インドネシアで「googleストリートビュー撮影車」を目撃!!

シェアしていただけると嬉しいです!

生まれて初めて「googleストリートビュー撮影車」を目撃しました。
場所はインドネシア、東ジャワの
スラバヤ(Surabaya)からシドアルジョ(Sidoarjo)をつなぐ高速道路です。
「グーグルマップ」を使うと、
世界中の地図を見ることができますが、
地図を拡大していくと、その街の写真に行き当たります。
これを「ストリートビュー」と言いますが、
その写真データを、移動しながら撮影しまくっている存在。
それが、「googleストリートビュー撮影車」です。
googleストリートビュー撮影車
【写真:googleストリートビュー撮影車(グーグルの説明ページより)】


 
 
     □     □     □
 
 
日本ですら実物を見たことがなかったので、
今回、インドネシアの高速道路でそれらしき車を見た時には、
「あれ? これって、もしかして・・・」
と胸が高鳴りました(笑)
どんどん接近していくと、該当者とすれ違い、
ドアを見ると、「google」と書いてある!!
いやー、ちょっとした感動でしたよ・・・。
 
 
     □     □     □
 
 
以前、新聞で、
「インドネシアでもストリートビューの作成が進んでいる」との記事を
読んだことはありました。
でも、まさか現地で実物を目撃することになろうとは驚きです。
あまりに興奮して写真を撮るのを逸しました(笑)
日本のグーグルマップでは、
すでにあちらこちらの写真データを見ることができます。
日本にいる時は、訪問先を事前に調べる時に重宝していました。
 
 
     □     □     □
 
 
もうすぐインドネシアでも、ストリートビューが使えると思うと、
今から楽しみです。
と言っても、インドネシアは広大ですから、
利用できるエリアは、ごく一部のはず。
でも、主要都市だけでも、
オンラインでインドネシアの光景が地図で追えると思うと、
ワクワクしますね・・・。
今回「撮影車」を見た時には、
つい心の中で「がんばれ!」と叫んでしまいました。
ちなみに、グーグルのサイトには、以下のような説明が掲載されています。

カメラを載せて走る乗り物たち – Google マップのストリートビュー
ストリートビュー撮影車
ストリートビューを初めて実験プロジェクトとして開始した頃は、SUV の後部座席に何台ものパソコンを積み、ルーフにカメラ、レーザー、GPS を固定して撮影していました。2007 年 5 月にアメリカの 5 つの都市から始まったストリートビューも、今では 7 つの大陸すべてで 360 度のパノラマ ビューを提供できるまでに拡大しました。
しばらくの間バンで撮影していましたが、現在はたくさんの乗用車を導入して世界中でストリートビュー画像を撮影しています。当初はラックに何台ものパソコンを積んでいました。その後、1 台の車に 1 台の小型パソコンを搭載すれば済むようになり、撮影システムの改良が進んで高解像度のパノラマ ビューも撮影できるようなりました。
車両とカメラの技術改良を繰り返した結果、最新の撮影車では 15 個のレンズを使って全方位 360 度の写真を撮影しています。また、モーションセンサーで撮影車の位置を追跡しており、データを保存するハード ディスク、小型パソコン、レーザーを使用して 3D データを取得し、ストリートビュー画像内の距離も測定できるようになっています。

■追伸:2014年9月追記
スラバヤからシドアルジョまでの高速道路を経て、
さらに南のマランまでを、自分で運転して移動した時の記録は、以下の通りです。

(参考:samsul.comブログから)
 
■2014年9月28日up
 東ジャワ「マラン」から「スラバヤ」までを車で運転して


サムスル
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
時の運と人の縁を極める日々の記録 】  渡邉 裕晃
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事










シェアしていただけると嬉しいです!

フォローする