ベンチャーマインドをもつ方とのお酒はおいしい

シェアしていただけると嬉しいです!

先日、ベンチャー系のお客様とお食事をする機会がありました。
私は、いわゆる上下関係に基づくような接待が好きではないのですが、
(実際、そういうことはしません)
今回の方は、上下関係というよりも、
お互いに成長していこうとするパートナー精神の強い方。
こういう方とのお食事は、とても楽しい時間です。
私からお誘いするわけでもなく、
先方からお招きいただくわけでもなく、
どちらともなく、食事という流れになりました。
こういう自然な流れ、大好きです(笑)。


ところで数年前のこと、
私はこの方に初めてお目にかかった時、
特有のにおいを感じました。
それは、
「この人は、すごいベンチャーマインドを持っている!」という、
独特のにおいでした。
そして、お食事の場でわかったことは、
その直感が正しかったということです。
 
 
     □     □     □
 
 
この方は、いくつかの会社を経て、
あるとき、社員20名のベンチャー企業に転職します。
ベンチャーの苦労を多いに楽しんで、
3年後、会社の社員数は150人にまで成長しました。
そこで彼は、次への転職を決断します。
「会社が大きくなってきちゃったから、つまらないんですよ」と。
そして、また社員20名のベンチャー企業に転職されました。
 
 
     □     □     □
 
 
お酒を飲みながら、彼は言います。
「できあがっちゃった会社って、どうもつまらないんですよね・・・」
「もう、やばいんじゃないか。この先、どうやって成長させるんだ?
 そんな会社で、ふんばって、成長を創ることに興奮を覚えるんです」
会社を成長させることの楽しみ。
これは、まさにベンチャー精神です。
 
 
     □     □     □
 
 
私は、冗談半分で、こう聞いてみました。
「でも、●●さんのような精神と意欲と能力をもっているなら、
 小さなベンチャーに入社しても、すぐに大きくなっちゃいますよね?」
すると彼は、自信たっぷりにこう言いました。
「そうなんですよねぇ。それが悩みなんですよ(笑)」
 
 
     □     □     □
 
 
小さな会社を大きくしていく喜び。
社員数の少ない会社でしか経験できないことです。
小さいゆえに、つらいことや苦しいこともたくさんあるでしょう。
でも、それを楽しみと感じることができれば、
これほどすごいステージは、なかなかあるものではありません。
そして、そんなマインドをもった人たちとともに、
会社を大きくし、成長縁をどこまでも大きくしていく活動に
尽力したいと、私は考えています。
 
 
     □     □     □
 
 
ベンチャーマインドをもつ方とのお酒は、実においしいもの。
働き方論議、ベンチャー論議、そういう仕事の話だけにとどまらず、
家族の話、子供の話、小学校選びの話(笑)、などなど、
話題が尽きることはありませんでした。
ベンチャーマインド、本当に良いものです。
素晴らしいひと時に感謝。
 
 
 
 
 2008年5月9日             渡邉 裕晃
 
 
サムスル
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
社長ブログ時の運と人の縁をきわめる日々の記録
────────────────────────────
会社HP 】株式会社サムスルネット広告代理店
【 1×1×1=100を創る「成長縁(R)」創出カンパニー 】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事










シェアしていただけると嬉しいです!

フォローする