名店「ラウォン・セタン」東ジャワ名物のラウォンをスラバヤで堪能!

シェアしていただけると嬉しいです!

インドネシア名物、牛肉のスープご飯「ナシ・ラウォン」(Nasi Rawon)。今回は、インドネシア第2の都市、スラバヤにある「ナシ・ラウォン」の名店、「ラウォン・セタン」をご紹介します。

インドネシア名物というよりは、「東ジャワ名物」と呼ぶべき逸品ですが、インドネシアの首都ジャカルタやスラバヤなど、ジャワ島では広範囲で食べることのできる定番メニューです。

「ラウォン」は牛肉を煮込んだ真っ黒なスープが特徴で、私の大好物。「ナシ」はご飯のことです。この写真どうですか? たしかに「見た目」は悪いかもしれません・・・。
(一応これでも、手を付ける前の写真です)

でも、「見た目が悪くても、とんでもない美味!!」というのが、インドネシア料理にはたくさんあるんです。

「ラウォン・セタン」で食べる「ナシ・ラウォン」
【写真:「ラウォン・セタン」で食べる「ナシ・ラウォン」】

□     □     □

私がスラバヤに来る度、足繁く通うのがこのお店。店の名前は「ラウォン・セタン」(Rawon Setan)で、日本語にすると「悪魔のラウォン」です。

スラバヤにあるラウォンの名店の一つで、先日の短期滞在中にも2日に1回のペースで通いました。

高級店ではなく、地元の庶民が集うお店です。

レジで会計をする度に、「あんた、インドネシア語うまいわね。どこの人?」と聞かれます・・・。レジは店のお母さんだったり娘さんだったりマチマチなのですが、一向に顔を覚えてくれません(泣)

□     □     □

メニューは、この「ラウォン」1点のみ。

スープの他に、白いご飯も付いてくるのですが、「チャンプル」(スープの中にご飯が入っている)か、「ピサ」(スープと白いご飯と別々の皿に)」か、選択することができます。

これは「チャンプル」の写真です。

「ラウォン・セタン」で食べる「ナシ・ラウォン」
【写真:「ラウォン・セタン」で食べる「ナシ・ラウォン」(もう少しきれいな?盛り付け例)】

「ピサ」の方が量が多く、少し値段が高くなります。
でも、飲み物を付けて頼んだ場合でも、「チャンプル」「ピサ」いずれも200円から300円程度。

いくつかの種類の揚げ物などが入ったお皿も出てきますが、これは「食べた分だけ払う」という仕組みです。
(会計の時の自己申告制)

一緒に出てくる揚げ物おかずセット
【写真:一緒に出てくる揚げ物おかずセット】

□     □     □

このラウォン。朝食でも昼食でも、また夕食でもおススメなのですが、私の一番のおススメは、これを飲んだ後のシメで食べるという方法です。

スラバヤにはラウォンの名店がいくつかあるのですが、なぜ私がこの店に来るかと言うと、徒歩圏内にバーがいくつかあるからです。「酒飲み」にとっては大事なポイントですよね。

□     □     □

夕飯で人と会う場合、私は会話を優先するので食事は控えます。

元々「少食」なので、あまり食べないのですが、
(イスラムの断食の時期であるラマダンでは、みんな昼食を抜くのですが、
私は日頃から昼食を抜いても特に問題なしです)

夕食を共にする場合は、
人と会話をする大事な時間なので、食事はさらに減らします。

□     □     □

その後、当然、お腹がすいてくるわけですが、
夕食会という戦闘モードの休憩および反省も兼ねて、
シメの食事にピッタリなのが、このラウォンなのです。

「ラウォン・セタン」で食べる「ナシ・ラウォン」
【写真:先ほどの「ナシ・ラウォン」写真にさらに接近!】

同じテーブルのお兄ちゃんが話しかけてきたり・・・と、
とても庶民的なお店。

日本基準からすると「小ぎたないお店」かもしれず、
日本の知人に紹介したら、
「お腹こわしそうだから、やめる」と言われた店。

それでも私はこの店のラウォンが大好きです。
一人でも行きます。

□     □     □

スラバヤの某お金持ち家族からも、
「あなた、あんなお店で食べちゃダメよ。健康に悪いわよ」なんて言われました。

でも行きます。
一人でも行きます、飲んだ後で。

ちなみに私はここでお腹をこわしたことは一度もありません。

スラバヤでおススメしたいB級グルメのお店。
スラバヤのマリオットホテルの目の前にあります。

大通り沿いにありますが、少しわかりにくいかもしれません。
でも、タクシーの運転手なら、誰でもわかります。

ぜひ一度お試しあれ。飲んだ後におススメです。

(参考:samsul.comブログから)
 
■2018年4月1日up
 東ジャワ料理の名物「ナシ・ラウォン」ならスラバヤの「ラウォン・セタン」へGo!!

■2016年5月8日up
 インドネシア名物料理「ナシ・ラウォン」を東ジャワのマラン空港で楽しむ!

■2016年6月5日up
 東ジャワの高速道サービスエリアで味わう「ナシ・ラウォン」

■2017年9月18日up
 スラバヤのバスターミナル食堂街で、東ジャワ名物「ナシ・ラウォン」を味わう

サムスル
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
時の運と人の縁を極める日々の記録 】  渡邉 裕晃
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事










シェアしていただけると嬉しいです!

フォローする