インドネシアの運転免許|バイク免許の法改正が延期された意外な理由

シェアしていただけると嬉しいです!

インドネシアでバイクを運転するのに必要な二輪バイクの免許。

2016年5月から3つのタイプにされる予定だったのですが、なんと! 2017年に延期されることになりました。いったいどんな事情があったのでしょう?

「そんなの興味ない!」と思うかもしれませんが、ここからインドネシアのお役所体質が透けて見えてくるので、取り上げることにしました。




バイクの運転免許、排気量に応じて3つの種類に

この免許制度の法改正の延期については、インドネシア主要メディア「Tempo」が、報じています。

現在、インドネシアのバイクの免許証は、「Sim C」(Surat Izin Mengemudi-C)と呼ばれる1種類のみ。これが、排気量に応じて、

  • 「SIM C」・・・250cc以下
  • 「SIM C1」・・・250ccから500ccまで
  • 「SIM C2」・・・500cc以上

と、3つのタイプに分類されるはずだったのですが・・・、直前になっての延期です。

「SIM Cの新たなルールは来年の施行へ」と題するKompas記事より【画像:「SIM Cの新たなルールは来年の施行へ」と題するKompas記事より】

間に合わなかった法改正

今回のインドネシアにおける免許制度の法改正については、以前ブログでも紹介しています。

インドネシアの運転免許|二輪バイク免許は3つのタイプに変更へ
インドネシアの運転免許。今回ご紹介するのは二輪のバイク免許の話。 インドネシア主要メディア「Tempo」が、2016年5月から、インド...

そこで私は、さまざまな準備状況が遅れていることを紹介した上で、

そんな調子で5月の改正に間に合うのでしょうか・・・。
事前の周知期間も含めると、はなはだ心配です。

と書いたのですが、やはり間に合わなかったようです・・・。

法改正が延期になった背景は?

来年に延期になった旨の事情について、現地メディア「Kompas」は、次のように伝えています。

「SIM Cの新たなルールは来年の施行へ」
Aturan Baru SIM C Baru Berlaku Tahun Depan – Kompas.com(8 April 2016 | 07:33)

と題する記事。内容は次の通り。

本当なら、運転免許の新たなCカテゴリーは、すでに2016年4月から施行されているはずだった。ところが中央政府への許可申請がまだ保留になっているために、延期を余儀なくされることになった。

警察の交通局トップのCondro Kirono氏が言うには、関係者としては、中央政府からの決定を待っている状況だという。なぜなら、変更に伴って、新たに見直しが必要となる規則がいくるかあるからだ。

「現在、私たちはすべての改訂を待っているところです。目標としては、どんなに遅くても来年からの施行ですね」と、Condro氏は4月7日、ジャカルタのクマヨランで開催されているインドネシア国際モーターショー(IIMS)への訪問の合間をぬって、本誌Kompasからの質問に回答した。

Condro氏によれば、すでに存在する規則から見ると、そぐわない法律があることがわかったという。しかしながら、彼はその詳細までを説明することはできず、秘密にしているような様子だった。

「できることなら早く実現するようにできればと思っています。しかし目標は来年です」とCondro氏は語る。

実際に「SIM C」の変更が施行されると、「SIM C」「C1」「C2」という3つのカテゴリーに分かれることになる。「SIM C」は、基本になるもの、つまり最大250CCまでのバイクのためのものだ。「C1」は250CC以上、そして「C2」は、500CC以上になる。

しかし、「C1」や「C2」を取得するためには、バイク利用者はまず事前に「SIM C」を取得しておかなくてはならない。なぜなら「SIM C」が基本になるからだ。その後になってから、バイク利用者は自らが保有するバイクの性能(排気量)に応じて次の試験の段階に進むことになる。

     □     □     □

前回のブログで書いた通り、当時から、担当者コメントを見ると、なんだか言い訳めいた雰囲気の内容が相次いでいました。

そんな感じで大丈夫なのか? 間に合うのか? と思いつつ、フタをあけてみると、やはりという感じ。

今回の記事でも、「法改正がどうのこうの・・・」と言っていますが、「彼は詳細までを説明することはできず」とあるように、やはり当初からグダグダだった可能性があります。

途上国だからと見下すのではなく、期待と応援を

インドネシアは、お役所の硬直した仕事ぶりが有名で、関連する外部機関との連携も、うまくとれていない事例が目立ちます。

でも、これを「インドネシアだからね・・・」などと揶揄するのは誰でもできること。急成長にルール化や法整備が追いつかないという点もあるのだろうと思います。日本だって、昔を振り返ってみれば、少しずつ積み上げた結果としての現在ですからね。

少しずつ、少しずつ、インドネシアがよくなっていくことを願うばかりです。

というわけで、今回のブログは、前回、「インドネシアの運転免許|二輪バイク免許は3つのタイプに変更へ」という内容でご紹介した関係上、その「続き」の補足記事として、まとめさせていただきました。

インドネシアの運転免許|二輪バイク免許は3つのタイプに変更へ
インドネシアの運転免許。今回ご紹介するのは二輪のバイク免許の話。 インドネシア主要メディア「Tempo」が、2016年5月から、インド...

サムスル
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
時の運と人の縁を極める日々の記録 】  渡邉 裕晃
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ブログの更新情報のチェックは、こちらからどうぞ!
時の運と人の縁を極める日々の記録 Twitter: @_samsul
時の運と人の縁を極める日々の記録 Facebook: /samsulcom
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事










シェアしていただけると嬉しいです!

フォローする