飛行機専用のベビーベッド「バシネット」を使ってみた。

シェアしていただけると嬉しいです!

飛行機専用のベビーベッドがあること、皆さんご存知でしょうか?
その名前は「バシネット」(bassinet)。乳児用ベッドですね。

ベビーを連れての海外旅行を考える時、
多くの親が心配するのは、
「小さな子供を飛行機に乗せても大丈夫だろうか?」ということでしょう。

私たち家族は、この11月5日からタイにご招待いただく機会があり、
1歳9ヶ月の娘と、0歳10ヶ月の息子も一緒に連れて行きました。

今回のブログでは、その際に利用させてもらった飛行機用のベビーベッド、
「バシネット」を、写真入りでご紹介したいと思います。
(タイ航空の場合)
 
飛行機専用の乳児用ベッド「バシネット」 bassinet
【写真:飛行機専用の乳児用ベッド「バシネット」】


 
 
       □     □     □
 
 
航空会社によって規定は異なるようですが、
タイ航空の場合、1歳未満で、10キログラム未満のベビーに限定して、
このベビーベッドを利用させてもらえるようです。

離陸を終え、安定飛行に入ってから、
ベビーベッドの設置が始まります。
 
バシネットの設置中
【写真:バシネットの設置中】
 
キャビンアテンダントが毛布などをセット
【写真:キャビンアテンダントが毛布などをセット】
 
 
       □     □     □
 
 
上記の規定により、
1歳9ヶ月の娘は「バシネット」が使えないので、
0歳10ヶ月の息子だけ、利用させてもらうことになりました。
 
最近の我が息子、生後10ヶ月です
【写真:最近の我が息子、生後10ヶ月です】
 
安定飛行に入り、シートベルトをはずして落ち着いてきた頃、
試しに、息子をベッドに乗せてみました。
 
バシネットに息子を乗せてみました
【写真:息子を乗せてみました】
 
嬉しそうです(笑)。
 
 
       □     □     □
 
 
もちろんベッドなので、寝かせるためのもの。
上記のように座らせるのは、安全上の問題があります。
 
就寝中(これがバシネットの正しい使い方)
【写真:就寝中(これがバシネットの正しい使い方)】
 
寝かせるためのベッドなので、
上のように座らせると、突然の揺れで落ちることもありますので、
お気をつけ下さい・・・。

でも、この「バシネット」。
載せてみると、すごーく嬉しそうなのです。

しかも親としても、
子供を抱えて座っているのに比べると、ものすごく楽になれます。
「バシネット」の威力、すさまじいです。
 
バシネット、不思議な場所で興奮しています(笑)
【写真:不思議な場所で興奮しています(笑)】
 
 
       □     □     □
 
 
結論として、この「バシネット」は非常に優れたサービスだと思いました。

「小さな子供を飛行機に乗せても大丈夫だろうか?」
これは、ベビーをお持ちの親御さんなら、
誰もが心配する点でしょうが、「バシネット」があれば、かなり楽です。

注意点としては、
この「バシネット」を使えるかどうかは、事前確約ではないということ。

事前の希望申請はできるものの、
実際に取れるかどうかは、
空港のチェックインカウンターでの先着手続き次第なのです。
 
 
       □     □     □
 
 
なので、
事前の希望申請をしっかり伝えると共に、
誰よりも真っ先にチェックインできるように動くことがオススメです。

私はこの「バシネット」というものを知らなかったのですが、
実際これを使ってみると、ものすごく楽で驚きました。

「バシネット」を設置できる席は、
飛行機の中でもほとんど無いので、
競争率は高いかもしれません。

でも、うまく取れれば、非常に楽になります。
「ベビーがいるから飛行機は無理だなぁ・・・」と諦めず、
ぜひ、ベビー連れでも、海外旅行に積極果敢にチャレンジしてほしいと思います!
 
 

(参考:samsul.comブログから)
 
■2009年11月13日up
 タイに行ってきました!


 
 
 2009年11月14日             渡邉 裕晃
 
 
サムスル
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
社長ブログ時の運と人の縁をきわめる日々の記録
────────────────────────────
会社HP 】株式会社サムスルネット広告代理店
【 1×1×1=100を創る「成長縁(R)」創出カンパニー 】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事




スポンサーリンク







シェアしていただけると嬉しいです!

フォローする

スポンサーリンク