バリ島の空港閉鎖、現地ニュースで見る5日間の状況まとめ

シェアしていただけると嬉しいです!

2017年11月27日の早朝から、インドネシア・バリ島のデンパサール国際空港(ングラ・ライ空港)が、一時閉鎖になりました。バリの聖地「アグン山」の噴火にともなうものです。

日本のニュース報道は遅いので、私は現地のニュースを見ていたのですが、「これは」と思う記事があれば、随時、facebookやtwitterで紹介してきました。

その後、11月29日にはバリの空港が再開され、本日12月1日には隣のロンボック島の空港が再開されました。

しかしながらバリは世界的に見ても巨大なリゾート地。そのバリの空港が数日間もの間に渡って閉鎖されたことの影響は大きく、今でもスケジュールの完全正常化には至っていないようです。

影響を大きくした直接的な原因は「アグン山の噴火」ですが、噴火という要因に加え、この2日間の悪天候(サイクロンが発生)も大きく作用し、さらにはインドネシアの3連休と重なった(12/1はインドネシアの祝日)ことも混乱に拍車をかけたとのこと。

今回のブログでは、簡単なメモ的な備忘録として、今までにfacebookやtwitterで紹介してきたものを、時系列でまとめてみたいと思います。

スポンサーリンク

11/27

現地時間午前7時(日本時間:午前8時)に、バリの空港の閉鎖が行われました。

バリ島だけでも、445便が欠航。ジャカルタのスカルノハッタ空港でも、111便が欠航になったそうです。現地報道によれば、今日初日だけで59,000人もの人たちに影響が出たと。

(参考:samsul.comブログから)
 
■2017年11月27日up
 バリ島アグン山の噴火に伴うバリの空港閉鎖、初日だけで59,000人の足に影響か

まずは、空港からの発表。

世界的にも規模の大きな空港だけあって、続々とニュースが届きます。
これは、オーストラリアからの便が運行中止になったとの記事。

噴火の様子は、現地メディアで映像でも報道されました。

しかも、噴火だけでなく、近くでサイクロンが発生・・・と。バリに近づいた場合には被害が大きくなる懸念が生まれます。

もちろん、ジャカルタの空港にも大きな影響が。

たくさんの欠航便が発生します。

ガルーダ・インドネシア航空の日本便についても、この通り。

11/28

2日目に入り、空港の閉鎖が、さらに24時間延長になることが発表されます。

ガルーダの日本便に関するアナウンス。

バリで足止めをくらった人たち。そして、バリに行く予定で行けずにいる人たち。
そんな人たちのために、「バリの空港を使わなくても移動する手段があるよ」との記事が出てきます。

(参考:samsul.comブログから)

■2017年11月28日up
バリ島の空港を使わずに、バリ島に行く方法

あまり推奨しない手段ではありますが、それでも振替輸送サービスが実際に利用され始めていることが報じられてきます。

一方で、バリ島の東にあるロンボック島の空港は再開されます。風向きの関係で、アグン山の噴煙が影響しないと判断されたためです。

ここで、先日の「サイクロン」の続報が届きます。
不吉なニュース。風向き次第では、サイクロンがバリに上陸するとも限らず、その場合には4日間もの閉鎖になるかもしれないとの記事。ただでさえ混乱している空港が、さらに大混乱になる可能性が出てきました。

ガルーダ日本便は、この通り。

29日

さて3日め。バリの空港の閉鎖の再延長が決定されます。

その後、空港の再開のアナウンスが。

とは言え、いきなり正常化するわけではありません。
混乱を続けるガルーダの様子。

30日

空港が再開され、徐々に安定を取り戻すか・・・と思いきや、なんと今度はロンボックの空港の再閉鎖が発表されます。

混乱が続きます・・・。

1日

ロンボックの空港閉鎖がさらに延長へ。

ロンボックの空港閉鎖が解除に。

混乱が続きます・・・。

ここで、サイクロンの続報。懸念されていたバリ上陸の心配は無くなったとの記事。

とは言え、噴煙はまだ18000フィートまであがっているとの報道。風向き次第では、いつ空港の閉鎖があってもおかしくないと言えそうです。

ガルーダ・インドネシア航空の運行が完全に正常化するまでは、あと2日を要する見込みとの現地ニュース。今日も遅延便や欠航便が発生したとのこと。

ガルーダが所有する航空機うち、実に30%がバリ行きもしくはバリ出発の便だったようで、空港閉鎖で、バリに駐機していた300便が影響。当然ながら、担当するクルースタッフたちも足止めをくらった格好で、全体スケジュールに大きな変更が余儀なくされたと。

バリは2日前に、またロンボックは本日再開されたばかりであり、鋭意復旧に努めているものの、完全正常化までには、あと2日を要する見込み。日曜までには完全正常化をとのコメント。

まとめ

以上、空港閉鎖から5日間の流れについて、時系列で大まかにまとめてみました。

あくまでも、私が気づいてつまみ食いしてきた記事を並べただけですが、それでも全体的な流れはなんとなくつかめるのかな・・・と。

インドネシアは噴火が多く、空港の閉鎖はよく起こります。さらにインドネシアは島が多いことから、国内移動で飛行機に依存するところが大きく、今回のような出来事があると、すぐに混乱するという傾向があると私は感じています。今後も同じような状況が起こることは充分に考えられるので、今後の参考のためにまとめてみた次第です。

天災は予想が難しいものですが、例えば噴火があったら空港の閉鎖がどのように起こり、どこで瞬時に情報が把握でき、どう行動すれば被害を小さくできるか、あるいは、どうすれば移動代替手段が見つかるか・・・などは、ある程度、事前準備をしさえすれば、すぐに行動ができるようになります。

私自身、実は今週、インドネシアの国内移動をして、それから日本へ行く予定を立てていました。それでも念のためにと様子を見ていたら、今回のような事態になったという次第。今後のために、何らかの参考になれば幸いです。

サムスル
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
時の運と人の縁を極める日々の記録 】  渡邉 裕晃
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ブログの更新情報のチェックは、こちらからどうぞ!

時の運と人の縁を極める日々の記録 Twitter: @_samsul
時の運と人の縁を極める日々の記録 Facebook: /samsulcom
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事




スポンサーリンク







シェアしていただけると嬉しいです!

フォローする

スポンサーリンク