バリ・レギャンの食堂「Warung Sari Bali」で味わう「ナシ・チャンプル」

シェアしていただけると嬉しいです!

先日、バリ島に滞在していたときのこと。
どこでランチをしようかな・・・と考えていた時、
数日前に通りがかって気になったお店を思い出しました。

宿泊していたホテル近くにある大衆食堂「Warung Sari Bali」へ。

「ナシ・チャンプル」(Nasi Campur)をいただきました。
ご飯の周りに様々なおかずが並ぶというインドネシアの定番料理。

バリ・レギャンの食堂「Warung Sari Bali」で味わう「ナシ・チャンプル」【写真:「Warung Sari Bali」のナシ・チャンプル】


     □     □     □

ここの特徴は・・・、
なんと!豚肉を使っているらしいのです。

イスラムは豚肉はダメですが、
バリはヒンドゥーなのでOK。

バリ・レギャンの食堂「Warung Sari Bali」で味わう「ナシ・チャンプル」

冒頭に書いたように、
この店は、昨日バリの街を歩いていてとっても気になったお店。

ウェブで調べたら、
「バリで最もおいしいナシ・チャンプルは、ここだ!」なんて
現地の人が書いていたので、さっそく行ってみることにしたのです。

     □     □     □

正直な話、味はそれほどでもなかったのですが・・・、
(まずいというわけではありません)

でも、お店がきれいでびっくり。

インドネシアの「大衆食堂」は、
日本基準からすると衛生面で、「えっ?(汗)」というところも多いですが、
ここはとてもきれい。

バリ・レギャンの食堂「Warung Sari Bali」で味わう「ナシ・チャンプル」

インドネシアに不慣れな観光客でも、普通に入れるレベルです。
店員さんが、あまり英語ができないっぽい感じなので、
そこだけ頑張る必要はありそうですが・・・。

     □     □     □

インドネシアは本当に食の宝庫で、
それは「ローカルの店に行ってこそ」痛感できます。

観光客向けの高級店で味わう料理と比べると、
なんというべきか、完全に費用対効果に見合っていないんです。

今回の「ナシ・チャンプル」は、肉団子スープに甘い紅茶とのセットで約170円。
実に満足のランチでございました・・・。

バリ・レギャンの食堂「Warung Sari Bali」で味わう「ナシ・チャンプル」

(参考:samsul.comブログから)
 
■2013年6月30日up
 高円寺「バリ・チャンプル」で「インドネシア好き」食事会を開催
■2013年6月29日up
 「カフェ ルンバルンバ」のインドネシア交流会に参加(2013年6月)

サムスル
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
時の運と人の縁を極める日々の記録 】  渡邉 裕晃
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ブログの更新情報のチェックは、こちらからどうぞ!
時の運と人の縁を極める日々の記録 Twitter: @_samsul
時の運と人の縁を極める日々の記録 Facebook: /samsulcom
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事




スポンサーリンク







シェアしていただけると嬉しいです!

フォローする

スポンサーリンク