年子の育児|生後51週目、ゼロ歳にして弟と初めて対面!反応は?

シェアしていただけると嬉しいです!

この1月9日(金)で、わが娘、誕生から51週間が経過しました。51週・・・ということは、もうすぐ1年。このブログで、娘のことを毎週毎週、追いかけてきましたが、もうすぐ1年。いやはや、本当に早いものです。

そして、1月6日に、2人目の子供が生まれました。つまり年子です。

まだゼロ歳の娘は、「わずかゼロ歳にして弟に面会する」という、実に特異な経験をすることになったのです。

親子3人で。ゼロ歳、ゼロ歳、そして34歳(笑)
【写真:親子3人で。ゼロ歳、ゼロ歳、そして34歳(笑)】


 
 
     □     □     □
 
 
2人目の子は、まだ生後4日目。母子ともに病院暮らし。

そこへ、自宅から1人目の娘を連れて行きました。
娘は、まだゼロ歳です。

「はたして、弟の存在を認識できるのだろうか?」
「いったい、どんな反応を示すのだろう?」

まさに「年子の育児」ならではの楽しみ。好奇心と期待に満ちての初対面です。
 
 
     □     □     □
 
 
こんな感じです・・・。
 
「ぱぱ、誰?この赤ちゃん?」(でも息子の目が怖いです)
【写真:「ぱぱ、だれ?このあかちゃん?」(でも息子の目が怖いです)】
 
不安そうに「だれなの?」
【写真:不安そうに「だれなの?」】
 
「ちょっと、のぞいてみようかな」
【写真:「ちょっと、のぞいてみようかな」】
 
「おかお、みせて!」
【写真:「おかお、みせて!」】
 
「みえないってば」
【写真:「みえないってば」】
 
「うわぁ・・・、おとうとだっ」
【写真:「うわぁ・・・、おとうとだっ」】
 
 
     □     □     □
 
 
この時、娘は、まだ1歳を迎える数日前。
弟がいるとは言っても、まだまだベビーです。

お母さんの愛情をたっぷりに独占したい時期。
そんな時期に弟の誕生。酷なものです・・・。
でも、大人になるって、そういうことですよね(笑)。

プライベートでも仕事でも、人はみんな、こうして育つのだと、私は思います。
子供は大人の縮図ですねぇ。
 
 
     □     □     □
 
 
「拒否反応を示すかな?」とも思っていたのですが、当初は不思議そうな顔をしたものの、次第に、好奇心たっぷりに顔に豹変していきました。ひと安心です。

これから、どんな波乱やどんな課題が待ち受けているか・・・。まったく想像がつきませんが、年子兄弟との生活、そして「年子の育児」を、精一杯に楽しんで過ごしたいと思います。

もうすぐ、親業、2年目に突入です!
 
 
 
 
 2009年1月21日             渡邉 裕晃
 
 
サムスル
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
社長ブログ時の運と人の縁をきわめる日々の記録
────────────────────────────
会社HP 】株式会社サムスルネット広告代理店
【 1×1×1=100を創る「成長縁(R)」創出カンパニー 】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事










シェアしていただけると嬉しいです!

フォローする