

日本の女性2人組音楽グループで有名な「Kiroro」。

インドネシアでも有名で、特に「未来へ」は人気です。本当に人気で、レストランやカフェにいても、インドネシアの楽曲や洋楽と並んで、いきなり流れてくることがあるほとなんです。

これはインドネシア語バージョン。ホントに人気なんです。

ジャワ語バージョンのKiroro「未来へ」

インドネシア語バージョンがあるというのでも、その人気ぶりにびっくりですが、車で移動中にラジオを聞いていたら、なんとジャワ語バージョンもあってびっくり。

それがこちら。視聴回数は、なんと1億4626万回超えですよ!

聞いてみて、いかがでしょう?
「歌詞がわからん!」という反応は承知ですが、でも雰囲気の違いが顕著ではないですか?

インドネシアの公用語は「インドネシア語」ですが、インドネシアにはたくさんの民族があり、たくさんの言語があります。それこそインドネシアは使用言語数が707言語と、世界で2番目に多い国なのです。だからこそ、共通語のインドネシア語よりも、地方後の方が人の心に迫るものがあって。

「Kiroro」の「未来へ」に、ジャワ語バージョンがあるということは、それだけ愛されている楽曲だということなのだと思いますし、ジャワ語バージョンが流れているということは、それだけジャワの人たちに与える影響が大きいということなのだと思います。

日本のポップカルチャーは大人気

今までのブログで書いてきたことですが、インドネシアの若者にとって日本のポップカルチャーは大人気。邦楽も人気で、現地の人から「●●って、どうですか?」と聞かれても、それこそ私でも追いつけないレベル・・・。

(参考:samsul.comブログから)
 
■2014年6月23日up
 週刊アスキー:インドネシアの日本好き事情のインタビューで紹介されました。

本当に日本好きが多くて、私自身びっくりするレベルです。そういう文脈でも、Kiroroは愛される対象だったのだろうなと。

私自身も、インドネシアに滞在する身として、より一層、両国の交流促進に励みたいと思います!

■追伸:
これはオフィシャルにジャワ語バージョンというわけではなくて、よく聞くと分かる通り、微妙に音が異なっています。歌詞も違います。「あれ?」という感じですよね。現地では「盗作」との指摘もあり、詳しく知りたい方は、インドネシア語記事ではありますが、こちらからどうぞ。

Lagu Sayang Via Vallen Disebut Mirip Lagu Jepang – ShowBiz Liputan6.com

サムスル
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
時の運と人の縁を極める日々の記録 】  渡邉 裕晃
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ブログの更新情報のチェックは、こちらからどうぞ!
時の運と人の縁を極める日々の記録 Twitter: @_samsul
時の運と人の縁を極める日々の記録 Facebook: /samsulcom
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事




スポンサーリンク







シェアしていただけると嬉しいです!

フォローする

スポンサーリンク