インドネシア「長距離高速バス」の乗り方(東ジャワ・マランの場合)

シェアしていただけると嬉しいです!

インドネシアの国内移動には、飛行機、鉄道、バス・・・と様々な手段があります。

今までのブログでも、飛行機、鉄道、そして相乗りバスについてご紹介してきましたが、今回は、ジャワ島の中を走る「長距離高速バス」をご紹介します。

インドネシアの「長距離高速バス」は、「庶民の足」として重宝される存在。
一方で、日本企業からの駐在員やその家族には、勤務先からの駐在マニュアルで、「乗車禁止」がルール化されているところも多いそう。

最初は不安に思う人も多いでしょうが、慣れてしまえば、なんということはありません。

長距離バスターミナル(インドネシア東ジャワ:アルジョサリ)


     □     □     □

今回ご紹介するのは、アルジョサリ(Arjosari)という場所にあるバスターミナル。
私の住む、東ジャワ「マラン」にあるターミナルです。


【地図:マランのバスターミナル「アルジョサリ」】

ターミナルの敷地に入ると、入口には建物があり、
そこをくくりぬけると広場にたどりつきます。

長距離バスターミナル(インドネシア東ジャワ:アルジョサリ)

たくさんのバスが停車しています。

長距離バスターミナル(インドネシア東ジャワ:アルジョサリ)

奥まで行くと「バスの乗客はこちらへ」という手書きの看板があり、
そこへ進むと、スロープが。

長距離バスターミナル(インドネシア東ジャワ:アルジョサリ)

そのまま歩いて建物の2階へ進みます。

     □     □     □

2階に到着すると、看板が。

長距離バスターミナル(インドネシア東ジャワ:アルジョサリ)

長距離バスターミナル(インドネシア東ジャワ:アルジョサリ)

1番線から8番線まであって、
それぞれに行き先と「等級」が書いてあります。

「等級」は「エグゼクティブ」と「エコノミー」の2種類。

長距離バスターミナル(インドネシア東ジャワ:アルジョサリ)

私は「エグゼクティブ」しか使ったことがないですが、
初めての方には「エグゼクティブ」をオススメします。

「エグゼクティブ」でも、いわゆる日本基準からすれば、
「ちょっと怖いな・・・」というレベルなので(笑)

なお「PATAS」と書いてあるバスがありますが、
これは「cepat」と「terbatas」の短縮語。
「早い」「制限された」の意味です。つまりは高速バスですね。

     □     □     □

「あれっ、チケットはどこで?」という話ですが、
チケットは乗車してから払います。

まずは目当てのバスを見つけます。
今回はスラバヤに行くので、「スラバヤ行き」を。

長距離バスターミナル(インドネシア東ジャワ:アルジョサリ)【写真:スラバヤ行きのチケット、25,000ルピア(約225円)】


【地図:マランのバスターミナルから、スラバヤのバスターミナルまでの距離】

バスの外にスタッフがいるので、
念のために「これは、●●行きですよね?」と、
確認してから乗車すると安心です。

バスの中に入って、適当な椅子に座ります。
乗客の数が一定数に達すると、運転手が乗り込んで、出発します。

長距離バスターミナル(インドネシア東ジャワ:アルジョサリ)【写真:客席から見た運転席の様子】

     □     □     □

出発しますが、日本のバスのようなアナウンスはありません。
寡黙な運転手さんがいて、
そして先ほどのスタッフは、バスの車掌さん。

ゆっくりと走り出しながら、
バスはターミナルの外へと進みます。

長距離バスターミナル(インドネシア東ジャワ:アルジョサリ)

長距離バスターミナル(インドネシア東ジャワ:アルジョサリ)

ですが、入口付近で止まることも。
歩いている方が「待って!待って!乗せて!」ということがあって。
はい、途中からの乗車もOKなのです。

     □     □     □

車掌さんは、扉を半分あけて、
行き先を絶叫しながら、歩行者に語りかけていきます。

「スラバヤ行き」であれば、
車掌さんが外に向けて発する声は、
「ボヨッ、ボヨッ、ボヨッ、ボヨッ、ボヨッ・・・」と。

「スラバヤ」は、インドネシア語では「スラバヤ」と発音しますが、
ジャワ語では、「スロボヨ」と発音します。
だから、「ボヨッ、ボヨッ・・・」なんですね。

東ジャワでは、インドネシア語よりもジャワ語が主流なのです。

(参考:samsul.comブログから)
 
■2016年1月12日up
 ジャワ人は、なぜ公用語のインドネシア語ではなくジャワ語を使いたがるのか

     □     □     □

途中で、物売りのおじさんも乗ってきます。
飲み物、食べ物、ちょっとしたおやつ。ピーナッツ、豆腐・・・。

中には、子供向けのおもちゃや絵本やノートなんかを売りつけに来る人も。

でも心配不要。「いらない」と言えば、そのまま立ち去ります。

彼らは、バスが数百メートルも走ると、途中で降りていきます。
そしてまたターミナルへと戻っていくんですね。
商魂たくましく。

     □     □     □

という流れで、バスはそのままスラバヤのターミナルへ。

今回、私は実に2年か3年ぶりに
このバスターミナルを訪問したのですが、
いろいろな場所がきれいになっていてびっくり。

いまインドネシアはインフラ面でもどんどん進歩していて、
街並みの変化も急速です。

長距離バスターミナル(インドネシア東ジャワ:アルジョサリ)

ここのバスターミナルも、
以前は地上のおじさんをつかまえて、
「スラバヤ行きはどこですか?」と聞き、
「こっちこっち!」と言われて探すという形式でした。

でも今回は、2階建の建物ができていて、
行き先ごとに乗車口が定められていて・・・。

日本の施設と比べることはできないですが、
それでもずいぶんと進化したんだな・・・と驚きでした。

     □     □     □

すでに出来上がってしまったような、
いわゆる欧米外国人向けの観光施設を見ていると、
なかなかそうした変化に気づきにくいですが・・・、

こうした庶民の施設を見ていると、
少しずつ、でも着実にレベルアップしている現状に、
インドネシア全体の経済成長が、
如実に感じられて、とても新鮮な気分になれます。

というわけで今回は、インドネシアの東ジャワにおける高速バスの乗り方をご紹介しました。

(参考:samsul.comブログから)
 
■2016年3月8日up
 アジアは昨日と今日が違う。あの頃のアジアは今のアジアではない。

■2014年9月28日up
 東ジャワ「マラン」から「スラバヤ」まで車を運転してみた。

■2013年10月19日up
 「トラベル」(インドネシアの乗り合いタクシー)でスラバヤからマランへ

■2016年2月23日up
 インドネシアでの「鉄道の旅」をぜひ試してほしい、私なりの理由まとめ

サムスル
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
時の運と人の縁を極める日々の記録 】  渡邉 裕晃
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ブログの更新情報のチェックは、こちらからどうぞ!
時の運と人の縁を極める日々の記録 Twitter: @_samsul
時の運と人の縁を極める日々の記録 Facebook: /samsulcom
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事




スポンサーリンク







シェアしていただけると嬉しいです!

フォローする

スポンサーリンク