プチレストランないとう|京都で味わう抜群の洋食、まさに割烹の世界!

シェアしていただけると嬉しいです!

今回ご紹介する京都の名店 「プチレストランないとう」。まさに洋食割烹とでも呼ぶべき逸品が勢ぞろいのお店です。優れた和食店がたくさん集まる京都の街にあって、抜群の洋食店。オススメですよ!

プチレストランないとう 入口の看板

京都と言えば和食ですよね。料亭や割烹に限らず、古い町屋の小さな店でも、京都の和食は、とてもおいしくいただけます。

河原町から先斗町の一帯や、南座から八坂神社にかけての祇園エリア、そこから北東へ、高台寺、ねねの道、そして清水寺・・・。「まさに京都!!」という雰囲気のお店がたくさん集います。

そんな和食の宝庫で、あえて洋食をいただくということ。
時間の使い方としてきわめて贅沢ですよね・・・。
(と言うか、もったいない)

でも、「京都だからこそ洋食なんですよ」と言ってしまいたくなるような、本当においしい洋食店が、こちらの「プチレストランないとう」です。

「プチレストランないとう」は、柳馬場通りを京都御所に向かって北上すると見えてきます。目立たないところにあるので、探すのが大変です。

でも、町並みの美しさゆえ、歩いて道に迷っても、普通の疲れではなく、心地よい疲れであるところが、さらなる食欲を誘います。

プチレストランないとう 入口部分

ここが入口部分。のれんをくぐります。

プチレストランないとう アプローチ

京都らしいですよね、このアプローチ。
一歩一歩と進んでいくごとに、期待が高ぶります。
奥にある家の扉をあければ、「プチレストラン・ないとう」です。

プチレストランないとう 調理中のご主人
【写真:店内のご主人と、右には坪庭。包丁を立てての調理手さばきが美しい】

プチレストランないとう 前菜

前菜ならぬ前肉?
これを出されたら、お酒を頼まずにはいられません。
ビールかシャンパンがベストでしょう。

そして、これを一口いただくと、誰もが
「これから出てくるお料理は、とんでもない味であるに違いない!!」と
強い確信を抱くことになるのです。

「本格店」宣言のようなものですね。

プチレストランないとう ロースカツ定食
【写真:ないとうの看板商品、ロースカツ定食】

普通の店で出てくるロースカツとは、レベルが断然違います。

プチレストランないとう ハンバーグ定食
【写真:ハンバーグ定食】

これも、びっくり。
きっと下ごしらえが大変なのではないでしょうか。
こんなハンバーグは、なかなか味わえません。
舌触りも独特なのです。

プチレストランないとう 坪庭

カウンター脇にある坪庭。
割烹のようなカウンターに、この坪庭。
洋食店であることを忘れさせます。

夏でも涼しさを与えてくれます。
坪庭への窓が開いているのに冷房がきいていました。
心地よい涼しさは、庭からの風かと思っていたら、
実は冷房でした。でもさわやかな風。

冷房の風を自然の風と錯覚させてしまうのも、
この坪庭と店内の美しさゆえなのかもしれません。

さて、お会計。
びっくりのお値段です。

高くてびっくりではなく、安くてびっくりなのです。
2倍の値段を払っても満足する方はたくさんいるはずです。

京都に行かれた際には、ぜひおすすめの一店です。
夕食時間帯には、魅惑のメニュー「おすすめ」があるそうです。

洋食で「おすすめ」・・・、なんと魅力的なのでしょう。
ランチで定食をいただけば、その期待度は倍増するはずです。

「プチレストラン・ないとう」は、気軽だけど一流の、まさに「京都だからこその洋食店」なのです。

■住所
京都市中京区柳馬場夷川上ル西側
(TEL:075-211-3900)

 
 
 渡邉 裕晃
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
社長ブログ時の運と人の縁をきわめる日々の記録
─────────────────────────
会社HP 】株式会社サムスルネット広告代理店
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事










シェアしていただけると嬉しいです!

フォローする