東ジャワの小型バス「アンコタ」|運転手の「良い加減」という魅力に迫る

シェアしていただけると嬉しいです!

インドネシアの小型路線バス「アンコタ」。

「angkot(アンコット)」もしくは「angkota(アンコタ)」と呼ばれる乗り物で、地元では庶民の手軽な交通手段となっています。「mikrolet(ミクロレット)」と呼ぶ人もいます。

インドネシアの庶民の足、アンコタ
【写真:インドネシアの庶民の足、アンコタ】

この「アンコタ」。もともとは「angkutan kota」の略称で、「angkutan」はインドネシア語で「輸送」のこと。「kota」は「都市」を。したがって、「都市の輸送機関」という意味になります。

小型の路線バスで、私の住むエリアでは、運行ルートのどこで降りても26円程度。決まったバス停はありません。

ルートの途中で降りたい地点になったら運転手さんに「おります!」と伝えると、止めてくれます。慣れないと乗りづらいかもしれませんが、いったん乗り方を習得して慣れてしまうと、とても便利な乗り物です。

先日、このミニバスに乗って家に帰る時のこと。運転手さんとの心通じるやりとりがありました。インドネシアならではの・・・「良い加減」という魅力に迫ります。

     □     □     □
 
 
夜の6時ちょっと前のこと。
アンコタに乗っていたら、途中で乗客が私一人だけになりました。

私を一人だけ乗せて、アンコタはしばらく走行していきます。
ある時、60代になる初老の運転手が質問してきました。

運:「兄ちゃん、どこまで行くの?」
私:「●●までです」
運:「じゃ、しばらくして左に曲がるので良い?」
私:「はい」
運:「家に帰りたいもんでね」
私:「そうでしたか。じゃ、左曲がってから、●●銀行の前でもいいですか?」
運:「あぁ、いいよ」
私:「ありがとうございます」

みたいな展開。
 
 
     □     □     □
 
 
これだと、意味がわからないでしょうから補足するとこうです。

運:「兄ちゃん、どこまで行くの?」
私:「●●までです」(やったー!ひょっとして・・・)
運:「じゃ、しばらくして左に曲がるので良い?(運行ルートからはずれるけど)」
私:(よしきた!)「はい!(方向は合っています)」
運:「家に帰りたいもんでね(運行ルートの終点まで行くのは面倒くさい。君が降りる場所まで行ったら、終点まで行かずに家に直行したいんだよ)」
私:「(やはり)そうでしたか。じゃ、左曲がってから(自宅近くの)●●銀行の前でもいいですか?」
運:「あぁ、いいよ(おれの家の方向の途中だからね)」
私:「ありがとうございます!」

という感じ。
 
 
     □     □     □
 
 
バスの運行ルートからズレるのに、家の近くでおろしてくれました。
私の住むエリアのミニバスでは、時々こうしたラッキーがあります。
 
ドアを開けたままで快走します
【写真:ドアを開けたままで快走します】
 
「バスが途中で帰るなんて・・・」とか、
「そんないいかげんでいいの?」と思う向きもあるでしょう。

それも、ごもっとも。
交通安全の鉄則は、過度なほどのルール順守にあるのかもしれません。
 
 
     □     □     □
 
 
でも私は、こうした血の通った柔軟性も、とても好きです。
これはこれで、合理性があると思いますしね。

たしかに「いいかげん」かもしれませんが、
あえて言えば、ポジティブに「良い加減」とでも表現すべきものと感じます。

今の日本でこれをやろうとするのは無理でしょうが、
今のインドネシアでは、これで充分に成立するということです。
今後の経済成長に伴って、こうした風習はだんだん消えるのかもしれませんね。
 
ボロい車も多く、なんとダッシュボードが無いアンコタも!
【写真:ボロい車も多く、なんとダッシュボードが無いアンコタも!】
 
 
     □     □     □
 
 
運転手さん、今日もありがとう!
帰宅して、ぜひご家族とゆっくりと、
くつろぎの夜を過ごしてほしいなぁと思います。

普通は、バスの運転手に対して、いちいちそんな気持ちは抱かないもの。
でも、こういう「心の通い合い」があると、
ついついそんなことまで気にかけてしまいます・・・。

これもまた、インドネシアの一つの魅力だと言えるかもしれません。
 
 
サムスル
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
時の運と人の縁を極める日々の記録 】  渡邉 裕晃
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事










シェアしていただけると嬉しいです!

フォローする