娘の誕生から29週間(初めての再入院と退院、某誌の秋服コレクション特集へ)

シェアしていただけると嬉しいです!

8/8(金)で、わが娘、誕生から29週間が経過しました。
26週目から28週目までの育児ブログ、
連載をお休みしてしまいましたが、
なんと、また再入院をしていたのです!
初めての入院と、二度目の入院と、
病院滞在日数を合計すると、
16泊18日。
 
生後29週目です!
【写真:生後29週目です!】


でも、よくよく考えてみると、
28週近くの子供にとっては、
ほぼ人生の一割近くもの長さに匹敵します。
人生の一割・・・。
びっくりするような長さです。
33歳の私にとってみれば、3年超。
考えられません・・・。
 
 
     □     □     □
 
 
病院によって定められた、わずかな面会時間。
毎日、面会に行きました。
 
病院で「お父さん来てくれたの!」の瞬間
【写真:病院で「お父さん来てくれたの!」の瞬間】
 
本当は良くないことですが、
小児科病棟の出入りが、
私は、半ば、慣れっこになってしまいました。
 
あああ
【写真:カメラのヒモを取り上げて・・・】
 
カメラに手を差し出して「撮影は、やめてください!」
【写真:カメラに手を差し出して「撮影は、やめてください!」】
 
というのは、冗談で・・・。
限られたわずかな時間。
一緒に本を読んだり、ミルクを上げたり、遊んだり。
同室で同じく入院している子供たちに、
面会で付き添っているご両親たちと交流したり。
 
娘と一緒に絵本を
【写真:娘と一緒に絵本を】
 
おかげさまで、今ではすっかり元気です。
あまりに長かったので、病院の小児科の看護婦さんたちの間では、
うちの娘は、すっかり「有名人」になってしまいました(笑)。
好評で、ずいぶん多くの看護婦さんたちから、
抱っこされたようでした。
バリでは、
「たくさんの人に抱っこされた赤ちゃんほど幸せになれる」
という考えがあるそうですから、まぁ、不幸中の幸いとなればと願うばかりです。
 
 
     □     □     □
 
 
「有名人」と言えば、
もう1ヵ月半も前のことになりますが、
我が娘、初めてのモデル体験をしてきました。
某誌の秋服コレクション特集に登場することになったのです。
秋服です!
この暑い毎日では、想像しにくいかもしれませんね・・・。
撮影の様子は、こんな感じ。
 
撮影スタジオの待合室にて。堂々としたものです
【写真:撮影スタジオの待合室にて。堂々としたものです】
 
さっそく始まる撮影
【写真:さっそく始まる撮影】
 
写真を見ると、服がもこもこしていて、
気分的に暑くなりますよね・・・。
 
メイクさんたちによって、次々とポーズが指定されます
【写真:メイクさんたちによって、次々とポーズが指定されます】
 
さてさて、どんな仕上がりになるのでしょうか。
もし満足の行く仕上がりになっていた場合には(笑)、
またブログでご紹介したいと思います。
 
 
     □     □     □
 
 
すっかり健康を取り戻した娘は、
妻の実家に行ったり、
某社長に誕生歓迎会をやってもらって、それに参加したりと、
さっそくアクティブな毎日を過ごしています。
 
某社長が開催してくれた生誕祝いの食事会で、食事の真似事
【写真:某社長が開催してくれた生誕祝いの食事会で、食事の真似事】
 
子供は、すぐに病気を拾ってしまうし、
とにもかくにも、健康第一。
過保護は良くないですが、
健康一番、強くたくましい生命力を備えていってほしいものです。
 
 
     □     □     □
 
 
そうそう、
その後も、娘は、日々進化を遂げています。
今までやらなかったようなことをやり始めたり、
いつの間にか、歯が生え始めたり、
異なる笑顔を見せるようになったり・・・。
子供の成長スピード、本当に恐ろしいです。
 
女らしくなりました?(笑)
【写真:女らしくなりました?(笑)】
■追伸:
本当は娘への取材よりも、
サムスルへの取材が増えてほしいものなのですが・・・。
 
 
 
 
 2008年8月8日             渡邉 裕晃
 
 
サムスル
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
社長ブログ時の運と人の縁をきわめる日々の記録
────────────────────────────
会社HP 】株式会社サムスルネット広告代理店
【 1×1×1=100を創る「成長縁(R)」創出カンパニー 】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事




スポンサーリンク







シェアしていただけると嬉しいです!

フォローする

スポンサーリンク