アジアの躍動を体感する|ワクワク感は、現地に行ってこそ味わえる!

シェアしていただけると嬉しいです!

私はインドネシアで生活をしていますが、生活する中でいつも感じるのは、躍動する「アジア」にたずさわることのワクワク感です。

先日スラバヤに滞在していた時のこと。偶然にも、ちょうどスラバヤに出張で来ている知人がいることがわかり、夕食後のわずかな時間で久しぶりの再会。夜の高層階でのスラバヤ。オープンエアーのレストランです。

場所は、スラバヤ中心部にあるホテル「ジャバ パラゴン ホテル & レジデンス」(Java Paragon Hotel & Residences)の最上階にあるお店「Citilites Skyclub & Bistro」です。

涼しい風がふいてきて、夜景も実に美しく、落ち着いた中で語り合うことのできる素敵な環境でした。

夜のスラバヤ、高層階のレストランにて【写真:夜のスラバヤ、高層階のレストランにて】




アジアの躍動を肌で知る仲間をつかまえる!

インドネシア第2の都市スラバヤ。
もう40年近くの間に渡って、ほぼ毎年のように訪問してきた街です。

ますます変わりゆく都市の躍動感は、それを肌で知る仲間との語らいにおいて、人と人との縁をより一層近づけてくれるものになったような気がします。

アジアの躍動を知りたければ、現地で戦い、現地ならではの躍動感を肌身に感じている知り合いを探すこと。そして実際に聞いてみることです。

アジアの成長は踊り場? 現地に行けば閉塞感は吹っ飛ぶはず

アジアの都市のダイナミズムがいかなるものかは単純には表現し難いもの。
でも、そこには確実に「次への可能性」を付帯させる何かがある。

知人との会話の中においても、いわゆる閉塞感の類が存在せず、
ただただ「次への躍動」しか感じられないということ。

その点においてこそ、
まさに「今」においてアジアにたずさわることのワクワクと楽しさが
反映されているような気がしてなりません。

アジアの躍動を感じたければ、とにかく現地に行こう!

そんなアジアの躍動を感じてみたければ、とにかく現地に行くことです。報道で知る、ニュースで知る、専門家から聞く・・・ということもたしかに大事です。雑誌や書籍もたくさんありますね。

でも、なんといっても現地に行くことが一番。現地で街を見て、現地で人に触れてみる。それに勝る情報入手の手段はありません。だからアジアの実態を知りたいのであれば、とにかく現場に行ってみることです。

さて、私はまだまだインドネシアでがんばりますよ!

アジアは昨日と今日が違う。あの頃のアジアは今のアジアではない。
アジアは昨日と今日が違う。あの頃のアジアは今のアジアではない・・・って、過剰表現だと思いますか? 「急成長するアジア」とか「激変するアジア...
アジアの激変「日本はジャカルタより物価が安い」インドネシアの会話
成長するアジア。アジアは激変しています。「日本はお金持ち。だけどアジアは貧しい」などという固定観念にとらわれていては、現実を見誤ることになり...
スラバヤのショッピングモールで改めて感じるインドネシア成長の息吹
いま、スラバヤに来ています。スラバヤはインドネシア第2の都市。私の住むマランからは90キロほど離れていますが、なじみのある街で、よく訪れます...
アジアの躍動|インドネシアの若者にみなぎる「未来へのワクワク」感覚!
インドネシア第二の都市「スラバヤ」に来ています。私の住むマランから90キロほど北に行った場所にあります。 インドネシアで生活をしている...
ガムラン|インドネシア民族楽器を現代音楽にアレンジした映像の衝撃!
インドネシアの伝統芸能として知られる楽器「ガムラン」。インドネシアに行ったことのある人なら、バリ島にあるホテルのロビーだったり、レストランの...

サムスル
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
時の運と人の縁を極める日々の記録 】  渡邉 裕晃
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ブログの更新情報のチェックは、こちらからどうぞ!
時の運と人の縁を極める日々の記録 Twitter: @_samsul
時の運と人の縁を極める日々の記録 Facebook: /samsulcom
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事










シェアしていただけると嬉しいです!

フォローする