東ジャワの朝の市場、屋台で「ソトダギン」を食べたら、とんでもない美味でびっくり!

シェアしていただけると嬉しいです!

インドネシア名物の一つに「ソトアヤム」があります。
スパイスを使った鶏肉(アヤム)のスープで、
そこにご飯を入れて食べると、
これまた、たまらない美味なのです。
屋台でも味わえる、インドネシア庶民の定番料理。
そして、その牛肉バージョンが、「ソトダギン」。
先日、庶民が集う地元の市場に行った時、
久しぶりに屋台で食べてみました。こんな感じです。

インドネシア名物「ソトダギン」


     □     □     □
「おいしいものを食べに行くぞ!」と気負って行ったわけではなく、
ちょうど朝食を食べ損なったので、あいた20分で食べてしまおうと、
特に期待もせずに、ふつうに立ち寄ってみただけ。
ところが一口味わっただけで、「おおおっーー」と。
もう「幸せ」の中に没入してしまいましたよ・・・。
とんでもない美味でびっくりでした。
この「ソトアヤム」や「ソトダギン」は私が幼少の頃からの
大好物なのですが、今回の屋台の「ソト」は「あたり」でした。
     □     □     □
屋台まで歩いて行って、
お兄さんに「ここで食べます」と伝えると、
お兄さんはうなずいて、黙々と用意し始めました。
「兄さん、卵はいる?」と聞いてきたので、
「はい」と。
「卵は普通のにする? それとも塩卵?」と聞いてきたので、
「普通ので」
そしてわずか1分ちょっとで出されたのが、
冒頭で紹介した写真の通り。
もう少し拡大すると、この通りです。

インドネシア名物「ソトダギン」

スープの中にはご飯が入っています。
美味が伝わりますかね・・・。
     □     □     □
過去のブログでも書いていますが、
インドネシアには本当においしいものが多く、
食の宝庫と言っても言い過ぎではありません。
特に屋台で出てくる料理は、実に味わい深いものが多く、
ホテルや一流レストランよりおいしかったりするのが
インドネシアの不思議。
でも、私の経験上、マランの屋台はハズレがないのですが、
ジャカルタだと、意外とハズレがあります・・・。
     □     □     □
インドネシアで屋台料理が未体験という方は、
ぜひお試しください。
ポイントは、きれいな屋台、
清潔に保つ努力が見られるような屋台を選ぶこと。
私は屋台で食べてもお腹を壊すことがないのですが、
お腹を壊す方もいるので、それだけご注意を。
ちなみに今回の屋台のソトダギンは、
卵つきで、12000ルピアでした。約100円です。

KOKITAソトアヤムSOTO AYAM SEASONING350g瓶
by カエレバ

(参考:samsul.comブログから)
 
■2016年5月1日up
 ジャワの屋台で気軽に食べる、牛肉スープご飯「ソトダギン」の幸せ


サムスル
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
時の運と人の縁を極める日々の記録 】  渡邉 裕晃
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ブログの更新情報のチェックは、こちらからどうぞ!
時の運と人の縁を極める日々の記録 Twitter: @_samsul
時の運と人の縁を極める日々の記録 Facebook: /samsulcom
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事










シェアしていただけると嬉しいです!

フォローする