子供と過ごせる貴重な時間に「奇跡」を思う

シェアしていただけると嬉しいです!

最近、仕事にかかる時間が多く、
子供たちとの交流時間が少なくなってきました。
今日も、すでに寝てしまった子供たちの写真を見ながらの夕食です。
これは週末のラーメン店での写真。
4歳の娘。
自分で食事ができるようになり、いろいろな会話ができるようになり・・・。
最近ますますもって、子供たちとの交流が楽しくて仕方ないのです。


【写真:ラーメン店で食事を終えた娘と】

□     □     □

ちょっと前までは、
なんでもかんでも、自分が娘に

「教えてあげる」
「手伝ってあげる」
「世話してあげる」

というような要素が濃かったと思います。

□     □     □

でも、特にここ数ヶ月で急激に変わったのは、

・子供たちから教わること
・子供たちから話してくれること
・子供を見ていて「へー!」と思えること

そういうことが急増しているということです。
もちろん、生まれたばかりの赤ちゃんだって、
教わることはたくさんあるでしょう。
でも、「言葉」を通じて私を刺激してくれる。
これはこれで、筆舌に尽くしがたい思いがあるのです。

□     □     □

ついつい、仕事が増えて、
子供たちとの交流時間が少なくなりがち。
でも、「今」しかないんですよね。
この時代の子供と触れ合える時間は。
それこそ、本当に奇跡のような毎日だと痛感します。
子供たちとの貴重な時間。
大切に大切に過ごしたいものだと改めて思い、
ブログにまとめてみました。
一秒一秒が本当に大事でなりません。

2012年6月27日             渡邉 裕晃

サムスル
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
社長ブログ時の運と人の縁をきわめる日々の記録
────────────────────────────
会社HP 】株式会社サムスル
ダンボール専門ECサイト】「オーダーボックス・ドットコム
イケア通販専門ECサイト】「IKEAショッピング
【 1×1×1=100を創る「成長縁(R)」創出カンパニー 】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事










シェアしていただけると嬉しいです!

フォローする