サンバル|豊富な種類とレシピをもつインドネシアの辛味調味料の歴史

シェアしていただけると嬉しいです!

サンバルという名前のインドネシアの辛味調味料。辛いものが好きな方は、インドネシアに来たら食事の時に、ぜひ「サンバル」を試して下さい。もうね・・・、これ、とにかくすごいんですよ。

なにがすごいって「いかに激辛か」を主張したいのではありません。辛いものが好きな人だったら、絶対と言って良いほど・・・、もう「中毒」になりますから。特にインドネシア料理には合います。非常に合います。それこそ世界遺産レベル。

インドネシアに行けば、レストランでも食堂でも屋台でも、「サンバル」がない店なんて、まず存在しないはず。「辛いものが苦手」という人でもない限り、インドネシアでは「サンバル」がとても愛されています。私も「1日3食」欠かせない存在です。

そんなサンバル。インドネシアではいつから使われているの? ということが気になって、ネットで調べてみたら、ズバリの記事があったのでご紹介します。

「サンバル・テロル・プニェット」(Sambal Telur Penyet)【写真:「サンバル」と野菜と玉子焼き。もうこれだけで大満足できてしまうのはサンバルのマジック!】




サンバルとは? インスタントのサンバルは認めない!

サンバルは、インドネシア料理で使われる辛味調味料。唐辛子やニンニク、玉ねぎ、その他を使って、チョベック(cobek)と呼ばれる石臼・石鉢で、ペースト状に押しつぶして作らるのが一般的です。

サンバル 香辛料をすりつぶす石臼 石鉢 スパイスボール チョベック

つくるのに手間がかかるので、スーパーに行けばボトルに入ったインスタントのサンバルソースもあります。例えば、こちら。

■Amazon:「サンバル」の検索結果

サンバル インドネシアのスーパーマーケット

でも、こういうインスタントのサンバルと、手作りのサンバルとでは、もうまったくの別物なんじゃないかというくらいに、味わいが異なります。

そして「手作り」なので、地方によって、民族によって、また人々の嗜好によって、さまざまな種類のサンバルが存在しています。サンバルの種類って、本当に多いんですよ。だからレシピもたくさん。

例えばこれは、先日訪れたスラバヤのモールのレストラン。このお店はサンバルだけで、こんなに種類がありますよ!

インドネシアに行く機会があれば、ぜひ手作りのサンバルをお試し下さい。ボトル詰めされたインスタントのサンバルは、私はサンバルとしては認めません!

辞書で「サンバル」を引いてみる

・・・って、もうサンバル大好きな私がマニア度全開で書いているように思われるかもしれませんが、例えば、インドネシア語の辞書で引いてみましょうか。

インドネシア語学習者にはイチオシの辞書、「最新インドネシア語小辞典」を見ると、このように書かれています。

sambal 唐辛子・トマト・塩・ニンニク・魚醤などをすり合わせて調製した薬味。日本人の食卓に醤油の小瓶が不可欠なように、インドネシア人の食卓からこれを抜くわけにはいかない。

どうですか、この熱の入った説明文!! 辞書の編者である佐々木先生も、さぞサンバルがお好きなのでしょうねぇ。客観的な記述に努めていながらも、愛情がにじみ出てしまったかのような文章・・・。「これを抜くわけにはいかない」って(笑)

しかもどうですか、この例文!

インドネシア人にとってサンバルのない食事ほど味気ないものはない。

というわけで「サンバル好き」は、もう、こうなっちゃうくらいに好きなんですよ! ということが言いたいわけです。

インドネシアにおける「サンバル」の歴史!

そして、肝心の「サンバルの歴史」ですが、インドネシアの代表的メディア「Kompas」で、こんな記事がありました。

■インドネシアの人々はいつからサンバルを消費しているのか?
Sejak Kapan Masyarakat Indonesia Mengonsumsi Sambal?(SILVITA AGMASARI Kompas.com – 23/03/2018, 13:24)

ここに書いてある記事のうち、歴史に関する記述は次の通り。

  • 唐辛子は、もともとインドネシアにあったものではない。
  • 「古マタラム国」の時代から、伝統的な市場で高級品として流通していた。
  • 10世紀のラマヤナ文書によると「食べることのできる果物」との記述がある。
  • 唐辛子がどのようにしてインドネシアに来たのかは、まだ明らかではない。
  • オランダ時代になると、薬学者のJacob de Bondtが1631年に書いた本「De Medicina Indorum」に、サンバルに関する記述がある。
  • 1669年にOverbekeが書いた長編の詩に「大豆、生姜、ニンニク、唐辛子。辛さのためにお腹を痛く、かき乱す」と、サンバルについての記述がある。
  • オランダ占領期には、おいしいサンバルを作ることのできる現地のお手伝いさんはとても重宝された。
  • オランダ領東インドに来る観光客向けに、サンバルがお腹に危険であるとの注意書きもあった。

というわけで、「昔からあったんだけど、元々はインドネシアにあったものではなくて、外部から持ち込まれたもの。でもその背景は解明されていない。オランダ占領期にも愛されていた」ということくらいでしょうか・・・。

おいしいサンバルがつくれる人とは

そういえば、オランダ占領期に関するところは、先日ランチで訪れたレストランにも、似たような解説文がありました。

「手作りのサンバル」は本当に美味で、しかも、中に何を入れるか、何と何をまぜて、どう練り込むか・・・で味わいが本当に変わってくるんですよ。そのレシピは気になりますよね・・・。

上記の説明文を見ると、「おいしいサンバルを作ることのできる現地のお手伝いさんはとても重宝された」との記述がありますが、サンバル好きな私からすれば「あー、やっぱりそうだよね・・・。わかる、わかる!」という印象。サンバル好きの方なら、大いにうなづく箇所ではないかなと。

もうね、本当においしいサンバルがつくれる人というのは、魔法使いのようですよ。それくらいの美味が、手作りのサンバルなのです。

ちなみにこのお店も、サンバルだけで12種類が用意されていました。

「食の宝庫」インドネシアへ、ぜひ!

偉大なる発明品「サンバル」。また面白い歴史を見つけたら、ブログで紹介したいと思います。繰り返しますが「サンバル」本当にすごいんですよ。

辛いものが好きな方は、インドネシアに来たらぜひお試し下さい。しかも「手作り」のものを。

「べベッ・ゴレン」インドネシア定番のアヒル料理!【写真:手作りのサンバルは、スーパーの既成品とはまるで別物の逸品!】

残念ながら、日本のインドネシア料理店で出てくるサンバルはほとんどがインスタントのもの。この「手作り」のものには、まったくもって比較になりません・・・。「食の宝庫」インドネシアへ、ぜひ!

サンバルソースを使った料理

サンバルソースを使った料理にはたくさんの種類があります。
こちらの記事もどうぞ。

サンバルを使ったインドネシアの卵料理|サンバル・テロル・プニェット
「辛いものが好き!」という人には、 ぜひおススメしたいインドネシア料理の逸品。 その一つが「サンバル・テロル・プニェット」(Sambal...
なすのサンバルソース和え|インドネシアの逸品サンバル・テロン・プニェット
「辛いものが好き!」「ナスが好き!」という人には、 ぜひおススメしたいインドネシア料理の逸品。 それが「サンバル・テロン・プニェット」(...
サンバルソースを使ったインドネシアの豆腐料理|サンバル・タフ・プニェット
「辛いものが好き!」という人には、 ぜひおススメしたいインドネシア料理の逸品。 その一つが「Sambal Tahu Penyet」です。...
エビ好きの辛党ならオススメ|サンバルを使った「ウダン・チョベック」
インドネシア料理のご紹介。「辛いものが大好き!」で、「エビ好き!」という人にはぜひお試しいただきたいローカルフード。それが「ウダン・チョベッ...

サムスル
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
時の運と人の縁を極める日々の記録 】  渡邉 裕晃
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ブログの更新情報のチェックは、こちらからどうぞ!

時の運と人の縁を極める日々の記録 Twitter: @_samsul
時の運と人の縁を極める日々の記録 Facebook: /samsulcom
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事










シェアしていただけると嬉しいです!

フォローする