インドネシア名物ラウォン|東ジャワのマラン空港、食堂街で味わう!

シェアしていただけると嬉しいです!

今回ご紹介するのは、インドネシア名物ラウォン。特に東ジャワでは有名な存在。今回は東ジャワにあるマラン空港の食堂街で味わってきました。

先日、日本に一時帰国した際は、毎日が日本食。それはそれで、なかなか贅沢な時間ではあったのですが・・・、自宅のあるインドネシアのマランに戻ってから、私が真っ先に駆け込んだのは、空港にある現地の大衆食堂でした。

「インドネシア料理ラブ!」な私にとって、1週間ずーっと日本食・・・という生活・・・。
私の体は、インドネシア料理を恋しく思うようになっていたのです。

というわけで、今回ブログでご紹介するのは、私が空港に着くなり、すぐさま注文した東ジャワの名物料理、「ナシ・ラウォン」です。

インドネシア名物料理「ナシ・ラウォン」を東ジャワのマラン空港で楽しむ!【写真:インドネシア名物料理「ナシ・ラウォン」!!】


     □     □     □

ジャカルタから飛行機に乗って、マランの空港に到着!

インドネシア名物料理「ナシ・ラウォン」を東ジャワのマラン空港で楽しむ!【写真:ガルーダ・インドネシア航空に乗って1時間半!】

空港を出て、すぐに隣の大衆食堂に向かいます。

今回頼んだ「ナシ・ラウォン」は、牛肉のスープかけご飯。牛肉を煮込んだ真っ黒なスープが特徴でインドネシア名物として、とても有名です。

食堂に入って注文し、数分後に出てきましたよ、ナシ・ラウォン。

インドネシア名物料理「ナシ・ラウォン」を東ジャワのマラン空港で楽しむ!【写真:真っ黒なスープ。見た目は悪い?・・・けど絶品なのです】

たった一口を味わうだけで、もう何とも言えない、たまらない美味でした・・・。
これこそ、インドネシアの味!という感じ。
ほっと一息。とっても落ち着けました・・・。

それこそ、昔ながらの味噌汁を久しぶりに味わって、「やっぱり味噌汁が一番だよな・・・」と、ふと感慨にふけるような、そんな感覚ですらありました。

     □     □     □

インドネシアに来る機会があれば、ぜひ「ナシ・ラウォン」は試してほしい一品。

日本にも、インドネシア料理店はありますが、インドネシアで味わうインドネシア料理とは味が違うのです。特に東ジャワのマランは、おいしいお店が多く、あまりハズレに出会った経験がありません。

ジャカルタやスラバヤ、バリとは異なり、とても涼しい環境で、空気もおいしく、環境抜群。
マランは本当に最高の環境ですよ・・・。

インドネシア名物料理「ナシ・ラウォン」を東ジャワのマラン空港で楽しむ!【写真:マラン空港の到着ターミナルは、こんなに素朴な雰囲気なんです】

     □     □     □

日本で味わう日本料理も良いけれど、インドネシア、とりわけマランで味わうインドネシア料理もまたとっても格別。

涼しい風にふかれながら、ゆったりとした環境で久しぶりに味わう「ナシ・ラウォン」は、もう、幸せのひとときでした・・・。

ぜひお試しいただいたい一品です。

(参考:samsul.comブログから)
 
■2015年7月2日up
 スラバヤの名店「ラウォン・セタン」で堪能!牛肉のスープご飯「ナシ・ラウォン」

サムスル
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
時の運と人の縁を極める日々の記録 】  渡邉 裕晃
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ブログの更新情報のチェックは、こちらからどうぞ!
時の運と人の縁を極める日々の記録 Twitter: @_samsul
時の運と人の縁を極める日々の記録 Facebook: /samsulcom
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事










シェアしていただけると嬉しいです!

フォローする