親日国インドネシア、大学が開催する日本祭「Daisuki Japan」に行ってみた。

シェアしていただけると嬉しいです!

インドネシアは世界でも有数の「親日国」であると言われています。
いわゆる「日本好き」が多く、
特に若者層ともなれば、アニメやマンガに夢中な人も多いです。

そうした中、大学や高校の学園祭として、
「日本祭」を開催するところが、特にここ数年で増えている印象があります。

先日、私の地元である東ジャワのマランにある大学で、
日本祭「Daisuki Japan」が開催されました。

以前「週刊アスキー」のインタビュー記事、
「なぜインドネシアでは日本のポップカルチャーが人気なの?」の中でも
語ったことですが、こうした「日本イベント」、本当に人気なのです。

インドネシア:東ジャワのマランの大学が開催する日本祭「Daisuki Japan」
【写真:日本好きで知られる現地アイドルグループ「Lumina Scarlet(ルミナ・スカーレット)】


     □     □     □

入口で入場料を払い、さっそく中に入ります。

インドネシア:東ジャワのマランの大学が開催する日本祭「Daisuki Japan」【写真:日本祭「Daisuki Japan」の入口で】

入場料は、1人25,000ルピア。
約250円です。
「なんだ、安いじゃないか」と思うかもしれませんが、
こちらの普通の若者にとっては、意外と高い設定です。

インドネシア:東ジャワのマランの大学が開催する日本祭「Daisuki Japan」
【写真:チケット売り場】

それでも会場に入ると、
すでに大勢の若者でにぎわっていました。

インドネシア:東ジャワのマランの大学が開催する日本祭「Daisuki Japan」
【写真:たくさんの「日本好き」の若者たち】

インドネシア:東ジャワのマランの大学が開催する日本祭「Daisuki Japan」
【写真:コスプレ姿の人たちも】

     □     □     □

屋外スペースには、たくさんの出店ブースが。
例えば「アニメグッズ」も大人気。

インドネシア:東ジャワのマランの大学が開催する日本祭「Daisuki Japan」
【写真:アニメグッズの釘付けの若者たち】

インドネシア:東ジャワのマランの大学が開催する日本祭「Daisuki Japan」
【写真:キャラクターグッズを販売するのはイスラムの女の子】

インドネシア:東ジャワのマランの大学が開催する日本祭「Daisuki Japan」
【写真:どんどん売れていきます】

     □     □     □

もちろん「日本料理」も、お約束どおり、
定番の安定した人気ぶり。

インドネシア:東ジャワのマランの大学が開催する日本祭「Daisuki Japan」

インドネシア:東ジャワのマランの大学が開催する日本祭「Daisuki Japan」

インドネシア:東ジャワのマランの大学が開催する日本祭「Daisuki Japan」

インドネシア:東ジャワのマランの大学が開催する日本祭「Daisuki Japan」

     □     □     □

コスプレ姿の人たちも大勢。

インドネシア:東ジャワのマランの大学が開催する日本祭「Daisuki Japan」
【写真:コスプレイヤーには、次々と写真撮影の依頼が】

インドネシア:東ジャワのマランの大学が開催する日本祭「Daisuki Japan」
【写真:猫耳つけています・・・】

インドネシア:東ジャワのマランの大学が開催する日本祭「Daisuki Japan」
【写真:こんな人たちも】

     □     □     □

屋外だけでなく、屋内会場の中にもたくさんのブースが並び、
アニメ関連、アイドル関連、フィギアのコンテスト・・・。

インドネシア:東ジャワのマランの大学が開催する日本祭「Daisuki Japan」
【写真:応募されたフィギア作品の数々】

インドネシア:東ジャワのマランの大学が開催する日本祭「Daisuki Japan」
【写真:フィギアに注がれる審査員の視線も真剣です】

     □     □     □

そしてステージには何組ものアイドルグループが。
いわゆる日本式のアイドルたち。

インドネシア:東ジャワのマランの大学が開催する日本祭「Daisuki Japan」
【写真:「Lumina Scarlet(ルミナ・スカーレット)】

インドネシア:東ジャワのマランの大学が開催する日本祭「Daisuki Japan」

インドネシア:東ジャワのマランの大学が開催する日本祭「Daisuki Japan」

インドネシア:東ジャワのマランの大学が開催する日本祭「Daisuki Japan」
【写真:地元のアイドルのコンサート】

観客には日本人がほとんど皆無なのに、
日本語の歌を歌ったり、流暢な日本語で自己紹介をしたり。
そして、アイドルオタクたちが集結しての大絶叫!

インドネシア:東ジャワのマランの大学が開催する日本祭「Daisuki Japan」

インドネシア:東ジャワのマランの大学が開催する日本祭「Daisuki Japan」

日本人歌手のゲストも招かれていましたよ。

大学の学園祭とは思えないような、
すごい予算ですね・・・。本格的です!

インドネシア:東ジャワのマランの大学が開催する日本祭「Daisuki Japan」
【写真:ステージには日本人歌手加藤ひろあきさんとHARUKAさんの姿も】

     □     □     □

バイクや車、そして自転車による「痛車」の展示があったり・・・、

インドネシア:東ジャワのマランの大学が開催する日本祭「Daisuki Japan」

インドネシア:東ジャワのマランの大学が開催する日本祭「Daisuki Japan」

インドネシア:東ジャワのマランの大学が開催する日本祭「Daisuki Japan」

日本食関連のブースもたくさんありましたが、
なんと「吉野家」も出展していましたよ!

インドネシア:東ジャワのマランの大学が開催する日本祭「Daisuki Japan」
【写真:吉野家の販売ブース】

(参考:samsul.comブログから)
 
■2015年11月20日up
 吉野家の「移動販売車」をインドネシアのジャカルタで発見!!

     □     □     □

以前「週刊アスキー」のインタビュー記事、
「なぜインドネシアでは日本のポップカルチャーが人気なの?」
の中でも語ったことですが・・・、

(参考:samsul.comブログから)
 
■2014年6月23日up
 週刊アスキー:インドネシアの日本好き事情のインタビューで紹介されました。

インドネシアは、いわゆる「日本好き」が多くて、
特に若者層ともなればアニメやマンガに夢中な人も多く、
こうしたイベントも意外と多く開かれています。

インドネシア:東ジャワのマランの大学が開催する日本祭「Daisuki Japan」
【写真:このガンダムには人が入っています】

     □     □     □

「日本好き」が多くて、本当に嬉しくなります。
アニメ好きでなくても、
また、アイドルオタクでなくても、とても楽しいイベントです。

「あれ、Watanabeさん!」って、
声をかけてくれる現地の日本マニアの知人にあったりするのも楽しいひととき。

現地の知人がいくつか日本食のブースを出していて、
「味どうかしら?」って、心配そうに聞いてくるのも、
すごく熱心な感じが伝わってきて、
「応援したい!」と思わせるに充分なものがあります。

     □     □     □

こうした日本祭は、今やインドネシア各地で
開催されるようになっています。またいろいろ参加してみたい! 

皆さんも、インドネシアに来る機会があれば、
ぜひ地元の大学で「日本祭」が開催されていないか、
確認してみてください。

そして、もし訪問のタイミングと開催のタイミングが一致したら、
ぜひのぞいてみてください。彼らの熱気は、きっと刺激になるはずですよ!

(参考:samsul.comブログから)
 
■2014年6月28日up
 東ジャワにオープンした「漫画喫茶」に行ってみた
■2014年6月26日up
 東ジャワ、秀才校の日本語クラスを訪問、学習動機はアニメ
■2015年11月2日up
 家族の似顔絵を「日本アニメ大好き!!」なインドネシア女性に描いてもらった結果


サムスル
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
時の運と人の縁を極める日々の記録 】  渡邉 裕晃
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ブログの更新情報のチェックは、こちらからどうぞ!
時の運と人の縁を極める日々の記録 Twitter: @_samsul
時の運と人の縁を極める日々の記録 Facebook: /samsulcom
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事










シェアしていただけると嬉しいです!

フォローする