パソコン業界で伝説の創業者、アスキー西和彦社長との縁をどう作ったか

シェアしていただけると嬉しいです!

23歳でマイクロソフト副社長に就任した日本人。しかも当時のマイクロソフトの売り上げの半分を稼ぎだし、日本に「パーソナルコンピュータ」としてのパソコンを普及させた歴史的人物。

さぁ誰でしょう?
 答は簡単、21歳でアスキーを創業された西和彦社長です。

先日、八重洲ブックセンターで目撃し、失礼ながらもお声をかけさせていただきました。以前メールをお送りしたことがあるのですが、信じられないことに、そのこと、かすかながらも覚えていらっしゃったみたいなんですよね。うぅ、嬉しい……。

偶然にもちょうどその頃、僕は西さんの伝記(『電脳のサムライたち(西和彦とその時代)』を読んでいたんですよね。しかもその前日の夜、僕は何気なく、西さんのホームページを半年ぶりに訪問していたのです。世の中にはこんな偶然もあるものなんですね。

なお、アスキー創業者の西和彦さん、そしてアスキーの物語については、こちらをどうぞ。

『電脳のサムライたち−西和彦とその時代−』レビュー|アスキー創業者の破天荒な人生と日本のパソコン史
今回ご紹介する本は、アスキー創業者である西和彦さんの人物伝、『電脳のサムライたち―西和彦とその時代』です。 西和彦さんは、アスキーとい...
グーグルの軍用機購入騒動と「西和彦とその時代」(1)
ブログのアクセスログを見ていたら、10/28の一日だけで、なぜかアクセスが急進している記事を発見しました。ダントツの一位なのです・・・。 ...
グーグルの軍用機購入騒動と「西和彦とその時代」(2)
今回の記事は、前回ブログの続きです。 アスキー創業者である西和彦さんも、その本『電脳のサムライたち―西和彦とその時代』によれば...
23歳だった私が、米マイクロソフト元副社長から声をかけられた理由
今回の題名は、「23歳だった私が、米マイクロソフト元副社長から声をかけられた理由」というもの。 ずいぶんと大げさな題名に聞こえるかもし...
スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事










シェアしていただけると嬉しいです!

フォローする