ジャカルタの「カフェ・バタビア」は、過去を回顧し未来を見つめる空間!

シェアしていただけると嬉しいです!

家族を連れてのジャカルタ最初のランチ。
数年前から「いつか、ぜひ家族を連れて行きたい!」と願っていた、
オランダ時代のお気に入りレストランへ。

ジャカルタ北部にあるファタヒラー広場。

「コタ」地区とも呼ばれ、オランダ時代の市庁舎をはじめ、
当時のコロニアル建築が数多く残っている歴史的エリア。

その広場にある中心的なレストラン。
それが、「カフェ・バタビア」です。

カフェ・バタビア:オランダ時代を想起させるような雰囲気【写真:オランダ時代を想起させるような雰囲気】


     □     □     □

「行こうと思えば、いつでも行ける」という意味では
大したことないの目標かもしれません。

でも、私にとっては、実に数年来の目標の一つであっただけに、
「ついにこの日がやって来たか!」と思うと感慨深いです。

カフェ・バタビア:絵や写真の額縁が多いのも特徴。とにかくおしゃれです【写真:絵や写真の額縁が多いのも特徴。とにかくおしゃれです】

     □     □     □

小さな目標であっても、
一つずつ、じっくりと潰していく・・・。
その積み重ねからしか、明るい未来は開かれないのではないかなー、
なんてことまで考えさせられた、喜びの家族ランチでした。

なんともないレストランではあるのですが、
とにかく内装がおしゃれ。

「むかしは、こんな雰囲気だったのかな・・・」と、
オランダ時代を回顧することができ、
(もちろん為政者側の雰囲気でしか無いのですが)
純粋に、「休憩場所」としても、オススメの場所です。

     □     □     □

ただ、8歳の子供たちにとって、
ここでの体験がどれだけの意味をもたらしたかはわかりません。

オランダ時代の建物だよ・・・といろいろ話をすると、
8歳になったばかりの息子は言いました。

「そうか。ここがオランダ時代で、
このあとに、少しだけ日本の時代があって、
それからインドネシアの時代になったんだね」って。

もう、その程度でも良いんです。と私は思います。
歴史の片鱗を、肌で感じることができるだけでも充分だと。

カフェ・バタビア:当時の面影を残す「石畳の広場」を見ながら【写真:当時の面影を残す「石畳の広場」を見ながら】

     □     □     □

私が思うに、この「カフェ・バタビア」は、
来る人によって、異なる味わいを覚える場所ではないかなと。

昼にきても、夜にきても、
それぞれの魅力があって、
すこし値段が高いのが欠点ですが、
それでも私は大好きなレストランの一つ。

カフェ・バタビア:お酒も豊富です【写真:お酒も豊富です】

     □     □     □

やはり、歴史を感じることができるということは、
自らの来し方を振り返り、
先祖からの恩恵をありがたみをもって受け取りながら、
未来への想いをはせることができる・・・という意味で、
実に貴重な場所だと私は思います。

そこから家族の歴史に話題が行ったら、
子供は子供なりに思うところがあるんじゃないかなと。

ジャカルタに来た皆さんには、
積極的にオススメしているレストラン、
それがこの「カフェ・バタビア」です。


サムスル
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
時の運と人の縁を極める日々の記録 】  渡邉 裕晃
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ブログの更新情報のチェックは、こちらからどうぞ!
時の運と人の縁を極める日々の記録 Twitter: @_samsul
時の運と人の縁を極める日々の記録 Facebook: /samsulcom
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事










シェアしていただけると嬉しいです!

フォローする