「成長縁(R)大学」のスタートにあたって

シェアしていただけると嬉しいです!

この度、「成長縁大学」というものをスタートさせることにしました。
「成長縁大学」では、
セミナーなどの勉強会、あるいは、
何かテーマを決めて交流する食事会などを開催していく予定です。
セミナーやイベントなどに積極的に参加することで、
多くの人が相乗効果をもって成長していける。
そんなコミュニティーづくりを目指していきます。
 
「成長縁大学」
 

■「成長縁大学」ホームページ
 http://www.seichoen.net
■「成長縁大学」on Twitter
 http://twitter.com/seichoen


 
 
     □     □     □
 
 
「成長縁大学」について
この「成長縁大学」のコンセプトは、
私が以前から取り組んでいた活動に由来します。
気の合う仲間、紹介したい人たち、
何かのテーマにおいて旺盛な好奇心をもつメンバー、
そうした人たちをお招きして、定期的に食事会を開催してきました。
経営者だったり、ネットマーケティング業界の人たちであったり、
あるいはジョギングを愛する人たちであったり、その他いろいろ・・・。
前向きで、成長意欲も強い。人生を楽しく謳歌したい!
そういうメンバーに限定しているので、
「初対面でも意気投合するはずの人たち」という条件で、
クローズドで展開してまいりました。
 
 
     □     □     □
 
 
こうした集まりでの交流は、
たとえ仕事に直結しないテーマであったにしても、
今後の未来を楽しくすることにつながっていたりしました。
そのため参加された皆様からは、高い評価や評判をいただき、
「ぜひ今後もやってほしい」
「今度はセミナーも付けてほしい」
などのリクエストまでいただくようになりました。
さらには、こうした評判を聞きつけてか、
「食事会やセミナーの会を、代わりに開催運営してくれないか?」
というオファーをいただくようにまでなったのです。
 
 
     □     □     □
 
 
みんなに役に立ち、
みんなが楽しめて、
新しい縁も生まれて、
もっともっと毎日を楽しんでいこう。
そういう気概が生まれ、次なる新しい地平への成長が生まれる。
もしそうであるならば、これはもっとやっていくべきではないか。
そう考えたことが、成長縁大学を始めるきっかけとなりました。
 
 
     □     □     □
 
 
毎回、個人で手作業で運営してきたのですが、
評判をいただくものの、なかなか不定期になりがちでした。
皆さんの笑顔や喜びを見るにつけ、
私自身、きちんと定期的に、
かつ、熱を入れて開催することができずにいることを悔やんでおりました。
そうした中、セミナー会場であったり、受付システムであったり、
いろいろなお申し出を、なぜか複数から同時にいただく機会があり、
「これは、そろそろ始めなさいという指令に違いない」と思うに至りました。
 
 
     □     □     □
 
 
様々なテーマを決め、
参加者に刺激になるような、出来得る限りの一流の講師をお招きし、
この有限な人生を最大限に楽しくしていけるような、
質の高いコミュニティにしていきたいと思います。
 
 
     □     □     □
 
 
[1+1=2] では物足りない。[1X1X1=100]を創るんだ!
そんな旺盛な気概をもった「成長パートナー」たちが集い、
互いに成長し合えるような、学びと楽しみの環境。
それが成長縁大学です。
 
 
     □     □     □
 
 
私やサムスルが一方向に話しまくる企業セミナーではなく、
関わりあう、御縁のある人たちで盛りたてていく会にしたいと思っています。
これを通じて、
関わり合うメンバー同士の成長に資するものになればと願っています。
一人でも多くの縁者の方々がご参加いただけることを楽しみにしております。
今後開催するセミナーやイベントの情報は、
こちらからご覧いただければ幸いです。
 

■「成長縁大学」ホームページ
 http://www.seichoen.net
■「成長縁大学」on Twitter
 http://twitter.com/seichoen

では、これからも、よろしくお願いいたします。
 
 
 
 2010年6月3日             渡邉 裕晃
 
 
サムスル
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
社長ブログ時の運と人の縁をきわめる日々の記録
────────────────────────────
会社HP 】株式会社サムスルネット広告代理店
【 1×1×1=100を創る「成長縁(R)」創出カンパニー 】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事










シェアしていただけると嬉しいです!

フォローする