カシータの特別パーティー「Casita aoyama Night Cruising Party」に参加

シェアしていただけると嬉しいです!

私の大好きなレストラン「カシータ」。
私が敬愛する知人のうち、なんと2名が
プロポーズの場所に使ったお店。
もう1名はウェディングで使いました。
かつてブログでお店紹介の記事を書きましたが、
その記事は、私のブログの中でも、
今だにアクセスの多いページになっています。
それほど人気のあるお店なのですね。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(参考:過去ブログ記事)
■2005年01月18日 「レストラン・カシータ」六本木(来月から青山)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
先日、そのカシータで、
「Casita aoyama Night Cruising Party」というものがありました。
お招きいただきまして、喜んで出席してきました。
 
カシータといえばシャンパン。ベイビーシャンパンでスタートです"
【写真:カシータといえばシャンパン。ベイビーシャンパンでスタートです】


私が最初にカシータを訪れたのは、
2004年の1月。
知り合いの社長さんから招待されて
訪問したのがきっかけでした。
それから、早いことに2年。
その後カシータは、六本木から青山に移転し、
麻布に二号店ができ、あっという間に成長してきたと思います。
私の会社サムスルでも、
六本木店で、新卒一期生の内定パーティーを行い、
青山店で、一期生の入社式を行い、
麻布店で、二期生の入社式を行ったという感じで、
とても思い出深いお店です。
特に一期生の入社式では、
オーナーの高橋さんに、直々にご講演までいただき、
とても印象深く思っています
 
カシータの和食カウンターにて。今でも伊藤さんかな?"
【写真:カシータの和食カウンターにて。今でも伊藤さんかな?】
 
今日は、久しぶりに開かれる大きなパーティー。
お招きを受けて、楽しみに出席してきました。
いつも混みあうので、
あえて早すぎるくらい早めに到着。
お店の方からも「早くいらして正解だと思いますよ」と。
だてに長く生きていないものでねぇ(笑)。
 
お客様の来場を心待ちにする料理人"
【写真:お客様の来場を心待ちにする料理人】
 
今宵は立食パーティー。
早めに食べないと・・・という思いもありました。
早めに到着して、
昔からおつきあいのある店員さんを中心に挨拶まわり。
まずは、ジェラルドさん。
 
昔から懇意にさせていただいている大阪人、ジェラルドさん"
【写真:昔から懇意にさせていただいている大阪人、ジェラルドさん】
 
大阪弁が達者な方で、とってもとっても頭の良い、
かつ、洗練された方です。
頭の回転が速く、お笑いセンスも見事。
日本語がうまく、
ワインの知識も豊富。
かつて、大阪でホテルのフレンチ部門を担当され、
その際、知識の吸収のために、
自腹でフレンチに通いつめて勉強したという、
まさに職人気質のジェラルドさんです。
こういう努力人、私はとっても大好きです。
さて、続いては、幹部と店長。
 
右から、店長の柳沼さん、私、元店長で経営幹部の山田さん"
【写真:右から、店長の柳沼さん、私、元店長で経営幹部の山田さん】
山田さんは、カシータの創業メンバーにして、初代の店長。
腰の低さと、内に秘めた上昇志向が際立っています。
もう昔の話になりますが、
お店が盛り上がっている時にも、危機意識を忘れないで格闘されていた姿が
とても印象的です。
(私自身が経営者なので、そういう話も、時々するのです)
現在店長をつとめる柳沼さんも、
私にとっては、本当に敬意の対象です。
土日を含めてほとんど休まず勤務されるストイックさには
脱帽です。
スタッフ教育や店舗運営の苦労話については、
意見交換と共に、意気投合するところも多いです。
 
柔らかさと味付けに驚いた、フィレとサーロイン"
【写真:柔らかさと味付けに驚いた、フィレとサーロイン】
 
立食なので、あまり写真を撮らなかったのですが、
このお肉料理には驚きました。
国産牛で、特に奇を衒うことなく、
普通に出てきたものなのですが、
いやぁ、びっくり。肉の柔らかさだけでなく、
タレのオリジナルなところ、お見事でした。
いくらでも出してくれたのですが、
一皿だけで、いっぱいいっぱいでした。
この他、本格的なチーズをまじえたパスタやサラダ。
お鮨やピラフなど、どれも美味の一品でした。
(立食なので限界はあり、やはりいつもの食事には勝てないですが)
当日は、カシータファンが集結し、
来場者は総勢で、なんと500名ほどになったようです!!
 
大盛況のカシータ。おそらく500人前後です!!"
【写真:大盛況のカシータ。おそらく500人前後です!!】
 
あまりに大人数になり、
足の踏み場も無い程になってしまったので、
私は先にお暇してしまいました。
カシータを見ていると、
元々のコンセプトの秀逸さはもとより、
常日頃の努力の蓄積ぶりには
頭が下がります。
やはり、一人一人が
個人的な利益を度外視して、
必死に頑張っていくということが、
非常に大事だと思うのです。
それができる人というのは、
本当に少数だと思います。
だからこそ、
カシータで長く働いている方々に対し、
私は本当に敬意をもっています。
いつまでも、元気に続いてほしいお店ですね。
行く度に、何らかの学びがあるお店でもあります。
そして、今までと同様に、
今後もたくさんの勉強をさせてほしいお店でもあります。
 
 
 
 
 2007年2月4日            渡邉 裕晃
 
 
サムスル
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
社長ブログ時の運と人の縁をきわめる日々の記録
───────────────────────
会社HP 】株式会社サムスルネット広告代理店
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事




スポンサーリンク







シェアしていただけると嬉しいです!

フォローする

スポンサーリンク