「イスラミック・ツーリズム」観光立国マレーシアの取り組み(ハラルイベント第2講演)

シェアしていただけると嬉しいです!

2013年7月、幕張で開催されたイベント、
「ハラル対応ホテル&レストラン 現地視察・セミナー」。
第1講演は「イスラム圏からの訪日旅行者」がテーマでしたが、
第2講演は「イスラミック・ツーリズム」がテーマ。
マレーシアを事例として取り上げながら、
同国が観光立国として成功した要因を、
「イスラミック・ツーリズム」という点に求めるという内容です。
ムスリムの観光客の多くが、旅行先にマレーシアを選択するのはなぜか。
そのために、マレーシアはどのような整備をしてきたか。
講師はマレーシア観光文化省の、
「イスラミック・ツーリズムセンター」でディレクターをつとめる、
ユハイニ・ユソフさんです。

講師をつとめたユハイニ・ユソフさん
【写真:講師をつとめたユハイニ・ユソフさん】

□     □     □

同団体は、2009年に設立された組織。
イスラミック・ツーリズムに関する調査や戦略の立案、
各種団体との提携や情報交換、パートナーシップの構築、
その他、講演やセミナー、観光イベントの開催、
海外での観光イベントへの出展などが、主な活動内容となっています。
マレーシアのイスラム観光全体を支援する存在ですね。
そうした中で今回の講演は、
マレーシアが観光立国を目指してどのような努力をしてきたか、
事例を中心に紹介するという内容となっています。

□     □     □

まず初めにユソフさんは、
昨年11月に日本に来た時の体験を語られました。
世界さまざまな国に旅行したことのあるユソフさん。
とりわけ一番気に入ったのが「日本」だったと言います。
その理由は「人の良さ、文化や街、そして4つの季節がある」こと。
「イスラム圏には、四季がありません。私はこの季節の変化を貴重に感じます」
ユソフさんは、そう語ります。

□     □     □

しかし、その一番気に入った日本でも、
大変苦労したのが、イスラムである点だったといいます。
例えば食事。
イスラムで許される、つまり「ハラルフード」を探すことが困難で、
「食べても問題なさそう」と思えるものしか食べられず、
11日間の滞在で、10キロ近く体重が減ってしまったとのこと。
また、1日5回のお祈りに必要なもの。
例えばメッカの方向を知るコンパスや、お祈りの際に使用するマットなど、
イスラム圏のホテルなら常備されてしかるべきものが
日本のホテルにはほとんど無い・・・。
今回「ハラル認証」を取得した「ホテルスプリングス幕張」に泊まってみて、
イスラム教徒にも快適な環境が整備されていたことに
大変驚いたと言います。

□     □     □

このホテルは、ハラル対応がなされている・・・。
以前の滞在時に味わった苦労がウソのように解消されていて、
「大変快適。ぜひイスラムの友人にもこのホテルを紹介したい」と絶賛。
では、マレーシアの観光立国の成功要因は何だったのか。
世界のイスラムをマレーシアに呼び寄せることが成功した要因として、
ユソフさんは「イスラム対応を徹底したことだ」と語ります。
それは、今回宿泊したホテルに泊まってユスフさんが感じたこと。
つまり、イスラム対応されているというだけでも、
ムスリムとしての「安心感」が得られるということですね。
これこれが「イスラミック・ツーリズム」であるとして、
「イスラムのルール(シャリア法)が守られるかたちで行なわれる旅行」
であると、定義を示されました。

イスラミック・ツーリズムの定義
【写真:イスラミック・ツーリズムの定義】

□     □     □

こうして「イスラミック・ツーリズム」の観点を強化したマレーシア。
その結果、「ムスリムフレンドリーな目的地」として、
3年連続で世界トップに選ばれます。
(world’s top Muslim-friendly holiday destination)

ムスリム観光ナンバーワンを3年連続で受賞
【写真:ムスリム観光ナンバーワンを3年連続で受賞】
ユスフさんは、この要因を次のように解説されました。

1.平和で安定した環境(成熟した旅行産業、多様性との共生)
2.ツーリズムの適したプロモーション
3.ムスリムフレンドリーな施設(モスクなど祈祷の環境)
4.ハラル対応を経た食べ物や飲み物
5.イスラムに応じたマネジメント環境
6.イスラム団体との各種連携
7.多文化との共存や共生の実践
8.テロの脅威に対する国際的なコントロール

□     □     □

また「施設」の例としては、
クアラルンプール国際空港が、「ハラルフレンドリーエアポート」として、
世界第一位の座を獲得したことが紹介されました。
(2位はドバイ空港。3位はアブダビ空港)
空港のムスリム向けの案内表示や、礼拝所の設備などを
徹底して整備していること。

クアラルンプール国際空港の整備状況について
【写真:クアラルンプール国際空港の整備状況について】

また、空港のすべてのレストランが、
ハラルフードに対応していることなどが紹介されました。
(マクドナルド、バーガーキング、ケンタッキー等のファーストフード店に至るまで)

□     □     □

また空港以外でも、
高速道路のサービスエリアや、
レゴランドのようなエンターテインメント施設にも、
イスラム教徒向けの礼拝所が整備されていること。
マレーシアで星を獲得している1800のホテルのうち、
220のホテルには、ハラル認証を得たレストランがあること。
ホテルで「ハラル認証を得ていないレストラン」があるとしても、
たまたま「お酒を出している」という理由だけで認証を得ていないという、
そういうレベルのレストランも意外とあるということなどが
解説されました。

□     □     □

今回の講演をまとめると・・・、
観光場所としてのマレーシアを考える時、
公共施設から商業施設に至るまで、
実に様々な施設がムスリム対応されているということ。
「ハラル」等のムスリム対応が徹底されているということは、
彼らにとって、心地よく過ごせる環境が整備されているということを意味します。
それゆえに、
多くのムスリムの旅行先として、
マレーシアが選ばれているということになりますね。

□     □     □

多くのムスリムの日常は、
イスラムの教えにそって営まれています。
教えに沿った食べ物や飲み物を味わったり、
1日5回のお祈りがきちんとできる環境があったり・・・。
そうした営みが安心してできる環境でない限り、
イスラムの教えに背いているような「居心地の悪さ」が生まれます。

□     □     □

マレーシアが、多くのイスラムツーリストを集めている背景として、
徹底したイスラム対応をしてきたという今回の指摘。
今後さらに多くのムスリムを日本に誘致していく日本にとって、
様々なヒントを提供していると言えそうです。

「イスラミック・ツーリズム」プレゼンテーション資料から
【写真:「イスラミック・ツーリズム」プレゼンテーション資料から】
官民挙げてのハラル対応、イスラム対応が、
イスラムツーリズムの成功には重要なこと。
ホテルやレストラン、旅館といった一般の商業施設でも、
独自にできるイスラム対策はたくさんあるはずです。
まだまだ対策をとっていない施設が多いだけに、
ちょっと整備するだけでも、イスラム客を引き寄せることは
大いに可能だと言えそうです。

□     □     □

最後に、ムスリムツーリストたちが望む事項として、
以下の点が挙げられました。

(1)ハラルフード対応
(2)祈祷できる施設や場所の整備
(3)お祈りをするためのマットの整備(施設や客室など)
(4)パックツアーであればお祈りする時間が旅程に組まれていること
(5)街や施設における英語表記

もし本気でムスリムを招致したいと思うのであれば、
たとえ小さな店や小さな施設だからと言って、
「ハラル対応なんて、うちの体力ではできないよ」と嘆かないことでしょう。
小さくてもできることから、ぜひ挑戦すべきだと思います。
工夫次第で取り組めることは、少なくないはずです。
大きなことではなくて、小さなことからコツコツと。
イスラムの皆さんにとって、心地よく過ごしていただくのはどうすればよいか。
それは、ユスフさんが冒頭で紹介したような、
ちょっとした体験談からする「なんて快適なの!」という驚き。
そのあたりにも、大きなヒントがありそうです。

(参考:samsul.comブログから)

■2013年7月4日up
日本企業は「ハラル対応」をどう考えるべきか
■2013年7月4日up
「イスラム圏からの訪日旅行者」にどう対応すべきか(ハラルイベント第1講演)
■2013年7月4日up
「イスラミック・ツーリズム」観光立国マレーシアの取り組み(ハラルイベント第2講演)
■2013年7月4日up
アメリカのムスリム市場における「ハラル対応」の位置づけ(ハラルイベント第3講演)
■2013年7月4日up
ハラルフードの豪華試食会に行ってみた。
■2013年7月4日up
ハラル認証を取得したホテルの客室を見学してみた。

サムスル
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
時の運と人の縁を極める日々の記録 】  渡邉 裕晃
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事










シェアしていただけると嬉しいです!

フォローする