インドネシアの大家族で2014年の新年会パーティー

シェアしていただけると嬉しいです!

先日、インドネシアの家族が集まり、
毎年恒例の新年会が開催されました。
私は父が日本人、母がインドネシア人ということもあり、
親戚たちの集まりは、日本だけでなく、インドネシアでも行われます。
インドネシアの場合には、
「家族」というと広範囲にとらえられることが多く、
親戚から、その派生へまで広がり、大人数になります。
特に、私たちの場合には、
曽祖父の創業した会社で家族がつながっていることもあり、
家族に近い元従業員なども含まれて、大人数になります。
というわけで、今回の新年会の集合写真がこちら。
(でも参加していない親族もたくさんいます)
 
集合写真(写りが悪いですが・・)
【写真:集合写真(写りが悪いですが・・)】


 
 
     □     □     □
 
 
私自身、幼少時からも、
こういう家族会には参加していたはずなのですが、
小さなものも含めると、
インドネシアでは、いろいろなパーティーがあります。
 
インドネシア家族
 
インドネシア家族
 
インドネシア家族
 
そのため、はたしてこの新年会に、
どの程度、参加した経験があるのかは、あまり記憶がありません。
 
 
     □     □     □
 
 
幼少の頃から可愛がってくれた、おじさま、おばさまたちと、
久しぶりに再会。
だんだん老化しているのを見るにつけ、
どうしても「時代の変遷」というものを痛感させられました・・・。
 
久しぶりの再会!
【写真:久しぶりの再会!】
 
でも、皆さんを見ていると、
「年老いた」というマイナスイメージよりも、
逆に、
「さらに円熟の度合いを増した」というプラスイメージに見えて、
とても頼もしい限りでした。
 
 
     □     □     □
 
 
そして、とても嬉しいことがありました。
それは、ステージの司会者のスピーチ。
「皆さん、毎年開催している家族会ですが、今回はなんと!」と言ってから、
「ほら、ひろあき。立って、立って!」と言われ、
「皆さん、ついに我々家族の第4世代も参加するようになりました!」と。
司会者が改めて私のことを、大勢いるみんなに紹介してくれたのです。
これは嬉しかったなぁ。
 
みんなで食事
【写真:みんなで食事】
 
 
     □     □     □
 
 
昨年9月からインドネシアで暮らすようになって、もうすぐ半年。
今回、新年会に参加して、いろいろな方々と会話をして、
やはり、こうした親族のつながりは貴重なものだなぁと改めて感じました。
 
インドネシア家族
インドネシア家族
そしてそれは、
きっと参加者の皆さんからしても、
似たような想いを感じているのではないかと思います。
 
 
     □     □     □
 
 
微力ながら、私も、
この大家族の「新世代」の一翼を担えたらと思います。
「家族の歴史をつなぐ」こと。
「世代をつなぐ」こと。
親から子へ、子から孫へ。
そして、遠くなっても、血のつながりで集まりあうということ。
これは、とても意味のあることなのだろうと確信します。
 
1955年当時の会社の新年会の写真(親戚家族が多いです)
【写真:1955年当時の会社の新年会の写真(親戚家族が多いです)】
 
 
     □     □     □
 
 
そして、特に私の場合には、
日本だけでなく、
インドネシアにおいても「家族」をもてることに幸せを実感。。
私自身も、何かをしなくては! と強烈に感じた一日でした。
 
家族をつなぐ会社の社歌。最後にみんなで歌いました
家族をつなぐ会社の社歌。最後にみんなで歌いました
【写真:家族をつなぐ会社の社歌。最後にみんなで歌いました】
 
 
サムスル
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
時の運と人の縁を極める日々の記録 】  渡邉 裕晃
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事




スポンサーリンク







シェアしていただけると嬉しいです!

フォローする

スポンサーリンク