プロフィール

シェアしていただけると嬉しいです!

インドネシア人と日本人との間に生まれる。大学を卒業後、大学教授を目指して大学院に入学するも、ビジネスが面白くなり、1999年に24歳でネット広告会社「サムスル」を創業。

設立1年目から「Yahoo!ニュース」に取り上げられ、その後、ヤフー、マイクロソフト、楽天、エキサイト等から数回に渡り、優秀代理店としての表彰を受ける。ECサイトの事業買収や、ベンチャー企業への出資、複数の企業の社外役員等も経験。地域振興にも関心があり、新宿区の「産業振興基本条例に関する懇談会」委員や「産業振興会議」委員、「男女共同参画推進会議」委員などを歴任。
  
日本とインドネシアの混血(ハーフ)という背景から、インドネシアと日本の懸け橋を目指して活動中。共著に「インドネシアのことがマンガで3時間でわかる本 」(明日香出版社、2013年)がある。

日本を拠点にしながら、1970年代半ばより、ほぼ毎年のようにインドネシアを訪問。2013年よりインドネシア、東ジャワのマラン(Malang)に移住。現在はマランをメインに、ベトナム(ホイアン)、日本(群馬・東京)の多拠点居住。

インドネシア人向けに運営している個人facebookページには、すでに16,000人以上のインドネシア人が集まっている。曽祖父は、インドネシアのタバコメーカー BENTOEL(現:PT Bentoel Internasional Investama Tbk)の創業者。
 
「成長縁」=「関わりを持つ、できるだけ多くの存在が成長しあえる関係」創りがポリシー。ジョギング好きで、日本在住時には毎月ランナーを集めて「朝5時からビールを飲んで日本の朝を元気にする会」を開催、テレビ等でも紹介される。2児の父。

ファイナンシャル・プランニング技能士2級、不動産実務検定1級、AFP(日本FP協会認定)資格取得、日本語教師養成講座420時間コース修了。

経歴はこちら

経歴
氏名 渡邉裕晃(Hiroaki Samsi WATANABE) 所属学会 JAPAN SKEPTICS 日本マスコミュニ...

掲載メディアはこちら

講演・セミナー実績はこちら

自慢のネコたち

スポンサーリンク







シェアしていただけると嬉しいです!

フォローする