「竹慈庵なかだ」(東京・松濤)1001日間限定の侘び寂びフレンチ懐石

シェアしていただけると嬉しいです!

■おすすめの食事場所:(東京・松濤)
 1001日しか開けないという侘び寂びフレンチ懐石の隠れ家
 「竹慈庵なかだ
あぁ、あと642日しかない・・・
【写真:あぁ、あと642日しかない・・・】


このお店は、1001日間しか営業しません。
いつまでもあるよりは、
最高の状態で惜しまれて閉店する方が良いだろうということで、
アラビアンナイトの「千と一夜の物語」とひっかけたのだそうです。
 
枝豆のスフレ
【写真:枝豆のスフレ】
 
結論から言って、
 
期間限定だなんて、もったいない!!!
そんなお店でした。
 
ホワイトアスパラのサラダ
【写真:ホワイトアスパラのサラダ】
 
素晴らしい空間です。
初めてなのに、ゆったり落ち着いてしまう空間。
今回のお店は、完全紹介制なのですが、
憧れの大社長からお誘いいただいたのです。
9年前に初めてお目にかかった時、
なぜか、恐ろしい程のインパクトを受けて、
敬意で釘付けになり・・・、
 
レモンのリゾット
【写真:レモンのリゾット。器との色合わせが美しい。ご主人の粋が伝わる組み合わせ】
 
なぜか私がサムスルを創業するのとほぼ同じ時期に、
今の会社の実質的な社長に就任されたという、
何かの縁を感じずにはおれない業界一のグルメ社長。
(グルメというより食の求道者)
9年前の私にとっては、雲の上の存在。
けれども、なぜか気になって、
当時まだ学生だったものの、
ずっとアプローチさせていただいていました。
その後、海外にも連れて行っていただきましたが、
今回はこんなお食事にもお招きいただき、本当に幸せでございます・・・。
 
フォアグラのプラチナ漬け
【写真:フォアグラのプラチナ漬け。大大大びっくり!の味】
 
社長のブログを再読してみると、こんな一節を発見しました。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
美味しい店があるもんだ。食べ物の奥は深い。素晴らしい。
とりあえず帰りに予約を取った。
帰りに予約を入れるという暴挙に出たのは何年振りであろうか?
今は誰をお誘いするか楽しみである。
早く行かないと。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
私で良かったのでしょうか。
読み返すだに、感謝の念が倍増いたします。
 
ドライトマト入り花巻
【写真:ドライトマト入り花巻】
 
お店のしつらえも、空間も、
空気も、おもてなしも、器も、
そして、時間までもが、
すべてきれいに無理なく無駄なく違和感なく、
ゆったりと流れています。
都内某所に佇む一軒家は、
高級住宅街だけあって、静寂そのもの。
東京とは思えません。
 
トマト水 素麺
【写真:トマト水 素麺】
 
ゆっくりと流れるお酒、お食事、すべてお見事。
「本当に満足のいくお店がない。ならばつくっちゃえ」
そういうことでつくられたお店だそうです。
オーナーの方々には、ぜひいつかお目にかかりたいものです。
世界はすごいですなぁ・・・。
 
大間の鮪のカツ
【写真:大間の鮪のカツ】
 
元々フレンチのシェフをされていた方がつくられるだけあって、
ただの和食ではないことがすぐにわかります。
どの作品も、味だけではなく、
色に、かたちに、盛り付けに、
「おっ」と思わせるものがあります。
肉とソースと分量とで、ドカンと迫り、
「どうだっ」といわんばかりのフレンチには辟易とさせられる私にとって、
この空間でいただく、厳選された素材で、
とっても適量の、自然派作品は、
大ヒットです。
 
軍鶏肉団子
【写真:軍鶏肉団子】
  
最高級の日本酒「満寿泉」に1週間つけこんだフォアグラは、
正直「なんじゃこりゃー!」とびっくりの美味。
まいりました。「満寿泉」をいただきながら、一口一口・・・。
そうめんをいただくと、非常に香味さわやかな、
大自然を思い起こすようなトマトの風味が濃厚に・・・。
はて? と思ってお尋ねすると、
水のように透明なのに、
トマトをしっかりと使ってつくられたというおつゆ。
京料理の「と村」(赤坂見附)や「不老庵」(銀座)を思い出す美味です。
 
自家製XO醤丼・お吸い物・エチュベ
【写真:自家製XO醤丼・お吸い物・エチュベ。和食に「XO醤」ですよ!XO醤!】
 
7席しかない広いカウンターにすわり、
ただ「六四二日」と書かれた文字を見ながら
お料理をいただくとき、
えもいわれぬような、人生の期間限定性=「今」という美学を
痛烈に感じずにはいられません・・・。
いろいろなことに、感謝の念がほとばしります。
これが、お料理にひとつの味をそえていることは間違いありません。
侘び寂びフレンチ懐石、ここにあり。
 
桃と黒胡椒蜂蜜和え
【写真:桃と黒胡椒蜂蜜和え。こんな味付けの桃は初めてでした・・・。逸品です】
 
一期一会のはかなさと貴重さとを同時に感じることができる点で、
まさに、お茶室の会席なのでありました。
本当に誘いたい人だけを誘うべきお店です。
 
お抹茶
【写真:最後のお抹茶。一期一会を噛み締めます・・・】
 
 
あぁ、あぁ、あと639日しかない・・・。
 
 
 
 
■場所
住所:非公開(東京都渋谷区松涛の某所)
電話:非公開
備考:完全予約制
 
 
 
 
 2006年9月3日            渡邉 裕晃
 
■後日の追記
本ブログアップの後に、「竹慈庵なかだ」について、
別のブログ記事もアップしていますので、参考までにどうぞ。

(参考:samsul.comブログから)
 
■2006年12月23日up
 小山薫堂さんも絶賛した「竹慈庵なかだ」の「フォアグラのプラチナ漬け」
■2007年6月9日up
 自らに伝説をもって生きる(伝説の料理店「竹慈庵なかだ」から学ぶ)


サムスル
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
時の運と人の縁を極める日々の記録 】  渡邉 裕晃
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事




スポンサーリンク







シェアしていただけると嬉しいです!

フォローする

スポンサーリンク