「山本屋総本家」あの名古屋名物、味噌煮込みうどんの本格派を東京で!!(東京・浅草雷門)

シェアしていただけると嬉しいです!

■おすすめの食事場所:東京・浅草雷門
 あの名古屋名物、味噌煮込みうどんの本格派を東京で!!
 「山本屋総本家」
 http://www.yamamotoya.co.jp
 
午後3時近くなのに、まだ行列です・・・"
【写真:午後3時近くなのに、まだ行列です・・・】


名古屋の名物と言えば、味噌煮込みうどん!
名古屋に行く時には、いつも食べたくなる逸品です。
(そんなに行く機会は無いのですが)
そして、味噌煮込みうどんと言えば、
山本屋総本家さん。
特徴があって、なかなか忘れられない味です。
 
魅惑的な、お品書き"
【写真:魅惑的な、お品書き】
 
私は、味噌煮込みうどんが好きです。
「どうして名古屋に行かないと食べられないのだろう?」
ふとそう思って、ネット検索してみたところ、
なんと東京にもあるではないですか!
その1時間後、すでに私はお店に並んでおりました(笑)
 
 
     □     □     □
 
 
東京エリアでは、
浅草雷門と秋葉原(神田和泉町)、合計2店が展開されています。
今回行ってみたのは、浅草雷門店です。
外に並ぶこと30分。
冷え混んだ体で中に入ると、
あちらこちらで、うどんをすする音。
そして、店内に漂う、味噌の風味と、
暖かな香り・・・。
席に着くなり、お酒を頼み、
味噌煮込みうどんの到着を待ちます。
 
 
     □     □     □
 
 
隣のテーブルでは、仲の良さそうなご夫婦が、
一心不乱に味わっています。
また別のテーブルでは、
女子中学生と思われる4人。
なんと全員が、味噌煮込みうどんの大盛りを注文!!
みなさん、味噌煮込みファンなのでしょう。
すごい勢いです。
頼んだお酒を、ほぼ飲み干した頃(笑)
さて、到着いたしました。
 
運ばれてまいりました!"
【写真:運ばれてまいりました!】
 
期待たっぷり!
蓋をあけてみます。
蓋にご注目。
穴があいていません。
 
少しあけてみると・・・"
【写真:少しあけてみると・・・】
そう、これは単なる蓋ではなく、
これを小皿代わりに使ってうどんを食べるのですね。
山本屋さん特注の鍋なのです。
さぁ、姿を現しました!
 
これぞ名古屋、山本屋総本家の逸品。味噌煮込みうどん!"
【写真:これぞ名古屋、山本屋総本家の逸品。味噌煮込みうどん!】
 
湯気と香りが、ふわぁっと漂います。
食べる前から至福の瞬間(笑)。
ここの味噌煮込みうどんは、
うどんが、あたかも半生のような、
芯の硬さが特徴です
(名古屋で出てくる味噌煮込みうどんは、どこも共通のようですが)。
それがまた、この特別で独特かつ濃厚な味噌味と、
本当にうまく合っているのです。
そして、欠かせないのが、半ライス。
お酒もどんどん進みます。
 
 
     □     □     □
 
 
あぁ、名古屋に行かずに味わえるだなんて・・・。
素晴らしき、日本の味。
名古屋に行ったらいつも食べる!という方は、ぜひ。
また、まだの方は、ぜひ一度、食べてみてください。
最初、あれっ?と思う人もいるかもしれませんが、
きっと、すぐにファンになってしまうに違いありません。
結構並ぶので、私のおすすめは、ランチ。
ゆっくり並んで、お酒つきで食事して、
その後、ほろ酔い気分で、
近くにある浅草寺界隈を散歩するのが、良いと思います。
ぜひお試しあれ。
 
 
■場所
住所:東京都台東区雷門1-15-9
電話:03-5806-0880
営業時間:11:30?15:00、17:30?21:30 (21:00 オーダーストップ)
定休日:月曜日(祝日の月曜日は営業)
 
 
 
 
 2007年2月2日            渡邉 裕晃
 
 
サムスル
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
社長ブログ時の運と人の縁をきわめる日々の記録
───────────────────────
会社HP 】株式会社サムスルネット広告代理店
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事




スポンサーリンク







シェアしていただけると嬉しいです!

フォローする

スポンサーリンク