弁護士先生たちとのお食事(努力するほど楽しくなる不思議)

シェアしていただけると嬉しいです!

先日、弁護士の先生たちとお食事をする機会がありました。
何か案件があるというわけではなく、
コミュニケーションの一環で、お招きいただいたのです。
ただし、だいたいの場合に言えることですが、
何か明確な目的や案件があるというわけではない時ほど、
何かしら得るものがあったりするんですよね。


というわけで、指定された場所へ。
こじんまりしていて、落ち着きもあり、
とてもくつろぎやすく、かつ、おしゃべりもしやすい、
とても過ごしやすい空間でした。
 
 
     □     □     □
 
 
ところで、専門職ゆえなのでしょうか。
弁護士の方々、頭の切れる方が多いですね・・・。
しかもそういう方に限って、
(私の経験上ですが)
仕事もやたらとスピーディーで、努力も徹底している方が多いように感じます。
 
 
     □     □     □
 
 
例えば朝4時に起床して活動している方とか、
午前6時台にはすでに弁護士事務所に出所されている方とか、
そんな方が普通にいらっしゃるのを目の当たりにしているせいか、
それこそ一日をフルに使いながら、
頭の回転も、行動力も全開にされている印象があります。
それでいながら、遊びも一生懸命。
そういう方々とのお食事やコミュニケーションは、
本当に楽しいばかりです。
 
 
     □     □     □
 
 
よく「努力はつらい」と思われがちですが、
私が見るには、
努力している人ほど楽しそうなのですよね。
つらいと感じている人は、
全部が全部とは言いませんが、
なぜか、努力が中途半端だったり、常識の域を出ていない印象があります。
不思議なものです。
 
 
     □     □     □
 
 
そんなわけで、楽しいおしゃべり3時間超。
趣味の話や、仕事の話。
食事の話だったり、法律の話だったり。
はっきり言って、つまらない時間が1分として存在しない、
濃密な空間となりました。
 
 
     □     □     □
 
 
こういう時にいつも思うのが、
自分は、お返しができているのだろうか、ということです。
だって、時間を共有するということは、
言い方を変えれば、相手の時間を奪っているわけですからね。
いただくばかりで、お返しができなけば、
「次は無い」と思うのが自然なものです。
(自分はいつも、そう覚悟するようにしています)
 
 
     □     □     □
 
 
帰宅すると、メールが届いていました。
内容としては、だいたいこんな感じです。
 

私には、つまらない食事だったりすると、
すぐに切り上げてしまうという悪い癖があるのですが、
今回は、3時間も使ってしまい、すみません。
こんなに長い時間の食事は久しぶりでした。

 
なんとか合格ラインに達せたようで、ほっとしました。
でも、緊張することなく、楽しいばかりの3時間でした。
覚悟しつつも、覚悟の緊張感がまったくなく・・・。
仕事に人生にフル回転している方とのお食事は、
面白いばかりでなく、刺激も受けまくり。
ほんと、やめられません。
 
 
     □     □     □
 
 
でも、前述のように、
コミュニケーションの中で、
それ相応のお返しができるだけの人間にならねばと、
必死だったりするんですけどね(笑)。
そしてそれは、
努力するほど楽しくなる」という、
これも前述したパラドックスと、
どこか通じるものがあるのかもしれません。
 
 
 
 
 2008年1月28日            渡邉 裕晃
 
 
サムスル
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
社長ブログ時の運と人の縁をきわめる日々の記録
───────────────────────
会社HP 】株式会社サムスルネット広告代理店
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事




スポンサーリンク







シェアしていただけると嬉しいです!

フォローする

スポンサーリンク