ハラル認証を取得した「ホテル スプリングス幕張」の客室を見学してみた。

シェアしていただけると嬉しいです!

いま、「ハラル」が日本でも注目を集め始めています。
「ハラル」は、イスラム法で認められたことやものを示す概念。
主に「食べても良いもの」としての「ハラルフード」が有名ですが、
「ムスリムにとって、イスラム法の見地から心地よく過ごせる環境」の整備全般を総称して、
「ハラル対応」ということもあります。
イスラム圏の人たちを日本に観光誘致するにあたり、
いかに「ハラル対応」を行うべきか、ということが、
観光業界を中心に話題になってきています。
例えば、「ムスリムを迎え入れるにあたり、
ホテルはどう対応すればいいのか?」ということ。
今回、日本で「ハラル認証」を取得したホテルに訪問し、
ハラル対応された客室を見学する機会がありましたので、
写真とともに、ご紹介したいと思います。

ホテルスプリングス幕張の入口
【写真:ホテルスプリングス幕張の入口】

□     □     □

会場となったホテルは「ホテルスプリングス幕張」。
日本アジアハラール協会からハラル認証として、
「ムスリム・フレンドリー認証」を受けています。
ホテルの2フロア相当(約50室)について、
いつでもハラル対応のセッティングが可能な客室として、
営業をされています。

場所は、千葉の海浜幕張駅のすぐ近く。

前置きはさておき、さっそく写真でご紹介しましょう。

見学対象となった客室の入口
【写真:見学対象となった客室の入口】

スタンダードルームに設置された礼拝用のマット
【写真:スタンダードルームに設置された礼拝用のマット】

デラックスルームに設置された礼拝用のマット
【写真:デラックスルームに設置された礼拝用のマット】
いずれの客室においても、
メッカの方向に向けてお祈りできるようマットが設置されていました。

□     □     □

「ハラル対応客室」の特徴は、以下の通り。

・礼拝用マットの設置
・聖地メッカの方向を示すサインの設置
・1日5回の礼拝時間を示した時刻表の設置

机の引き出しに貼り付けられた、メッカの方向を指し示す矢印
【写真:机の引き出しに貼り付けられた、メッカの方向を指し示す矢印】
1日5回のお祈りの時刻表
【写真:1日5回のお祈りの時刻表】

□     □     □

また客室外には、礼拝ルームも設けられていました。
礼拝室の入口
【写真:礼拝室の入口】
礼拝室の室内の様子
【写真:礼拝室の室内の様子】
ひょっとすると、「たったこれだけ?」と思うかもしれません。
私自身、「ハラル対応客室」と聞いて、
「いったい、どんな部屋だろう?」と期待してみたのですが、
「これだけ?」というのが正直なところ。
でも・・・、
「たったこれだけ」についてすら整備されていないというのが、
日本の多くのホテルの実情なんですよね。
でも、イスラムの人たちにとってみれば、
これだけでも、ずいぶんと安心を覚えるようです。

□     □     □

礼拝マットを設置し、
メッカへのサインを設置し、
礼拝の時刻表を設置する。
この程度であれば、どのホテルでも取り組めるレベル。
ちょっとした手配で、簡単にできることです。
でも、イスラムの人たちからすれば、これでも充分にありがたいこと。
どんなホテルでも、すぐにできることなのに。
イスラム客を誘致したい宿泊施設であれば、
これは、すぐにでも取り組んで、
すぐにでもイスラム向けにPRすべきだと言えそうです。

□     □     □

一方で、それなりに手間がかかるものもあります。
例えば同ホテルでは、
ホテル全体の取り組みとして、
客室従業員のイスラム圏ゲストに対する対応研修を
スタートさせています。
前述したような「ハードの整備」だけでなく、
ゲストに適切な対応をする「ハードの整備」も不可欠。
「教育」は、形だけでなく、時間のかかる分野です。
でも、やろうと思えばできる範囲内のことだと思います。
ホテルの経営陣が「イスラム対応をしよう」と決めれば、
動き出せる範囲内であるに違いありません。

□     □     □

統計を見ても、イスラム圏の観光客は増えています。
また、イスラム人口も増えており、今後のさらなる伸びが期待されています。
一方、イスラムといえば「中東」というイメージを持たれがちですが、
世界で最もイスラム人口をかかえる国は「インドネシア」。
アジア圏にも、多くのイスラムがいます。
中東もアジアも、伸び盛りのエリア。
イスラム対応をすることは、
単なる中東圏対策ではありません。
アジア圏のイスラムに快適に過ごしてもらうためにも、
イスラム対策は不可欠と考えます。

□     □     □

ハラル認証を取得した日本のホテルは、まだ少数派。
そうした中、同ホテルが率先して認証を取得したことには、
敬意を表したいと思います。
また同ホテルは、レストラン部門、キッチン部門についても、
ハラル認証を取得しています。
客室整備に比べると、キッチンにおけるハラル認証は、
準備すべきことが非常に多く、お話を聞いてみても、
認証取得のハードルは高いというのが印象です。

セントラルキッチンの現場には、多くのプレス関係者が集まりました
【写真:セントラルキッチンの現場には、多くのプレス関係者が集まりました】

キッチンの入口にある注意書き。ハラルの厳格さが伝わってきます
【写真:キッチンの入口にある注意書き。ハラルの厳格さが伝わってきます】

でも、ムスリムにも安心して過ごせる環境の整備は、
これからの時代の要請でもあります。
こうしたハラル対応への動きは、徐々に増えてくるでしょう。

□     □     □

今回、客室の写真を紹介しました。
客室をハラル対応にするということは、
それほど特別なことではないということがおわかりいただけると思います。
(ただしキッチンのハラル対応は結構大変だと思います)
「ハラル対応」を進めることは、
「ムスリム・フレンドリー」を進めること。
今後の国際交流を考える時、
「ハラル」を考えることは、より一層重要になるものと思います。
今回の客室の事例を通じて、
「すぐに簡単にできることもあるんだよ」ということが、
ホテル関係者の皆様に伝わればと願っています。

(参考:samsul.comブログから)

■2013年7月4日up
日本企業は「ハラル対応」をどう考えるべきか
■2013年7月4日up
「イスラム圏からの訪日旅行者」にどう対応すべきか(ハラルイベント第1講演)
■2013年7月4日up
「イスラミック・ツーリズム」観光立国マレーシアの取り組み(ハラルイベント第2講演)
■2013年7月4日up
アメリカのムスリム市場における「ハラル対応」の位置づけ(ハラルイベント第3講演)
■2013年7月4日up
ハラルフードの豪華試食会に行ってみた。
■2013年7月4日up
ハラル認証を取得したホテルの客室を見学してみた。

サムスル
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
時の運と人の縁を極める日々の記録 】  渡邉 裕晃
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事




スポンサーリンク







シェアしていただけると嬉しいです!

フォローする

スポンサーリンク