ソトアヤム・ラモンガン|スラバヤ大衆食堂(ワルン)でいただく絶品!

シェアしていただけると嬉しいです!

インドネシア第2の都市、スラバヤ(Surabaya)で見つけたローカルのソト・アヤム専門店に行ってきました。インドネシア名物、鶏肉のスープかけご飯。この一品だけで勝負をしているお店。絶品です!

メニューは無くて、注文できるのはソト・アヤムのみ。この店は、インドネシア語で「ワルン」と呼ばれる、大衆向けの「食堂」です。私はソト・アヤムが大好きで、インドネシアのあちらこちらで食べて回っているのですが、このスラバヤのお店、ズバリ「アタリ!」でしたよ!

スラバヤでローカルグルメにチャレンジしたいという方には、ぜひおすすめです。




インドネシアのローカルグルメ、ソトアヤムとは?

スラバヤ ソトアヤム Soto Ayam Lamongan Cak Har【写真:鶏肉のスープかけご飯「ソトアヤム」】

ソトアヤムはインドネシアの定番料理。スパイスを使った鶏肉のスープかけご飯で、まさに庶民の味。濃厚なスープとごはんをあわせて食べるのですが、これまたハマると忘れられない味になります。インドネシアグルメの逸品で、定期的に食べたくなってしまう味わいなのです。

今回ご紹介するお店の名前は、ちょっと長めで「Soto Ayam Lamongan Cak Har」。スラバヤの西部に「ラモガン」(Lamongan)というエリアがあるのですが、「Soto Ayam Lamongan」という名は、いわば、「ソト・アヤム、ラモンガンエリア風」という感じです。

スラバヤのローカルグルメ、お店の雰囲気は?

お店は、スラバヤ東部。ちょっとゴミゴミした雰囲気の場所にありますが、お店の外観はこの通り。ずばりローカルのお店です。

スラバヤの「ソト・アヤム」専門店「Soto Ayam Lamongan Cak Har」【写真:店の入口】

車を止めて、中に進んでいきます・・・。

スラバヤの「ソト・アヤム」専門店「Soto Ayam Lamongan Cak Har」

店内の雰囲気は、こんな感じ。ローカルの人たちしか来ないようなお店です。

スラバヤの「ソト・アヤム」専門店「Soto Ayam Lamongan Cak Har」

スラバヤの「ソト・アヤム」専門店「Soto Ayam Lamongan Cak Har」

でもこういうお店の方が、きれいなホテルやレストランで食べるよりも、よほどおいしかったりするんですよね・・・。

ソトアヤムの頼み方:「チャンプル」か「ピサッ」から選択

ソトアヤムは、基本的には2種類。すでにご飯とスープが混ざっている「チャンプル」と、あえて分けてある「ピサッ」とで選択できるのですが、私はいつも「チャンプル」で。

一口いただいただけでもすぐにわかる、とっても濃厚なのに、とってもまろやかな。不思議な味わいのスープでした。肉の柔らかさにも驚き!ご飯との相性も抜群で、 久しぶりのヒットです。

スラバヤ ソトアヤム専門店 Soto Ayam Lamongan Cak Har

インドネシアの「ローカル食堂」ならではの雰囲気が

私の息子は「ソト・アヤム」大好き人間で、食べるたびに他店との違いをコメントしてくれるのですが、このお店のソトは「今まで食べてきた中でもトップクラスに入る味だ」と言っていました・・・。写真は寝起きで、表情が固いですが。

スラバヤの「ソト・アヤム」専門店「Soto Ayam Lamongan Cak Har」

ただ、とてもローカルなお店なので、清潔好きな方には「えっ?」となるかもしれません。

といっても料理がダメというのではなくて、テーブルが汚れているとか、イスがきちんと並んでいないとか。まぁ、よくあるローカルのレベルではあります。

ちなみに Youtubeでも、このお店を紹介している3分映像がありました。参考までに貼り付けておきます。お店の雰囲気がつかめるんじゃないかな・・・と。

スラバヤの絶品ソトアヤム、お店の場所は?

「スラバヤでローカルグルメにチャレンジしたい!!」という方には、ぜひおすすめしたいお店ですが、場所について説明します。スラバヤの中心部から少し外れた場所にありますが、タクシーでもゴジェック(バイクタクシー)でも簡単に行くことができます。

お店の場所はスラバヤ中心部から少し東!!

今回ご紹介したソトアヤムのお店の場所は、こちらです。

■住所:Jl. Arief Rachman Hakim, Keputih, Sukolilo, Kota SBY, Jawa Timur 60111

スラバヤ中心駅のグベン駅からは?

位置関係がわかりやすいように、スラバヤのグベン駅(Gubeng)からの道のりを示すと、このとおりです。

同じ店名のソトアヤム店が近くにある!!

ちなみに南西に1キロほど行ったところにも、ほぼ同じ名前のお店「Soto Lamongan Cak Har」があります。おそらく同じ系列店でしょうか・・・。住所は「Jl. Dr. Ir. H. Soekarno No.220」で、もっと規模の大きなソトアヤムのお店です。今度ぜひ行ってみたいと思います。

【参考】ソトアヤムに関連するブログ記事

私はソトアヤムが大好きで、今までにもたくさんのブログを書いてきました。こちらもぜひどうぞ。

(参考:samsul.comブログから)
 
■2017年4月11日up
 ジャワにある庶民向けの食堂でインドネシア名物「ソト・アヤム」ランチ!

■2017年4月2日up
 ジャカルタ・ブロックMの朝市でいただく屋台料理「ソト・アヤム」の絶品!

■2017年1月28日up
 ワルンと呼ばれるインドネシアの大衆食堂、手軽に美味が味わえる幸せ

■2017年1月20日up
 ふと立ち寄ってみたジャワの大衆食堂「ソト・アヤム」の美味に悶絶!

■2016年6月15日up
 東ジャワの高速道サービスエリアで味わう「ソト・アヤム」

■2016年6月9日up
 インドネシアのイスラム断食1日目に大衆食堂でいただいた「ソト・アヤム」

■2016年1月27日up
 東ジャワの朝の市場、屋台で「ソトダギン」を食べたら、とんでもない美味でびっくり!

■2016年5月1日up
 ジャワの屋台で気軽に食べる、牛肉スープご飯「ソトダギン」の幸せ

サムスル
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
時の運と人の縁を極める日々の記録 】  渡邉 裕晃
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ブログの更新情報のチェックは、こちらからどうぞ!

時の運と人の縁を極める日々の記録 Twitter: @_samsul
時の運と人の縁を極める日々の記録 Facebook: /samsulcom
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事










シェアしていただけると嬉しいです!

フォローする