インドネシアの「吉野家」が、ついに東ジャワ第2の都市マランにもやってきた!

シェアしていただけると嬉しいです!

私の住むマラン(Malang)は、インドネシア、東ジャワ第2の都市。
そのマランに、ついに「吉野家」が上陸してきました。

すでにジャカルタの「吉野家」では何度か食べたことがありますが、
東ジャワで食べるのは初めて。

東ジャワ第1の都市「スラバヤ」店が6月13日にオープンしたのに続き、
東ジャワ第2の都市「マラン」店は6月15日のオープン。矢継ぎ早の展開です。

吉野家マラン店の様子
【写真:吉野家マラン店の様子】


     □     □     □

当初1994年にインドネシア進出した吉野家は、
1998年に、アジア経済危機のあおりで撤退。

その後、2010年6月に再度インドネシアへ挑戦をすることになるのですが、
私がいくつかの店舗をのぞいてみたところでは、どこも盛況。

同社のIR情報を見ると、インドネシアでの店舗数は、
この春から急速に増え始めています。

1月:35店舗
2月:35店舗
3月:36店舗
4月:38店舗
5月:39店舗
6月:43店舗

昼の12時や夜の18時という「食事タイム」ではなくて、
午後3時とか、4時という、
中途半端な時間でも混んでいる店舗がありました。

現地の人々からの人気を集めることに、うまく成功しているようです。

この看板かっこいい!
【写真:この看板かっこいい!】

     □     □     □

今回マランにオープンした吉野家。

「マラン・タウンスクエア(通称マトス)」というモールの3階に開店しました。
(Malang Town Square : MATOS)

オレンジの明るくて強い照明が、周りの店舗を圧倒。
エスカレーター脇の目立つ場所でもあり、多くの来場者の目を惹きつけています。

今回、食べてみた商品は、こちら。

・ベジビーフ(Vegi Beef)35,000ルピア、約320円
・ペッパービーフ(Pepper Beef)39,000ルピア、約360円
・キッズビーフ(Kids Beef)41,000ルピア、約375円

     □     □     □

キッズビーフは、いわゆる牛丼のお子様ランチバージョン。
通常の牛丼を少なめにしたもので、飲み放題のお茶とのセット。

ガチャガチャスタイルのおもちゃが「景品」としてついてきます。

お子様ランチのキッズビーフ
【写真:お子様ランチのキッズビーフ】

ペッパービーフは、
やき肉風味のブラックペッパーソースで牛肉を味付けしたもの。

とても味が濃く、通常の日本の牛丼とはイメージがずれるほど。
でも、濃い味の好きな方は、レトルトチックなおいしさ(良い意味で)が
楽しめるでしょう。

ペッパービーフ
【写真:ペッパービーフ】
ペッパービーフ(上から)
【写真:ペッパービーフ(上から)】

ベジビーフは野菜と肉が半々になったもの。

すでにジャカルタで食べたことがあり、
2013年1月にブログでも紹介しました。

日本では「ベジ丼」としておなじみのベジビーフ
【写真:日本では「ベジ丼」としておなじみのベジビーフ】

ブログでは「これは日本でも商品化すべき!」と書いたのですが、
今年5月から日本でも「ベジ丼」「ベジ牛」として商品化されています。

(参考:samsul.comブログから)
 
■2013年1月14日up
 インドネシアの吉野家で牛丼を食べてみる

     □     □     □

ちなみに、昨年ジャカルタで新メニューの「激辛赤唐辛子牛丼」を食べた時、
一緒についてきた辛味チリソースのサンバルがイマイチで、
これもブログに書いたことがあります。

(参考:samsul.comブログから)
 
■2014年5月23日up
 吉野家インドネシアの新メニュー「激辛赤唐辛子牛丼」を食べてみた

サンバルがダメでもったいない・・・と苦言を呈しました。
スーパーで販売されているレトルトサンバルだったのです。

インドネシアでは、庶民が食べるような食堂や屋台でも、
もっとおいしいサンバルがあり、
それの方が牛丼に合うので、もったいないなと思ったのです。

今回マランの吉野家を訪問すると、なんとこれも実現していました!

新たに追加されたもう一つのサンバル
【写真:新たに追加されたもう一つのサンバル】

従来のレトルトサンバルに加え、
別種のサンバル(屋台でも置いてあるもの)が置かれていましたよ。

もちろん、いずれの指摘も、
吉野家の担当者が私のブログを見て反映させたわけではないはずですが、
それでも「こうしたらよいのに・・・」と思ってブログに書いたことが、
実際に実現されている姿を見ると、なぜか感慨深い気持ちになります(笑)

インドネシア吉野家の調味料セット
【写真:インドネシア吉野家の調味料セット(一番右が当初からのサンバル)】

     □     □     □

全体的に、日本の牛丼と比べると、同じ味が再現されているな気もするのですが、
でも、よーく味わってみると、微妙に異なっている感じもします。
(味は似ています)

なによりインドネシアの人々に受け入れられている姿を見るのは
とても嬉しくなります。

ちょうど「配達キャンペーン」をやっていました。
「配達注文をする人なんているのかな?」と思ったのですが、
今回食事をしていた時も、配達スタッフが出発していく姿を見ることができました。

配達キャンペーン実施中
【写真:配達キャンペーン実施中】

     □     □     □

イスラム教徒の女性が髪を覆うスカーフを「ジルバブ」と言います。

特にマランの場合、
ジャカルタよりもイスラム女性のジルバブ着用率が高く、
吉野家で食事をしている人たちの姿を見ていると、
いかにも「イスラムの中の吉野家」という雰囲気が、より濃厚に感じられます。

ムスリムでも安心して食べられる「ハラル」マークもついています。

ムスリム向けにハラル対応のマーク
【写真:ムスリム向けにハラル対応のマーク】

また、ちょうど、ラマダンキャンペーンで、ジャワティーが無料でした。
ラマダンキャンペーンでジャワティー無料
【写真:ラマダンキャンペーンでジャワティー無料】

断食月として有名な「ラマダン」は、本来ヒジュラ暦の第9月のことで、
2015年は7月中旬までを意味します。すでに過ぎているのですが、
まだキャンペーンは続いていました。

     □     □     □

インドネシアに視察や旅行でいらっしゃる際は、
ぜひインドネシア料理を食べていただきたいですが、
1回くらいは、吉野家の店舗の雰囲気を見てみることをオススメしたいです。

吉野家の牛丼を楽しそうに食べているインドネシアの家族を見ていると、
とてもほほえましい気分になりますよ。

子どもたちも大喜びでした
【写真:子どもたちも大喜びでした】

(参考:samsul.comブログから)
 
■2015年11月20日up
 吉野家の「移動販売車」をインドネシアのジャカルタで発見!!

サムスル
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
時の運と人の縁を極める日々の記録 】  渡邉 裕晃
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事




スポンサーリンク







シェアしていただけると嬉しいです!

フォローする

スポンサーリンク