インドネシアでの様々な「お願いごと」を、私がボランティアで引き受ける理由

シェアしていただけると嬉しいです!

インドネシアで暮らしていると、
知り合いから「お願いごと」を依頼されることがあります。

「日本とインドネシアのハーフ」という珍しさがあるためなのか?
日本で、インドネシアをテーマにした本を書いたからなのか?
その理由は定かではありません。

昨年は、
「今度出版される新刊本の推薦文を書いてもらえませんか?」
という依頼をいただいたことがあります。

インドネシアの方が書かれたインドネシア語の本。

「私なんかで良いんですか?」と思えるような、
とっても光栄なお願いごと。
でも、さすがに短期間でインドネシア語の本を1冊読みあげるだけの時間がなく、
泣く泣く見送りになりました・・・。
 
インドネシアと日本/握手するビジネスマン_フリーイラストbusiness-peoplescom


 
 
     □     □     □
 
 
その後は「書籍」関係でお役に立てるような案件が無く、
「やっぱり、そんな案件、なかなか無いよな・・・」と、
そんなふうに思う日々が続きました。

今年も既に11月の半ばに差し掛かり、
「今年はもう無いかな・・・」と思っていたところ、
なんと、いきなり来ました!
 
 
     □     □     □
 
 
「今度、日本人向けにインドネシア語の教本を出すの。
 原稿のチェックをしてくれないかしら?」と。

インドネシアで出版される、インドネシア語だけで構成された書籍です。

「ほんの一部分だけ見てくれればいいのよぉ」と、
とっても気楽な感じで渡されたのは、A4サイズで20ページも(笑)

全部、読解問題。
締切まで数日・・・。
インドネシア語の問題集に向き合うのは久しぶりです(泣)
 
 
     □     □     □
 
 
また先日は、インドネシアのある高等教育機関の先生から相談があって、
「なんだろう?」と思ったら、
日本語教育のカリキュラム設計に関するお悩みでした。

たまたま私が日本語教育者の資格をもっていることから
相談が来たのかな・・・と思いますが。

(日本語教育に携わる教員が所持しているべきとされる、いわゆる「420時間講座」を修了)

(参考:samsul.comブログから)
 
■2013年7月22日up
 「日本語教師養成講座420時間コース」最短6ヶ月での卒業体験記

■2017年9月27日up
 「日本語教師」資格の魅力|最短6ヶ月で夫婦で取得したコツまとめ

     □     □     □
 
 
これらはほんの一部に過ぎませんが、
これら全て、実はボランティアで引き受けています。
(もちろん、お断りする案件もありますが)

「なんで引き受けるの?」と思う人もいるかもしれません。

でも、「頭おかしいんじゃないの?」と思われることを承知で言えば、
「この程度のことは、サクサクこなせるようになれよ」という、神からの指示に違いない。
そんなふうに受け止めているのです。
 
 
     □     □     □
 
 
やっぱり、おかしいですかね?(笑)
でも・・・、
昨年9月に移住したばかりの私は、まだ移住1年ちょっと。
今は、こうした「下積み」をしっかりと積み重ねることが、
今後につながるものだという確信があります。

(参考:samsul.comブログから)
 
■2007年3月16日up
 「下積み時代」の意味|お笑い芸人、はらみつおさんが語ったこと

そして、インドネシアと日本をつなげる部分で、
少しでもお声掛けをいただけるというのは、本当に嬉しいものです。
きっと、何らかの成果になって帰ってくるはず! と祈っています。

でも・・・、
来年こそは、もっと大きな案件が来るといいなぁ・・・、
お金になる案件が(本音)

というわけで、
今日のブログは、なんだかまとまりのない内容になってしまいました。
「日記」ということで、お許しくださいませ。
 
 
サムスル
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
時の運と人の縁を極める日々の記録 】  渡邉 裕晃
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事










シェアしていただけると嬉しいです!

フォローする