北朝鮮旅行記第1日目(8月4日)成田〜北京

シェアしていただけると嬉しいです!

11:00:京成上野駅を出発

京成上野駅を出発(スカイライナー)。いろいろな悪い噂で満ち満ちている「あの国」へ行くことの不安と、世界でもまれな体制の国の「独特の雰囲気」を感じ取ることができるという興味本位の嬉しさとが同居する、複雑な面持ちでの出発です。でも、スカイライナーの前で写真を撮るだなんて、まるで初めて海外旅行に行く人みたいですね。

12:00:成田空港到着

はやめに成田に到着し、空港のレストランでのんびりと昼食。さぁ、いよいよ出発です。今日は北京に行くだけなので、まだ北朝鮮には入国しません。でも、「24時間後には北朝鮮に滞在しているのかぁ」と思うと、ちょっとドキドキです。もう8月だというのに、成田空港ではなぜか「七夕フェスティバル」が開催されていました。

14:55:中国国際航空公司 AIR CHINA・ CA926

飛行機に乗って、一路北京へ。AIR CHINAに乗るのは今回が初めて。

17:00:ホテル <新万寿飯店>

北京です。空港に着いてはじめて、今回のツアーで御一緒する方とお会いしました。今回は「北朝鮮観光」が目的ですが、北京に来るのは初めてだったので、車の中から見る街並みに興味津々。私はよくインドネシアに行くのですが、北京の道路の雑多な雰囲気は、ジャカルタの郊外や、地方都市なんかによく似ていました。

北京で泊まるホテルは昨年(1996)オープンしたばかりで、とんでもなくきれいなところでした(英語名:NOVOTEL HOTEL)。北朝鮮ではいったいどんなホテルに泊まるんだろう?

17:15:「清帯地去燕?望京」(スーパーマーケット)

もう夕方になっていましたが、せっかく北京に来たのにこのままホテルで寝るだけではつまらないので、ガイドさんに御願いして、地元の人たちが利用するスーパーマーケットを教えてもらいました。電気製品なんかは見劣りがしますが、とにかく食べ物が豊富に置いてあって、興味深かったです。ここで、中国のビールと、お菓子(小さなコインのようなかたちをしている、リンゴからつくられたもの。日本で買うと高いんですよね)を買いました。

18:30:<新万寿飯店>(NOVOTEL HOTEL)

スーパーからタクシーに乗ってホテルへ。タクシーの中に、運転手と乗客とを隔てるすごい頑丈そうな透明プラスチックの壁があって、びっくりしました。ホテルで夕食をとって(値段の割にはそれほどおいしくなかった。店員がお皿を早く片付けたがっていて、しょっちゅう中身の減り具合を確認してくるのが、うっとおしかったけど)、部屋でビールを飲んで寝ました。とうとう明日は、「あの国」へ潜入だ!!

18:30:<新万寿飯店>(NOVOTEL HOTEL)

スーパーからタクシーに乗ってホテルへ。タクシーの中に、運転手と乗客とを隔てるすごい頑丈そうな透明プラスチックの壁があって、びっくりしました。ホテルで夕食をとって(値段の割にはそれほどおいしくなかった。店員がお皿を早く片付けたがっていて、しょっちゅう中身の減り具合を確認してくるのが、うっとおしかったけど)、部屋でビールを飲んで寝ました。とうとう明日は、「あの国」へ潜入だ!!

今日の費用
1. スカイライナー
2. 空港での昼食代
3. 空港利用料
4. 北京のスーパーマーケットでの買い物代金
5. タクシー代
6. ホテルでの夕食代

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事




スポンサーリンク







シェアしていただけると嬉しいです!

フォローする

スポンサーリンク