ヨーロッパ主流のコーヒーメーカー「Senseo(センセオ)」を堪能!

シェアしていただけると嬉しいです!

自宅でコーヒーを飲む。
皆さんは、そんな機会、ありますでしょうか?
私はありません・・・。
朝食は、がっつり和食ですし、
夕食も外でいただくことが多い生活。
土日も外出が多く、
家でのんびりするという週末がほとんど存在しないので、
家でゆっくりとコーヒーをいただくという機会がありません。
「そんな生活は改めろ」というメッセージなのでしょうか(笑)、
先日、こんな立派なコーヒーメーカーをいただいてしまいました。
フィリップス社のコーヒーメーカー、Senseoセンセオ)です。
 
フィリップス社のコーヒーメーカー、Senseo(センセオ)
【写真:フィリップス社のコーヒーメーカー、Senseo(センセオ)】


箱をあけてみると、こんな感じです。
 
コーヒーメーカーと、専用のコーヒーポッド
【写真:コーヒーメーカーと、専用のコーヒーポッド】
 
右がコーヒーメーカー。
左が、このコーヒーメーカー専用のコーヒーポッドです。
専用というのがポイントで、

(1)オリジナルブレンド(すっきりした味の浅煎りマイルドタイプ)
(2)マウンテンブレンド(ピュアでバランスのとれた味の中煎りタイプ)
(3)プレミアムダークロースト(苦味とコク、香り立つ深煎りストロングタイプ)

という、3種類のコーヒーを味わうことができます。
 
 
     □     □     □
 
 
セットして、あっという間にできあがったのがこちら。
 
あっという間に、あわ立ちの良いコーヒーが
【写真:あっという間に、あわ立ちの良いコーヒーが】
 
本当にあっという間です。約30秒。
びっくりしました。
ありえないくらい簡単過ぎてしまって・・・。
そして、こんなに早くできてしまうだなんて。
しかも、作業がきわめてインスタント感覚なのに、とってもおいしいのです。
 
 
     □     □     □
 
 
このSenseoをつくるフィリップス社は、
コーヒーマシンメーカーとしてはヨーロッパナンバーワンなのだそうです。
そして、専用コーヒーポッドをつくっているのは、
250年もの歴史を持つコーヒーの老舗会社なのだそうです。
Sara Lee(サラ・リー)という会社。
(家庭で作るコーヒー事情に疎いので、思わず調べてしまいました:笑)
普通のコーヒーメーカーは、
何杯もの量をまとめて一度に作りますよね。
それに対してSenseoは、
一杯ずつ入れていく、
つまり、いつでもできたての状態のコーヒーをつくれてしまうという代物なのです。
こういうコーヒーメーカー、かなり珍しいのではないでしょうか?
 
 
     □     □     □
 
 
先程お見せしたコーヒーができるまでの流れを、
順番に実況してみましょう。
まずは、水を入れます。
 
水を入れます
【写真:水を入れます】
 
とっても簡単です。
そして、
 
プレミアムダークロースト
【写真:プレミアムダークロースト】
 
3種類のコーヒーから、プレミアムダークローストを選択してみます。
こちらが、そのコーヒーポッド。
 
Senseo専用のコーヒーポッド
【写真:Senseo専用のコーヒーポッド】
 
これは、良いですよね。
計量する必要も無いし、目分量に頼ることもなく、
しかも手が汚れる心配もなければ、スプーンを汚すこともありません。
 
ボタンのひと押しで、お湯に変身
【写真:ボタンのひと押しで、お湯に変身】
 
ボタンを押してしばらくすると、
「えっ、もうお湯ができあがったの?」と、不安になるくらいに
あっという間にセット完了です。
コーヒーポッドを所定の場所に載せてから、
ボタンを押します。
 
一人分をつくるためのボタン
【写真:一人分をつくるためのボタン】
 
二人分まとめてつくりたい場合は、このボタン。
 
二人分をまとめてつくるためのボタン
【写真:二人分をまとめてつくるためのボタン】
 
そう。この3つしかボタンがないのです。
とってもシンプル。わかりやすいマシンです。
待つこと、約30秒。
おいしいコーヒーの証として、
クレマ(層状の泡)があるという点が挙げられるそうですが、
(また調べてしまいました:笑)
こんなに簡単なのに、そのクレマがあるコーヒーができてしまうのです。
 
 
     □     □     □
 
 
あまりの手軽さにびっくりしませんか?
どうりで、オランダ、フランス、ドイツなどのヨーロッパを中心に、
すでに1500万台以上が売れているそうです。
特に本国であるオランダでは、
なんと50%以上の家庭でSENSEORマシンが使われているのだとか。
復習?というわけではないですが、
こちらのページに、ムービーがあるので、
ぜひ見てみてください。簡単さに驚くはずです。
 
■デモムービー
 
いやぁ、良いマシンをいただいたものです・・・。
あとは、家庭でコーヒーを飲むだけの時間とゆとりをいかに確保するかですな。(笑)
ちなみに、
なぜか「ITmedia」でも紹介されています。
(参考:ITmediaより)
■いつも“できたて”、1杯ずつ入れるコーヒーシステム「Senseo」
三井物産は、欧州で人気のポッド式コーヒーシステム「Senseo」(センセオ)の取り扱いを3月に開始する。一般的なコーヒーメーカーは数杯分を一度に作るが、Senseoでは短時間で一杯ずつ入れるのが特徴。

専用のコーヒーポッドを用意しなければいけないというのが
不便と言えば不便ではありますが、
良質なものを手軽につくれることを考えれば、
欠点を補って余りある、と言えるかもしれません。
手作りコーヒーを簡単に楽しみたいという方には、ぜひ。
 
 
 
 
 2007年4月24日            渡邉 裕晃
 
 
サムスル
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
社長ブログ時の運と人の縁をきわめる日々の記録
───────────────────────
メルマガ登録Samsul’s Choice(1997年創刊)
───────────────────────
会社HP 】株式会社サムスルネット広告代理店
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事




スポンサーリンク







シェアしていただけると嬉しいです!

フォローする

スポンサーリンク