東ジャワのマランで安心して絶品「ソト・アヤム」が食べられるローカル専門店「Soto Ayam Lamongan Mitra」

シェアしていただけると嬉しいです!

私が住んでいるのはインドネシアの東ジャワにある「マラン」という都市。東ジャワ州で2番目の大きな都市で、オランダ占領期にはオランダ人避暑地として知られていました。

今回は、私が暮らす地元の大衆食堂をご紹介。ここはインドネシア名物「ソト・アヤム」一品だけで勝負をしているローカル店。「ミトラ」(Mita)という名前の店で、「パートナーシップ」とか「連携」を意味するインドネシア語です。

「ソト・アヤム」は、今までブログで何度も紹介してきましたが、様々なスパイスを使って作られる鶏肉のスープ。これにご飯を入れたり、あるいは別皿で添えたりしていただきます。庶民に愛される根強い人気の一品です。

東ジャワのマランで安心して絶品「ソト・アヤム」が食べられるローカル専門店「Soto Ayam Lamongan Mitra」【写真:ローカル感ただよう「Mitra」の入口】

     □     □     □

私は「ソト・アヤム」が大好きで、いろいろなお店で試してきましたが、この「Mitra」は安いのにおいしくて、店もそこそこに清潔で・・・。家から近いこともあり、折に触れて訪れています。

このお店を知ったきっかけは、地元の大学の先生から教えてくれたこと。「ソト・アヤム」のおいしい店を紹介してくれとお願いしたら、このお店に連れて行ってくれたのです。

外見からして、ごくごく普通の店。小さな普通のお店です。実際のところ、どうなんだろう? って、疑いの目で食べてみたら、なんという美味・・・。 紅茶とセットで約180円です。

東ジャワのマランで安心して絶品「ソト・アヤム」が食べられるローカル専門店「Soto Ayam Lamongan Mitra」【写真:絶品の「ソト・アヤム」!】

東ジャワのマランで安心して絶品「ソト・アヤム」が食べられるローカル専門店「Soto Ayam Lamongan Mitra」【写真:欠かせない辛味「サンバル・ソース」】

     □     □     □

ローカル店なので、日本のレストランに慣れてしまった人からすれば、ちょっと不衛生?と思うかもしれません。でも「慣れ」です(笑) そして、この味わいを知ったら、もう気にならなくなりますよ。

欠点は、駐車場スペースが3台分くらいしかないこと。基本的に車で移動するのですが、食べに行こうと思って、店内に空席があるのに車が止められない・・・なんてこともあるのです。

東ジャワのマランで安心して絶品「ソト・アヤム」が食べられるローカル専門店「Soto Ayam Lamongan Mitra」【写真:お店の看板】

また、ある時「Mitra」で食べていたら、「あれ? 味が変わった?」と感じたことがありました。おいしいことはおいしいんだけど、前ほどではないな・・・って。

帰り際に、駐車場を管理するおじさんから言われてわかったのですが「いつもの主人が病気でね・・・。今日はスタッフが作っているんだよ」って。そうか、主人じゃなきゃ、あの味は出せないんだな、と。

     □     □     □

私はローカルなお店が大好きで、それというのもホテルや高級レストランで出されるものより、よほどおいしいケースがあるからです。しかもこの「Mitra」。おいしくいただけるのに、わずか180円ですよ・・・。

東ジャワのマランで安心して絶品「ソト・アヤム」が食べられるローカル専門店「Soto Ayam Lamongan Mitra」【写真:店内に掲げられたメニュー】

1つ目の「Nasi Soto Istimewa」は、「ソトアヤムスペシャル」という意味で、通常版より肉が加わります。砂肝のような感じです。

2つ目の「Nasi Soto Biasa」は、普通のソト・アヤム。

3つ目の「Nasi Putih」は、白いご飯。スープとご飯を混ぜるのではなく、スープとご飯を別皿で食べたいという人向きに。

最後の4つ目「Krupuk」は、えびせんのようなもの。ソト・アヤムと一緒に食べると相性が良いです。

     □     □     □

店内は落ち着ける環境で、お客様はローカルの人たちだけ。あくせくしたスタッフがいるわけでもなく、あくせくしたお客さんがいるわけでもなく、とってもなごやかな雰囲気でいただく「ソト・アヤム」・・・、至福の味わいです。

これからも、私は通い続けるでしょう。マランに何泊かされる方は、ぜひ。

■住所:Jl. Brigjend Slamet Riadi No.43, Oro-oro Dowo, Klojen, Kota Malang, Jawa Timur 65119

(参考:samsul.comブログから)
 
■2017年9月24日up
 スラバヤの「ソト・アヤム」専門店「Soto Ayam Lamongan Cak Har」

■2017年4月11日up
 ジャワにある庶民向けの食堂でインドネシア名物「ソト・アヤム」ランチ!

■2017年4月2日up
 ジャカルタ・ブロックMの朝市でいただく屋台料理「ソト・アヤム」の絶品!

■2017年1月28日up
 ワルンと呼ばれるインドネシアの大衆食堂、手軽に美味が味わえる幸せ

■2017年1月20日up
 ふと立ち寄ってみたジャワの大衆食堂「ソト・アヤム」の美味に悶絶!

■2016年6月15日up
 東ジャワの高速道サービスエリアで味わう「ソト・アヤム」

■2016年6月9日up
 インドネシアのイスラム断食1日目に大衆食堂でいただいた「ソト・アヤム」

■2016年1月27日up
 東ジャワの朝の市場、屋台で「ソトダギン」を食べたら、とんでもない美味でびっくり!

■2016年5月1日up
 ジャワの屋台で気軽に食べる、牛肉スープご飯「ソトダギン」の幸せ

サムスル
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
時の運と人の縁を極める日々の記録 】  渡邉 裕晃
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ブログの更新情報のチェックは、こちらからどうぞ!

時の運と人の縁を極める日々の記録 Twitter: @_samsul
時の運と人の縁を極める日々の記録 Facebook: /samsulcom
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事




スポンサーリンク







シェアしていただけると嬉しいです!

フォローする

スポンサーリンク