きれい好きと料理の味は比例する?清潔好きな夫婦が営む東ジャワのローカル食堂「ソト・アヤム」の絶品!

シェアしていただけると嬉しいです!

先日、インドネシア・東ジャワにある地元のマラン(Malang)の役所で申請をする用事があって、待合室で待っていた時のこと。「まだかな・・・」と思っていたら、なんと「昼休みタイム」に突入。1時間ほど窓口業務が閉まってしまうのです。

また1時間近くも待たなくてはいけないわけですが、さすがに現地在住5年目ともなると、「えーっ」という感情がわくことはなく、「わお!どんな楽しい1時間になるんだろう?」って、ワクワクしちゃうんですよ。

はからずも与えられた時間。それこそ奇跡の時間。この1時間で、どんなに楽しいことがあるんだろう? どんな発見が得られるんだろう? って。

役所の外に出て、ランチ場所を探してみました。そこでふらっと訪れた店がこちら。ズバリ正解でした。ローカル中のローカル店。いやぁ、おいしかった!

スポンサーリンク

インドネシアのローカル食堂、試したことはありますか?

インドネシアのローカル店には、いろいろなお店がありますが、日本の基準に照らすと衛生的に「?」というお店が多いことは事実。でも、今回なんとなく入ってみたこのお店。注文したあとに気づいたのですが、やたらと清潔なのです。びっくりしました。

ここは、こじんまりとしたお店で、カウンターが5席。テーブルが2つという大衆食堂。

ざっとメニューを見てから店員を呼んで、ローカルフードの定番「ソト・アヤム」を注文。インドネシア名物、鶏肉のスープかけご飯。店によって微妙に味付けが異なるので、いつも楽しみなんですよ。

しばらく待っていたのですが、「あれ?」と思ったのが店員さんの動き。とても狭いお店なので、ご主人が調理をして、奥様がお店の給仕と清掃を。

この奥様が、これまた実にきれい好きなのです。どう見ても「きれい好き」。今までいろいろなローカル店に行きましたが、もうそれこそ「この人は潔癖症なの?」って思ってしまうくらいに清潔好きで。見ているだけで明らかにわかるんです。

お客様が帰られると、お皿やグラスを片付けるわけですが、その後の清掃がすごい。消毒のスプレーを入念にかけて、何度も何度もテーブルを磨いて・・・。写真を見てもわかりますよね、テーブルクロスがピシッとしているところとか。

これは、すごいこだわりだな・・・と思って、改めて店内を見回してみると、やはり数あるローカル店の中でも群を抜いてきれいなんですよ。「きれい」というのは施設が贅沢という意味ではなくて、よくある質素なローカル店なのに、やたらとメンテされているという・・・。調理場を見ても、本当にきれいで。きっとこのご夫婦、ご自宅もピカピカなんだろうなと。

あぁ、そうか。清潔にしたいという潔癖症にも近い心持ちは、どこまでもおいしさを追求したいという気持ちと比例するんだなと。

清潔なお店って、それだけでも素晴らしいんだなと再発見

本当にのんびりした時間の中で、質素な中にあっても清潔に保たれたお店。若いご夫婦が始めたばかりと思われるお店。テーブルに並んでいる調味料も、本当にきれいに清潔に保たれていて。

こんなに清潔なローカル店は珍しく、ぜひいつまでも長く続いてほしいな・・・と。いただいた「ソト・アヤム」も絶品でした。これだけきれい好きであれば、この味も「なるほど」という感じです。こんな場所にこんなお店があったとは・・・。

役所で順番待ちをしていて、いきなり与えられた待ち時間。たしかに「ふざけんな!」とイライラするのもいいですが、でも、こんな素敵な経験がすぐそばにあるかもしれないんですよね・・・って思うと、こういうことがあっても私はイライラしなくなりました。日本で暮らしていると、なかなか味わえない感覚かもしれません。

今日も神様ありがとう。心から素直に思えるんです。

サムスル
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
時の運と人の縁を極める日々の記録 】  渡邉 裕晃
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ブログの更新情報のチェックは、こちらからどうぞ!

時の運と人の縁を極める日々の記録 Twitter: @_samsul
時の運と人の縁を極める日々の記録 Facebook: /samsulcom
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事




スポンサーリンク







シェアしていただけると嬉しいです!

フォローする

スポンサーリンク