スラバヤのショッピングモールで改めて感じるインドネシア成長の息吹

シェアしていただけると嬉しいです!

いま、スラバヤに来ています。スラバヤはインドネシア第2の都市。私の住むマランからは90キロほど離れていますが、なじみのある街で、よく訪れます。

今晩は、日本から来た知人と食事。どこで食べようかと思ったものの、「モールを見学して楽しむよりも、すぐに話を楽しみたい」ということで、すぐに近くにあるモールへ向かうことに。

「現場」にふれることで、インドネシアの成長の息吹と躍動感は、自然と感じることができるはず。そう思う私にとって、インドネシア初心者の皆さんを街にご案内するのは、ワクワク以外の何者でもありません。 

スラバヤのモール「Tunjungan Plaza」の中央広場
【写真:スラバヤのモール「Tunjungan Plaza」の中央広場】


 
 
     □     □     □
 
 
今回行ったモールは、富裕層向けというわけではないですが、スラバヤ最大のモールとして知られる「Tunjungan Plaza」へ。

トゥンジュンガン・プラザ」と読みますが、長いため、現地の人たちは省略して「TP(テーペー)」と呼んでいます。

さっそくエレベーターで最上階のレストランフロアに向かったのですが、もう、どのレストランも、多くのお客様で盛況でした。インドネシアは、本当に元気いっぱいですよ・・・。
 
 
     □     □     □
 
 
食事をしながら、いろいろな話に花が咲く2時間。
日本の話。インドネシアの話・・・。

「インドネシアに進出したい」
「インドネシアとビジネスで関係をもちたい」
「初めて見るインドネシア。こんなに躍動感があるとは!」

日本の方々からそういった話を聞いていると、私としても、この元気なインドネシアで、どんな貢献ができそうか。さらには、もっとどんなアクションをしてみようかといろいろ考えるきっかけにもなり、本当にワクワクさせられます。
 
 
     □     □     □
 
 
食事を終えてから、エスカレーターで1階へ。

1階から最上階までが大きな吹き抜けになっている構造ですが、下から大きな音が聞こえてきます。エスカレーターを下におりながら、吹き抜けを見てみると、中央ホールは生演奏で大盛況でした。
 
ステージで演奏するバンドの皆さん
【写真:ステージで演奏するバンドの皆さん】
 
演奏を聞く人たちは最上階にまで!
【写真:演奏を聞く人たちは最上階にまで!】
 
写真を見ていただくとわかりますが、もう、「人」だらけです!
 
 
     □     □     □
 
 
2億4000万の人口をかかえるインドネシア。
きれいなモールも増え、モールにも人が増え・・・。

人々の給与も増え、また人々の消費額も増えています。モールに限ったことではありませんが、インドネシアが成長を続け、確実に次のステージに上がっていることは、街を歩いていると、容易に肌で感じられます。

本当にインドネシアは元気です!

この躍動感あふれる世界で、自分はどう貢献していくべきか・・・。
日々、街を歩きながら、たくさんの刺激を受けています!

アジアは昨日と今日が違う。あの頃のアジアは今のアジアではない。
アジアは昨日と今日が違う。あの頃のアジアは今のアジアではない・・・って、過剰表現だと思いますか? 「急成長するアジア」とか「激変するアジア...
アジアの激変「日本はジャカルタより物価が安い」インドネシアの会話
成長するアジア。アジアは激変しています。「日本はお金持ち。だけどアジアは貧しい」などという固定観念にとらわれていては、現実を見誤ることになり...
アジアの躍動|インドネシアの若者にみなぎる「未来へのワクワク」感覚!
インドネシア第二の都市「スラバヤ」に来ています。私の住むマランから90キロほど北に行った場所にあります。 インドネシアで生活をしている...
アジアの躍動を体感する|ワクワク感は、現地に行ってこそ味わえる!
私はインドネシアで生活をしていますが、生活する中でいつも感じるのは、躍動する「アジア」にたずさわることのワクワク感です。 先日スラバヤ...

サムスル
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
時の運と人の縁を極める日々の記録 】  渡邉 裕晃
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事










シェアしていただけると嬉しいです!

フォローする