インドネシアへの移住、第1日目

シェアしていただけると嬉しいです!

本日インドネシアに到着しました。
いよいよ移住生活のスタートです。

昨日、Facebookで、移住する旨を書いたところ、
実に多くの皆さんから「いいね」をいただきました。

その多さには本当にびっくり(笑)
改めて、ありがとうございます。
 
ナシゴレンシーフードとインドネシアの激甘紅茶
【写真:ナシゴレンシーフードとインドネシアの激甘紅茶。セットで200円也】


 
 
     □     □     □
 
 
今回の移住については、
前回のブログに、そのさわりだけ、書いています。

インドネシアへ移住します。【時の運と人の縁を極める日々の記録】

午前1時に羽田空港を出発し、
早朝、朝7時にバリに到着しました。
目的地はバリではないので、まずは乗り換えのトランジットでおりました。
 
 
     □     □     □
 
 
トランジットで降りたバリでは来月開催のAPECに向けて、
空港の拡張工事や道路整備が急ピッチ。
行き交う車もバイクも、みんな本当に元気です。
空港では、いつも以上の人の多さと活気に改めて驚きました。

前回の5月訪問時に比べ、その勢いと活気がさらに増しているようです。
前回の訪問についてのブログはこちら。

インドネシアを訪問してきました(スラバヤ、ジャカルタ、マラン、バリ)【時の運と人の縁を極める日々の記録】

ご関心のある方は、ぜひご覧くださいませ。
 
 
     □     □     □
 
 
空港でランチを食べてから、午後一番でバリを出発。
Lion Airに乗ること、約1時間。
午後3時頃には、東ジャワのマラン(Malang)に入りました。

80人乗りの小さなプロペラ機。
低空飛行を続けるゆえに、東ジャワ東端の海と陸と大自然とが手に取るように見えました。

その豊穣な大地に見とれながら、
「この国は本当に大きい!」と改めて実感。
「眠れるガルーダが、いよいよ羽を広げ始めたということなんだろうな」という感慨がフツフツと。
 
 
     □     □     □
 
 
ちなみに、東ジャワのマランは、
東南アジアの地図から見ると、
以下で示す赤い矢印に位置しています。
 
東南アジアから見たマラン(Malang)
 
さらに拡大して、
「ジャワ島」から見た時のマランは、以下の通りです。
 
ジャワ島の中のマラン(Malang)の位置
 
私は今、このマランという場所で、新たな人生をスタートさせようとしています。
 
 
     □     □     □
 
 
空港の職員も、タクシーの運転手も、
また、宿泊先のスタッフも、相変わらずみんな、
私にインドネシア語で話しかけてきます。

インドネシアは意外と英語のできる人が少ないです。
そういえば、今日は隣の日本人からも、なぜか英語で話しかけられました(笑)
 
 
     □     □     □
 
 
インドネシアは可能性の宝庫。
日本とは異なる、凄まじいほどの躍動感に満ち溢れています。

私に何ができるかわかりません。
大きなことはできないかもしれません。
できることを地道に、そして着々と進めて行こうと思います。

今あるたくさんの課題とテーマ。一つひとつ確実に。
冒頭の写真は、ナシゴレンシーフードとインドネシアの激甘紅茶。
セットで200円也・・・。

今日も一日、ありがとうございました。
いよいよ移住生活のスタート。
精一杯、がんばります!
 
 
サムスル
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
時の運と人の縁を極める日々の記録 】  渡邉 裕晃
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事










シェアしていただけると嬉しいです!

フォローする