「ぼくらの時代って、ランチしなかったですよね・・・」の懐かしさ

シェアしていただけると嬉しいです!

サムスルは、ネット広告業界の中でも
歴史的には老舗に属します。
そのため、
十年ちょっとのこの業界の中にあって、
すでに10年クラスのおつきあいになる方も、いるのですが、
先日、そんな方と久しぶりにお食事していた時のこと。
こんなことを言われました。
「ぼくらの時代って、ランチとか、取らなかったじゃないですか?」と。
思わず「おぉっ」と思ってしまいました。


 
 
     □     □     □
 
 
そうそう、昔、この業界では、
ランチを取らない人が意外と多かったのです。
(今は、結構いるのでしょうかね?)
お話をうかがっていて、「すごく懐かしいなぁ」と思いました。
 
 
     □     □     □
 
 
ランチをとらなかった。
その理由は、仕事が終わらなかったからです。
もっと厳密に言えば、「仕事が終わらなかったから」ではなく、
「仕事が終わらないから」です。
 
 
     □     □     □
 
 
次から次へと仕事があって、
ランチをとる暇がなかった、ということもあります。
でも、
たとえ30分程度の時間が確保できたとしても、
「ここでランチをとったら、夜終わらないだろうな・・・」
そんな風に思える毎日だったのです。
まれにランチを取る時は、
携帯のスイッチを切りましたからね(笑)。
 
 
     □     □     □
 
 
そんな風習があったので、
私は、実は今でもほとんどランチをとりません。
いつも同じ人とばかりランチを取るのは、
正直、あまり意味を感じませんが、
普段お目にかからない方とランチをとるのは、とても有益です。
かつて、大前研一さんが若い頃、
ランチは必ず、社外の人と順繰りにアポを入れた逸話は有名ですが、
こういうランチは、本当に刺激的で、吸収できることも本当に多いはず。
 
 
     □     □     □
 
 
誰かとランチを取るのは有益なので、
それは優先しますが、
そうでない限り、私は今でもほとんどランチをとりません。
それは、一日の効率が明らかに落ちるからです。
(ちなみに歴史的に見れば、一日三食の風習って、意外と新しい慣習ですよね)
ただ、効率が落ちるから取らずにいたのですが、
今回久しぶりにお会いした旧知の友人が、
「ぼくらの時代って、ランチとか、取らなかったじゃないですか?」と、
言ってきたこと、本当に懐かしい思いがしました・・・。
 
 
     □     □     □
 
 
無理して頑張れる時期、これは20代の時期だと思います。
だからこそ、
私は20代の頃にランチも取らずに仕事にまい進してきたことを、
全く後悔していません。
でも、ランチを取るな! と言いたいのではなくて、
取ったほうが効率的なら取れば良いし、
そうでないなら、工夫をする価値はあるのでは? と思います。
「人間は1日3食を取るべきだ」みたいな固定観念に縛られない方が
人生もっと楽しくできるのでは? と思いますね。
 
 
     □     □     □
 
 
というわけで、今回のブログ、特に結論は無いのですが(笑)、
「ぼくらの時代って、ランチしなかったですよね・・・」と言われて、
「そういえば、そうだったなぁ」と、ものすごく懐かしくなり、
備忘録として書いてみました。
何事も、無理しすぎるのは、良くないですが、
20代で適度な無理をすることは、
それが「浪費」でなく「投資」であるいのだとしたら、
後日、必ず、何らかの勲章になるように、私は思います。
 
 
 
 
 2009年6月22日             渡邉 裕晃
 
 
サムスル
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
社長ブログ時の運と人の縁をきわめる日々の記録
────────────────────────────
会社HP 】株式会社サムスルネット広告代理店
【 1×1×1=100を創る「成長縁(R)」創出カンパニー 】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事










シェアしていただけると嬉しいです!

フォローする