ザ・ジョージアンクラブ|ミシュラン一つ星の名店が本日閉店の衝撃

シェアしていただけると嬉しいです!

私は、憧れのお店や、いつか行きたいお店については、手帳に書き込むようにしています。「いつか行ってみたいレストランリスト」です。それがたとえどんなに値段の高い店だったり、あるいは、どんなに敷居の高い店だったりしても、手帳に書き込むこと自体は、ただですからね(笑)。

その中に、「ザ・ジョージアンクラブ」というレストランがあります。
正確には、「ザ・ジョージアンクラブというレストランがありました」。

というのも、なんと本日、3月7日で閉店されてしまうのです!

■2008年3月閉店のお知らせ
ザ・ジョージアンクラブ


私は、実際に手で書くことで実現度が増すと考えているので、こんなリストをつくり、実際、これによって、行くことができたお店はいくつもあります。

それぞれに得るものがあり、感動があり、学習がありました。

「ザ・ジョージアンクラブ」。本日閉店。
う・・・ん、残念すぎます。行ってみたかった・・・。
 
 
     □     □     □
 
 
「ザ・ジョージアンクラブ」は、ミシュランで一つ星をとったお店で、にもかかわらず、いさぎよく閉店してしまうのは、逆にすごいことだと思います。ついぞ行くことができませんでしたが、写真で見る限り、内装も、外装も、そして立地についても、とんでもない環境にあります。

なにしろ、オーナーの意気込みがすごい。

ホームページから引用します。

とあるディレッタントの英国紳士が自分のタウンハウスを開放し
同好の志が集まるクラブを結成しました
その紳士の名は ジョン・ラッカム
そして クラブの名は ザ・ジョージアンクラブ
このような雰囲気を目指して建設された
イギリスジョージ王朝様式の建物とインテリアの
フランス料理レストランです
皆様のご来店を心よりお待ち申し上げております

ザ・ジョージアンクラブ 主人 吉村 隆郎


 
 
     □     □     □
 
 
そしてまた、冒頭で紹介した「2008年3月閉店のお知らせ」の記述を見て、このオーナーの、奥深さが、すさまじいくらいに伝わってきます。

40年前と言えば、私がまだ小学生の頃・・・
故郷大阪にある造幣局にある明治4年に建てられた日本最古の西洋建築の一つ
「泉布観」を前に「将来、こんな建物を建てたい・・」と夢を抱いた頃です。
「最高の時空で最高の料理を食す」ために
ザ・ジョージアンクラブ建設の構想を練り始めたのが今から20年以上前。
設計着手までに5年を費やし、また設計から竣工まで5年を要しました。
これだけの年月をかけることは、
単にレストラン経営をビジネスとして考えた場合、
論外だということはわかっております。
が、私は、多くの方々に、「本物」を知って頂きたいという信念で
時には息切れしそうになりながらも、今日まで突っ走ってきた気がします。

 
 
     □     □     □
 
 
この文章、経験した者にしか書けない、深みが感じられませんか?

このオーナーさんに、いつかお会いしてみたいと思いました。
だからこそ、余計に閉店は残念です・・・。

今度は、ひらまつさんがこの建物を継承され、
新たなレストランを展開されるそうです。

「オーベルジュ・ド・リル トーキョー」というお店で、
フランスで40年間も三ツ星を維持している「オーベルジュ・ド・リル」の日本版とのこと。


 
 
     □     □     □
 
 
人生の可能性とともに、
人生の限界をも感じさせるような、
とても不思議な感じがしました。

「ザ・ジョージアンクラブ」とオーナーさんの物語。
まだまだ、もっと深い魅力がありそうです。

久しぶりに、いたく感銘を受けた文章だったので、
ご紹介させていただきました。

あぁ、行ってみたかった・・・。
 
 
後日追記
このブログをアップしてしばらくしてから、オーナーの吉村隆郎様から直接メールをいただくことができました。これまた実に感銘を受ける内容でした・・・。
 
 
 2008年3月7日             渡邉 裕晃
 
 
サムスル
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
社長ブログ時の運と人の縁をきわめる日々の記録
────────────────────────────
会社HP 】株式会社サムスルネット広告代理店
【 1×1×1=100を創る「成長縁(R)」創出カンパニー 】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事










シェアしていただけると嬉しいです!

フォローする